新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第15回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人女優賞 杉山里穂さん

2021年03月19日 19:00配信
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した杉山里穂さん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した杉山里穂さん

2021年3月6日、2020年度に最も活躍した声優を称える第15回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、新人女優賞を受賞した杉山里穂さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

ーー新人女優賞を受賞されましたが、今のお気持ちは?
杉山 信じられない気持ちで、いまだに実感が湧きません。そもそも私は物心がついたころからアニメオタクで、毎年の声優アワードの結果を楽しみにしていたタイプですからね。こういった賞はキラキラした人しか受賞できないと思っていたので、こんなにも泥臭い私がいただいていいものかと(笑)。

ーー「泥臭い」とは、またどうしてですか?
杉山 少なくともキラキラな要素はまったくないです。声優として事務所に所属したにも関わらず、それから3年間はお仕事がゼロでしたし、アイドル的な活動もやっていないですし。同期が次々とデビューしていくのを横目に、これはもう無理なのかなとへこんだりして。ずっと泥をすすって生きてきたんです(笑)。

ーーそうだったんですね。よく諦めずに続けることができましたね。
杉山 一度本気で辞めようと思って、お世話になった方々に報告したことがあったんですが、そうしたら「まだ辞めるな」と引き止めてくださって。ひとりだったら絶対に諦めていたと思うので、皆さんには感謝してもしきれません。

ーー杉山さんは2020年に「波よ聞いてくれ」の主人公・鼓田ミナレに抜擢され、そこで一気に注目を浴びましたね。
杉山 ありがたいことに、役者ってすべての人生経験がお芝居の糧になるものなんですよね。そんな泥臭い下積み時代の経験が、ミナレというキャラクターにうまく注げたような気がします。

ーーミナレはラジオのパーソナリティという役どころで、長い一人語りが印象的でしたが、演じてみていかがでしたか?
杉山 最高に楽しかったです。私はふだんキャラクターにとことん憑依して演じるタイプなんですけど、ミナレはいい意味で自分とは離れてくれて、そこがよかったなと思います。キャラクターと一体化すればするほど勢い重視になってしまい、細かいニュアンスを付けることが難しくなってしまうんですけど、ミナレの場合はなぜかコントロールすることができたんですよ。

ーー憑依しつつも距離を取るというのは、かなり難しそうですね。
杉山 そうなんです。いつもそういうお芝居ができたら無敵なのにって思いますが、まだまだ狙って出せることは少ないですね。あとは錚々たるキャストの皆さんと掛け合いできたこともステキな体験でした。家でつくってきた芝居のプランが全然その通りにいかなくて、改めて演技はナマモノなんだなとも感じました。全体的にミナレに関してはあまり「私が演じた」という感覚がなくて、オンエアもケラケラ笑いながら楽しむことができたんです。これはすごくおもしろい体験でしたね。

ーー「波よ聞いてくれ」を通じて、もっとも印象的だったことはなんですか?
杉山 もう全部なんですけど、なかでも忘れられないのは第1話のオンエア後ですね。皆さんミナレのことを受け入れてくれるだろうかとドキドキしながらSNSをチェックしたら、「よかった」「おもしろかった」というコメントがすごく多くて。自分のキャラクターやお芝居に対してここまでたくさんの感想をいただけたのはそれが初めてで、あまりのうれしさに号泣しちゃいました。それまでやってきたことが、ようやく報われたような気がしましたね。

ーーそれは本当によかったですね。声優として杉山さんが大切にされていることはなんですか?
杉山 キャラクターにできるだけ入り込むことです。そのうえで距離を取ったほうがいいこともあるというのは最近気付いたんですけど、それでも大前提としてはやっぱりキャラクターを深く理解して、キャラクターとして生きることが大切だと思います。それも「可愛い外見だから可愛い声」というだけでは楽しくないですから、声質以外でもその世界で本当に生きていると感じてもらえる表現を追求したいなとは思っています。

ーーこれからはどんな役柄に挑戦してみたいですか?
杉山 とにかく戦いたいです! これまで何度かバトル作品に出演させていただく機会はあったんですけど、いつもオペレーター止まりで、まだ前線には出ていないんです。なので当面は「杉山里穂は戦いたい」をスローガンに頑張りたいなと思います(笑)。ただ学生時代からずっと陰キャなオタクで、リアルでバトルをしたことはないので、最近はジムでサンドバックを叩いて練習しています。殴ったり蹴ったりという感覚がだんだんと掴めてきましたから、いつかお芝居にいかせたらうれしいです。

ーー期待しています。最後に、将来はどんな声優さんになっていきたいですか?
杉山 最終的には「この役は杉山にしかできない」と思われるくらいに唯一無二の声優さんになりたいです。そのためにも今は、もっともっとたくさんのキャラクターを演じたい。とにかく演じることが大好きで、忙しければ忙しいほど幸せを感じるタイプなので、これからもぜひ応援をよろしくお願いします。

第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した杉山里穂さん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した杉山里穂さん


●すぎやま・りほ/12月31日生まれ。北海道出身。マウスプロモーション所属。主な出演作に「CONCEPTION」(タルア)、「継つぐもも」(安次峰あるみ)、「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」(ロザリー)など

第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した杉山里穂さん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した杉山里穂さん

第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した杉山里穂さん
第15回「声優アワード」で、新人女優賞を受賞した杉山里穂さん


撮影=田上富實子 取材・文=岡本大介


第15回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:津田健次郎
●主演女優賞:石川由依
●助演男優賞:子安武人、島﨑信長
●助演女優賞:上田麗奈、鬼頭明里
●新人男優賞:伊藤昌弘、小林千晃、土屋神葉
●新人女優賞:逢来りん、市ノ瀬加那、杉山里穂、藤原夏海、和氣あず未
●歌唱賞:ワルキューレ
●パーソナリティ賞:安元洋貴
●功労賞:増山江威子、津嘉山正種
●シナジー賞:プレミア音楽朗読劇「VOICARION IX 帝国声歌舞伎~信長の犬~」
●富山敬賞:関俊彦
●高橋和枝賞:榊原良子
●キッズファミリー賞:中川里江
●外国映画・ドラマ賞:山路和弘、小宮和枝
●インフルエンサー賞:小岩井ことり
●MVS(Most Valuable Seiyu):下野紘
●特別栄誉賞:鬼滅の刃
※今回は、ゲーム賞の該当者なし
※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。