新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

京田知己監督、名塚佳織さんほか登壇! 『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』公開直前イベントレポート

2021年11月14日 08:24配信
『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』公開直前イベント!

『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』公開直前イベント!

2017年、エウレカの魂の軌跡を、彼女の人生を変えた人物の視点から描いていった劇場版『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』シリーズがスタート。第1作『ハイエボリューション1』、第2作『ANEMONE』に続くシリーズ完結編『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が11月26日から全国公開されます。

その『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の公開直前イベントが10月28日に秋葉原UDXシアターにて行われました。登壇したのは京田知己監督、エウレカ役の名塚佳織さん、アイリス役の遠藤璃菜さん、そして主題歌「Eureka(feat. kojikoji)」を担当した変態紳士クラブのメンバー・WILYWNKAさん、VIGORMANさん、GeGさん。

司会者に「エウレカ・サーストン役、名塚佳織さんです」と紹介され、「エウレカ・サーストンって呼ばれるのは初めてで、恥ずかしいですね。今日は久しぶりに皆さんとお会いできてうれしいです」と挨拶をした名塚さん。確かに(「交響詩篇エウレカセブン」の)レントンの姓であるサーストンを名乗っているのはとても新鮮でした。そして、今作でもキーパーソンとなるアイリス・マッケンジーを演じる遠藤さん、そして京田監督が続けて登場します。

名塚さんは16年以上演じてきたエウレカの最後の旅を終えた心境を聞かれてはいたものの、まだ公開されていないこともあって終わった心境にはなっていないようで、「演じているときは、新たな(成長した)エウレカを演じていく!という感じだったんですけど、いま取材を受けたりしていく中で、これが最後の旅なんだなぁと実感しているところです」としみじみと語っていました。監督もまさに今、制作も大詰めということで、ここに来ている場合なのかと笑いを誘いながら「キャラクターの旅を追体験しながら、これを何度繰り返したら終わるのかと感慨深さはありますが、感傷的になるのは終わってからかなと思います」と話していました。

スカブコーラルを生み出し操ることができる新たな“EUREKA”、アイリス・マッケンジーを演じた遠藤さんは収録を振り返り「名塚さんがすごく優しくて。2人で収録できたので親子みたいな感じでした」と感想を述べていました。名塚さんも楽しかったらしく、収録の合間の休憩中にはお菓子を食べながら歓談されていたそうです。。映画はエウレカとアイリスが、まるで親子のように旅をするストーリーでもあるので、それに近い関係性を築けたようです。またアイリスと重なるところを聞かれ、「マネージャーさんに確認したら、頑固なところと言われ、私、頑固だったのかな?って思いました」と答え、ファンを笑顔にさせてくれました。

また、今作は『ANEMONE』から10年後の世界になるのですが、名塚さんは「前作から続けてなのですがアネモネがキーになる印象があって、彼女がいるから今作のエウレカがいると思うんです。だから公開までに『ANEMONE』を観ていただけたらうれしいなと思います」と話していました。もちろん、アイリスとエウレカの関係も見どころの一つ。アイリスはまだ子どもなので感情の起伏もあり、収録はずっと泣き叫んでいたとのこと。ただ「最後のほうになると自分の意思も固くなり、エウレカとの距離も縮まるんですけど、2日間の収録で、そのときは私と名塚さんの絆もあったのでリアルにできたかなと思います」と遠藤さんは語りました。二人の絆がどう強くなっていくのかも、ぜひ劇場で確かめていただきたいところです。

その後、変態紳士クラブが登場。主題歌「Eureka (feat. kojikoji)」について語っていきます。GeGさんが、「でっかい愛のアニメなので、その情景が見える感じを意識して作曲しました」と言うと、作詞を担当する、WILYWNKAさんとVIGORMANさんは、それぞれ「16年(の歴史)分、書くのかという緊張感でドキドキしたのですが、とてもいい経験をさせていただきました」、「自分たちの人生に照らし合わせて書けたので、早く劇場で聴きたいです」と伝えました。

京田監督は、すべてが終わったあとの曲だということを意識して作ってほしかったそうで、「悲しいかもしれないけど次の世界に旅立てるような、劇場から出たときに気持ちよく街を歩いていけるような曲にしてもらいたいと伝えた気がします」と話していました。名塚さんも「監督がおっしゃったように、終わったあとに聴くのにふさわしいというか。温かい空気に包まれていくような素敵な曲でした。“離さないで”“握りしめて”というのはエウレカにとっては大切なことで、それをずっと求めていたんだろうなと感じたので、それがフレーズとして入っているのはうれしかったです」と共感していました。続けて遠藤さんが「よくYouTubeで見ています。お母さんも聴いていて、よく家で歌っています」と言うと、WILYWNKAさんは「(グループ名が)卑猥な名前なので、お母さんと言われると……」と恐縮していました。

イベントの最後に京田監督から「制作は今まさにクライマックスでしてスタッフ総出で頑張っています。これから冒頭24分の映像を観ていただくのですが、その続きをもっと観たい!と思っていただけたらうれしいですし、SNSなどでその気持ちを伝えていただけると助かります。それがスタッフの力になりますので」とメッセージが届けられ、トークセッションは終了しました。その後は冒頭24分間を上映。その迫力とスケールの大きさに、会場に集ったファンも圧倒されていました。

『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』は、11月26日(金)から全国公開です。

【撮影・文:塚越淳一】

■EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション
11月26日より全国公開
配給:ショウゲート

スタッフ:監督…京田知己/脚本…野村祐一、京田知己/キャラクターデザイン原案…吉田健一/キャラクターデザイン・作画監督…奥村正志/特技監督…村木靖/メインメカニックデザイン…河森正治/コンセプチャルデザイン…宮武一貴/メカニックデザイン…大河原邦男、出渕裕、玉盛順一朗/メインデザイン…上津康義、佐山善則、山根公利、柳瀬敬之、齋藤将嗣、片貝文洋、武半慎吾/銃器設定…金子秀一/特技監督…村木靖/メカ作画監督…横屋健太/メインアニメーター…柿田英樹、大塚健、阿部慎吾、長野伸明、美術監督…永井一男、本庄雄志/色彩設計…水田信子/編集…坂本久美子/撮影監督…木村俊也/音響監督…若林和弘/音響効果…倉橋静男/音楽…佐藤直紀/アニメーション制作…ボンズ

キャスト:エウレカ・サーストン…名塚佳織/アイリス・マッケンジー…遠藤璃菜/石井・風花・アネモネ…小清水亜美/ホランド・ノヴァク…森川智之/タルホ・ノヴァク…根谷美智子/ムーンドギー…宮野真守/ギジェット…水沢史絵/ウォズ…チョー/チャールズ・ビームス…小杉十郎太/レイ・ビームス…久川綾/エンドウ…佐々木敏/サムナ・スタージョン…下野紘/ルリ・フレイム…豊口めぐみ/ミーシャ・ストラヴィンスカヤ…沢海陽子/バンクス…三木眞一郎/グレッグ・ベア・イーガン…銀河万丈/レッド・ツゥ…千本木彩花/チャイム…潘めぐみ/エクス・トラ…瀬戸麻沙美/キラ・ポマト…M・A・O/末野・ラ・ティーノ…嶋村/侑/ラ・ラ・ランド/諸星すみれ/レントン・ビームス・サーストン…三瓶由布子/デューイ・ノヴァク…山寺宏一

ストーリー:「グリーンアース」と「ブルーアース」という2つの勢力が拮抗する地球。ブエナ・ビスタ隊の上級戦闘員として働くエウレカは、アイリスという少女の保護を命じられる。彼女は両勢力が注目する特別な能力の持ち主だった。

リンク:劇場版「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」公式サイト
    公式Twitter・@EUREKA_HI_EVO