新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「らき☆すた」聖地の親善大使に福原香織さんが就任! 柊姉妹生誕祭の様子をレポート

2021年07月07日 18:23配信
番組のパーソナリティを務めた「らき☆すた」柊つかさ役・福原香織さん

番組のパーソナリティを務めた「らき☆すた」柊つかさ役・福原香織さん

2007年に放送され、人気を博したTVアニメ「らき☆すた」(原作漫画:美水かがみ)。
聖地巡礼ブームの火付け役となり、アニメによる町おこしの代表的な成功例としても知られる同作品の“聖地”埼玉県久喜市の鷲宮地区より7月4日(日)に配信された、「柊姉妹誕生日オンラインパーティinニコ生 姉妹を祝って十数年、知らないうちに愛がMAXになってました」と題した生配信番組の様子をお届けします。

同地の鷲宮神社をモデルとした神社の娘という設定の人気キャラクター・柊かがみ、柊つかさの双子の姉妹の誕生日(7月7日)には、ゲストも招いての誕生日会企画が催されることが恒例となっており、放送から10年以上が経過した現在でも例年多数のファンで賑わっています。
コロナ禍の状況もあって2020年と今年はオンラインでの配信企画がメインとなりましたが、メインパーソナリティに柊つかさ役・福原香織さんを迎え、ファンから募集した誕生日を祝う動画の紹介やバースデーケーキの紹介、トークなどで多くの視聴者とともに盛り上がっていました。

そして同番組中では福原さんが“久喜市くき親善大使”に就任することがサプライズで発表!
その場で久喜市長・梅田修一さんらも列席しての任命式も執り行われ、正式に久喜市の魅力を発信、応援していく立場ともなった福原さんは「鷲宮以外にも久喜の素敵なところを発信していきたい。また新しい世代にも、『らき☆すた』などアニメの聖地としての魅力も知ってもらえたら」と意気込みを語っていました。
また同時に、7月7日(水)より市内を走る郵便局の集配車のうち数台に、美水かがみの2021年描きおろしイラストをあしらった絵馬型の大判マグネットが貼られることも発表。福原香織の「くき親善大使」の初仕事として、集配車……は公務中のため、同市商工会の公用車にマグネットを貼る様子もレポートされました。

番組の最後には“らき☆すた聖地鷲宮発 柊つかさピックアッププロジェクト”(つかさ☆プロジェクト)第一弾として、現在も活躍中の“かがみん”に続いて“柊つかさ”をモデルとしたきぐるみの制作企画が始動したことも発表。

今後クラウドファンディングなども行われる予定で、詳細は随時久喜市商工会鷲宮支所のHP(※下記参照)などで告知していくとされています。

このほか番組の模様は7月11日(日)までニコニコ生放送のタイムシフトで視聴可能(※事後予約の場合は要プレミアム会員登録)なので、「らき☆すた」愛にあふれた内容をチェックしてみましょう。

【取材・文=中台歩】