新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「ディープインサニティ ザ・ロストチャイルド」時雨役・下野紘インタビュー 「時雨は自分を俯瞰した人物」

2021年11月09日 12:00配信
「ディープインサニティ ザ・ロストチャイルド」第5話より

「ディープインサニティ ザ・ロストチャイルド」第5話より

(C)2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

地球を覆う感染症の恐怖。ランドルフ症候群――発症者は昏睡し続け、やがて衰弱してやがて死に至ります。現在、治療方法がいっさい存在しない恐怖の病の原因は、南極に出現した巨大地下世界「アサイラム」にあると考えられていました。そこに広がるのは人間に襲いかかる異形の生物群の姿と、未知の資源。その資源を求める組織「アンタークティカ・フロント」ヴェーラ隊に配属された時雨・ダニエル・魁は、仲間たちとともに過酷な任務に挑戦するのでした。
ゲーム、マンガ 、アニメにまたがるメディアミックスプロジェクト「Deep Insanity」。今回は、放送中のTVアニメ「ディープインサニティ ザ・ロストチャイルド」で主人公の時雨を演じる下野紘さんにお話しをうかがいました。


――「Deep Insanity」という作品を初めて知ったときの感想を教えてください。
下野 偶然ということですが、ランドルフ症候群が蔓延する世界が、現在の世界の状況に似ているなと思いました。現実は決して明るい状況とはいえませんが、エンターテイメントとした場合、世界が脅威にさらされて、荒廃している世界観に僕のオタク心がくすぐられます。そして、近い将来に自分たちが住む世界がこうなるかもしれないという、現実とリンクしそうな設定も好みです。ひとりのゲームファンとしても、とても楽しみにしていた作品ですね。

――そんな世界で生きる時雨を下野さんは演じています。彼はどんな人物であると感じていますか?
下野 親しみからのスタートでした。時雨の入隊動機は「ヒーローになりたい」というふわっとしたもの。それが、僕の好きな作品「無責任艦長タイラー」に似ていたんですよ。タイラーが惑星連合宇宙軍に入隊したのは、「楽がしたいから」。タイラーを通じて、時雨には親近感をもっていました。

――ゆるい志望動機でしたね。
下野 そういうふわっとした動機からのスタートでしたが、時雨はスリーパーとして非凡なものをもっている一面を第1話からのぞかせましたね。なんの訓練もなしにアサイラムという未知なる世界に突入して、レスリーの言う「生き残ることが第一条件」をクリアしたのですから。

――初戦の時雨をどう演じましたか?
下野 初めてスカードに遭遇する時雨ですが、おびえた気持ちは出しませんでした。その理由として、まず彼はどこか自分のことを俯瞰している部分があるからです。そのあとも、あわてたり動揺したりはしますが、心を崩すことはありません。物腰柔らかいかと思いきや、冷静で客観的な部分を感じます。

――時雨の強さの一部ですね。
下野 また、初めての実戦が想定外すぎたというのも理由だと思います。だからこそ、逆に冷静になれたのかなと思っています。

――ヴェーラ隊のなかで、時雨はどんな立ち位置にいるんでしょうか?
下野 入隊当初は、時雨もほかのメンバーもお互いに距離をとっていたと思います。ただでさえひと癖もふた癖もあるメンバーのうえ、スリーパーはいつ命を落とすかわかりませんから。そのなかで、戦闘をくぐり抜けてさまざまなやり取りをしていくなかで、メンバーは時雨に興味をもつし、時雨も自分の考えを知ってもらって、徐々にヴェーラ隊の一員になれたのかなと思います。そういう意味では、リアルな人間関係を描いているなと思いました。知らない会社に入社して、仲がよくなっていくような、そういう社会のリアルな新人としての変化がありました。

――ともに行動するなかで、関係性が変化したのですね。
下の 自分ひとりで物事を考えて進めていくのは大事ですし、覚悟が決まることもあると思いますが、現実世界で生きていると、人と関わったり人の言動を見て変っていくことも多いです。僕ら声優も先輩たちにあこがれて、先輩たちの演技を見て成長してきました。そこから自分なりの思いや覚悟をもっていきます。そういう意味で、自分たちにも当てはまる話だなと思いますし、時雨をはじめとしたキャラクターに共感できますね。

――時雨には、オタクという一面もあります。
下野 オタクといってもいろいろなタイプがいます。時雨はあまり自分の趣味を表にはっきりと出そうとはしないけれど、気になることがあれば主張したいタイプなのかなと……。僕もオタクから声優になったので、オタクのタイプとしては僕と似ているかなと思います(笑)。

――そんな時雨は、ヴェーラから提示された暗殺任務を引き受けました。なぜだと思いますか?
下野 アンタークティカ・フロントに入隊した時雨ですが、そこからスリーパーとしてさらに変わりたい、一皮むけたいと思っています。そのためには、これまでは引いてしまうようなことでも、一歩踏み出さなければいけないと考えているからだと思います。「ヒーローになりたい」という思いを叶えるには、任務をひとつひとつこなして、前に進むことを決意したのでしょう。

――ヴェーラ隊はどんなチームだと感じますか?
下野 まとまりがあるとは言いがたいですね(笑)。逆に、頑張ってまとまろうともしていませんが、いざ戦闘になるとチームワークを発揮します。そんなチームをそれを支えているのが副隊長のレスリーだと思っています。癖のあるメンバーをフォローし、うまく連携させていく……とても有能な副隊長だなと思いました。

――そのレスリーは人気キャラクターとなりました。
下野 台本を初めて読んだ時には、レスリーとヴェーラのセリフが反対なのかと思ったら、そのままで驚きました(笑)。そうして収録を進めていて思ったのは、レスリーは 「お母さん」のような存在だと言うこと。厳しいことも言うけれど、時雨やメンバーに対してはつねに温かな視線を向けています。アフレコの現場では、鳥さん(鳥海浩輔)がイキイキと演じているのが印象的です(笑)。

――では、隊長のヴェーラはどんな存在でしょうか?
下野 謎ですね。自分のことを語らないにも程があるだろうと……。今のところ、同じチームにいるという感覚がまったくなヴェーラが、今後どのように絡んでくるのか僕自身も楽しみにしています。

――今後、ますますの盛り上がりを楽しみにしています!
下野 「Deep Insanity」は今のところゲーム、マンガ、アニメの3種類のメディアで展開し、同じ世界の別の時間軸を描いています。それらがどうリンクするのかを楽しみつつ、アニメでは迫力あるバトルシーンや物語に散りばめられた謎の行方を楽しみつつ、時雨の成長を見守っていただければと思います!

【取材・文:星政明】

■TVアニメ「ディープインサニティ ザ・ロストチャイルド」
放送:TOKYO MX 毎週火曜深夜24:30~
   MBS 毎週火曜26:30~
   BS11 毎週火曜25:00~
   テレビ愛知 毎週金曜26:05~
   AT-X 毎週水曜21:30~
   ※リピート放送:毎週金曜9:30~、毎週火曜15:30~
配信:ABEMA 毎週火曜24:30~
   ※地上波同時・単独最速配信/その他のサイトも順次配信予定

スタッフ:世界観原案…深見真、海法紀光、塩野干支郎次/監督…大沼心/シリーズ構成・脚本…下山健人/キャラクターデザイン…山吉一幸/色彩設計…水本志保/美術監督…新城湧基/3D監督…北村浩久/撮影監督…山本聖(チップチューン)/編集…木村勝宏/音楽…未来古代楽団/音響監督…郷文裕貴/オープニングテーマ…鈴木このみ「命の灯火」/エンディングテーマ…伊東歌詞太郎「真珠色の革命」/音響制作…ビットグルーヴプロモーション/アニメーション制作…SILVER LINK./制作協力…KADOKAWA/原作・製作…SQUARE ENIX
キャスト:時雨・ダニエル・魁…下野紘/ヴェーラ・ルスタモワ…小清水亜美/レスリー・ブラン…鳥海浩輔/ローレンス・ラリー・ジャクソン…広瀬裕也/小鳩玲香…野口瑠璃子/餅木スミレ…本渡楓/エルシー…田中貴子

■ゲーム「ディープインサニティ アサイラム」
好評配信中

対応プラットフォーム:iOS / Android / PC(Steam)
ジャンル:RPG
プレイ料金:基本プレイ無料(アイテム課金型)

■マンガ「ディープインサニティ ニルヴァーナ」
月刊「ビッグガンガン」(毎月25日発売)にて好評連載中

コミックス1~2巻:絶賛発売中/コミックス第3巻:11月25日発売予定

リンク:TVアニメ「ディープインサニティ ザ・ロストチャイルド」公式サイト
    ゲーム「ディープインサニティ アサイラム」公式サイト
    マンガ「ディープインサニティ ニルヴァーナ」公式サイト
    「Deep Insanity」プロジェクト公式Twitter・@deepinsanity_pj