新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

1年越しに実現した3rd単独ライブ「WITH/lations by IdolTimePripara」。パワーアップした歌&ダンスパフォーマンスが炸裂!

2021年05月14日 22:00配信
WITHの単独3rdライブ「WITH/lations by IdolTimePripara」より

WITHの単独3rdライブ「WITH/lations by IdolTimePripara」より

(C)T-ARTS / syn Sophia / ILPP

「WITH史上最高のライブをお届けします!」と、ライブ前に語っていた言葉通り、夢川ショウゴ役の山下誠一郎さん、三鷹アサヒ役の小林竜之さん、高瀬コヨイ役の土田玲央さんの全力パフォーマンスによる、WITHの単独3rdライブ「WITH/lations by IdolTimePripara」が、5月8日に開催されました。

コロナ禍による延期から、丸1年越しに実現した本ライブ。直前に発令された緊急事態宣言により無観客ライブとなりましたが、ステージに立った3人は終始楽しそうな笑顔で、1年間磨き上げ、一段とパワーアップした歌とダンスパフォーマンスを、カメラ越しのファンに向けてたっぷりと披露してくれました。

OP映像は、WITHのTVアニメ登場シーンを「スーパーダーリン」のインストゥルメンタルにのせて次々と展開させ、光が銀河を疾走していくような演出。懐かしさとライブへの期待感が十分に高まったところで、ポップで楽しい曲「Quest Milky Way!」でライブがスタート。4年前、「アイドルタイムプリパラ WinterLive2017」でWITHとして初めてライブのステージに立ったときと同じ白い衣裳に身を包み、1番の歌詞は3人、2番の歌詞ではバックダンサー4名を加えた7人で踊って「〝WITH YOU〟みんなで1つになろう」というメッセージを表現し、その流れで観客を男プリの世界へと誘う「BLASTING CLAP!」へ突入。WITHのかっこよさを見せつけ、ファンの心を一気に引き込みました。

最初のMCでは、「超サイコーの思い出を作るぜー!」(アサヒ役:小林竜之さん)、「配信でもやる気! 元気! 本気!!」 (ショウゴ役:山下誠一郎さん)、「味噌汁って言ったら、おいしいよねってささやいてね」(コヨイ役:土田玲央さん)と、それぞれライブを観ているファンへ「一緒に楽しもう」という気持ちをアピール。1曲歌ったら緊張が吹き飛び、楽しくなってきたと言う通り、息ぴったりの仲良しトークを展開します。その流れで、2nd単独ライブ以来の披露となるソロ曲と一緒に楽しめる振り付けをレクチャー。アサヒは、「MYCS(マジやっべえ超すっげー)」のポーズを説明したあと、「ちょっと中野で買い物してきます」と退場します。ステージに残ったコヨイが、「SHOW ME SO SWEET RULU」はほかの曲とは違い〝魅せる曲〟なのでぜひ見てくださいとアピールすると、最後にショウゴが「エスコート・パレット・ショウタイム!」のサビのラスト「ベスト・フレンズ!」の振り付けを丁寧に説明してくれました。

その間に、アサヒのスタンバイが完了! 黒にキャラクターカラーのライン飾りが入ったTシャツの上に黒のブルゾンを羽織り、黒のパンツで決めた私服衣裳で「MYCS」を熱唱。カメラを向けられるたびに特上のウインクを放つ、こなれたステージパフォーマンスで楽しませてくれます。続いては、お椀の味噌汁をかき混ぜるような腰のグラインドがセクシーな、コヨイの「SHOW ME SO SWEET RULU」。次はショウゴの出番と思いきや、ステージに残っていたコヨイにアサヒが合流し、ライブ初披露となる2人のデュオ曲「マジック・アワー」がスタート。この曲はショウゴが加入する以前、アサヒとコヨイの2人でWITHの活動をしていた頃の歌という設定で、「まだ俺に何かが足りていないんだ」という2人の渇望が織り込まれています。本ライブが延期になったあとの2020年12月10〜12日に上演された舞台「WITH by IdolTimePripara」のストーリーを踏まえて聞くと「新たな感動が生まれる」と、舞台袖で聞いていた山下さんも後のMCで絶賛。そして曲終わりの「チョチョチョ……」から流れるようなメドレーで、ショウゴの「エスコート・パレット・ショウタイム!」、3人がサイリウムを振りながら絶妙なカメラパフォーマンスをする「ALWAYS WiTH YOU!!!」まで一気に突っ走り、〝仲間感〟をたっぷりと味わったところで、企画のゲームコーナーに移ります。

出されたお題に対して、それを朝・昼・夜のどこでやるのか同時に答えて、3人の答えがそろったら正解という「WITH WITHゲーム」を行いましたが、昼公演は6問中そろったのは1問だけと残念な結果に。夜公演では正解率も少しアップして、無邪気に喜ぶ3人のわちゃわちゃしたやり取りを楽しんだあと、バラード曲である「リフレイン・ザ・シンフォニー」のアレンジバージョンから後半戦へ。

4人のバックダンサーによる、キレのあるパフォーマンスタイムを挟み、テレビアニメでおなじみの黒い衣裳に着替えて登場した3人は、ギターの力強い旋律が耳に残るラテン風のアレンジを加えた「Giraギャラティック・タイトロープ」と「スーパー・ダーリン」を情熱的に歌い上げました。「スーパー・ダーリン」は、3月20日に開催された「WITH by IdolTimePripara」DANPRI SPECIAL EVENTのステージでも披露され、その時に「フォーメーションも見て欲しい」と土田さんが言及しており、その想いを汲み取ったステージ真上からの映像が入るなど、サービス満点です。

ラストスパート前のMCでは、応援してくれているファンへそれぞれメッセージを伝えた3人。いずれも延期を乗り越え、ようやく実現したライブの喜び、尽力してくれたスタッフへの感謝を口にし、ステージの和やかな空気が伝わってくるようでした。

「それじゃ行こうか。オレーザービーム」という土田さんのかっこいいフリで舞台の新曲「オレーザービーム」、続けて「JUST NOW」。最後は、なんと新作のCGライブ映像をひっさげての「好きにしてI-I-Z-E」。1番の歌詞で、スクリーンに映し出されたCG映像との完全シンクロを楽しみ、間奏〜2番の歌詞はかっこいい振り付けを存分に堪能できる神構成で締めくくります。最後に3人は、ダンサー4名と一緒に手を繫いで深々と頭を下げ、お礼の言葉と4thライブ開催の希望と意欲を表明。「史上最高のその先へ、進み続けたい」、「次はアイドルランドで会おうね」と、未来へ向けた明るいメッセージを残し、幕を閉じました。

すべての曲、すべてのパフォーマンスに〝WITH YOU〟のメッセージが込められていることをヒシヒシと感じさせてくれた本ライブは、夜の部に特典映像が加わったBlu-rayが10月22日に発売予定です。

SET LIST
M1 Quest Milky Way!
M2 BLASTING CLAP!
MC1
M3 MYCS
M4 SHOW ME SO SWEET RULU
M5 マジック・アワー
M6 エスコート・パレット・ショウタイム!
M7 ALWAYS WiTH YOU!!!
ゲーム企画
M8 リフレイン・ザ・シンフォニー
ダンスタイム
M9 Giraギャラティック・タイトロープ
M10 スーパー・ダーリン
MC2
M11 オレーザービーム
M12 JUST NOW!
M13 好きにしてI-I-Z-E

【取材・文:中村美奈子】