新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

科学ADVづくしの180分!「CHIYO-ST. LIVE 2017 -GENESIS-」ライブレポート

2017年06月01日 15:33配信
科学ADVづくしの180分!「CHIYO-ST. LIVE 2017 -GENESIS-」ライブレポート

ライブの最後を飾った、出演アーティスト全員による「Hacking to the Gate」

MAGES.の志倉千代丸さんが率いる制作集団、CHIYOMARU STUDIO(以下、チヨスタ)。5月28日(日)、中野サンプラザにて「科学ADV」シリーズを中心とするチヨスタ作品の楽曲を13組のアーティストが歌い上げる「CHIYO-ST. LIVE 2017 -GENESIS-」が開催されました。

開演時間をむかえると、ステージ中央のスクリーンに「STEINS;GATE 0」に登場する人工知能、Amadeusの起動画面が表示。同作で重要な立ち位置をしめる牧瀬紅莉栖のAIが映し出され、観客たちに挨拶を披露してくれました。最後は赤面しながら「ゆ、ゆっくりしていってね……」とはずかしそうにつぶやくなど、相変わらずのツンデレぶりです。

そうして始まったライブは、TVアニメ「シュタインズ・ゲート」のオープニングテーマ「Hacking to the Gate」でスタート。しかも、いとうかなこさんと今井麻美さんのコラボによる歌唱といういきなりのサプライズに、会場の熱気は開始直後から最高潮です。そのまま「あなたの選んだこの時を」、佐々木恵梨さんによる「GATE OF STEINER」、彩音さんによる「いつもこの場所で」「フェノグラム」と「STEINS;GATE」関連の曲が続くと、スクリーンにAIの紅莉栖が再び登場。「今日の会場には、“ギフティア”の方もいらっしゃるようですね」と、佐々木恵梨さんが歌うTVアニメ「プラスティック・メモリーズ」のオープニングテーマ「Ring of Fortune」への橋渡しをしてくれました。

再び登場した今井麻美さんが「プラメモ」のエンディングテーマ「朝焼けのスターマイン」から「STEINS;GATE」牧瀬紅莉栖のキャラクターソング「約束のパラダイム」をライブ初披露、その次は“キャラクターソングつながり”で、フェイリス・ニャンニャン役の桃井はるこさんとアフィリア・サーガが一緒に「Nyan☆Nyan☆Galaxy!」でかわいらしさを振りまき……と、シームレスに作品が紡がれてゆく練り込まれたセットリストが印象的な本ライブ。触れたことがない作品の初めて聞く曲でも、違和感や気後れを覚えることなく、アーティストたちのパフォーマンスに身をゆだねられる構成になっていました。

「Nyan☆Nyan☆Galaxy!」のあとにアフィリア・サーガが「La*La*Laラボリューション」と「非合理的かつ訂正不能な思い込み」を歌うと、続いてバトンタッチで登場したのはその妹分ユニット、イケてるハーツ。「CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!」のエンディングテーマ「罪証のルシファー」を歌うと、そのままnaoさんが歌う「シンクロしようよ」でバックダンサーを担当。アイドルユニットのライブにきたかのような、華やかなパートが続きます。

ここでnaoさんが「これはチヨスタ作品の曲ではないのですが……」と、「flower of bravery」を熱唱。これはTVアニメ「恋姫†無双」の曲で、作詞・作曲を志倉さんが手がけているという縁があります。続いて登場したMachicoさんは、MAGES.のゲームブランド5pb.から9月にゲームの発売が予定されているTVアニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」から2曲を披露。いずれもノりやすいアップテンポのナンバーを生バンドをバックに盛り上げ、チヨスタ作品の曲と変わらぬ声援が飛び交いました。

続く「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」のパートでは、いとうかなこさんが「聖数3の二乗」を、亜咲花さんが「Open your eyes」を熱唱。この曲がデビュー曲でもある亜咲花さんは、若干17歳の現役高校生。その歌声はもちろん、「このライブが終わったら名古屋まで帰って、明日は学校です」と笑顔を絶やさないMCも、デビュー間もないとは思えないほど堂に入ったもので、観客を魅了していました。ここでそんな亜咲花さんから、今後発売となるゲーム「OCCULTIC;NINE」のオープニングテーマ「Play the game」を、自身が担当することになったとの発表があり、亜咲花さんは、「やっとみなさんに言えました」という笑顔とともに、その曲もここで初披露となりました。

Zweiが「ROBOTICS;NOTES」の「純情スペクトラ」と、桃井はるこさんとのコラボで「拡張プレイス」をパワフルに歌い上げつつ「ライア」でしっとりとしたバラードを聴かせると、「STEINS;GATE」つながりでいとうかなこさんが「スカイクラッドの観測者」を披露。そしてここで、榊原ゆいさんが演じるFESがボーカルを務めるファンタズムがついに登場。圧倒的な歌唱力で「運命のファルファッラ」と「磔のミサ」を披露し、観客をFESならではのダークな雰囲気へと一気に引きずり込みました。

ライブを締めくくるのは、「科学ADV」シリーズ第一作目の「CHAOS;HEAD」と、最新作となる「CHAOS;CHILD」の楽曲。いとうかなこさんと鈴木このみさんがそれぞれ「Find the blue」、「カオスシンドローム」を歌い、ラストはいとうかなこさんの「Uncontrollable」でシメ! ここでライブイベントでは好例の、アンコールの大合唱……になるかと思いきや、なんと「CHAOS;HEAD」のキーワードである「その目だれの目?」を使って「その目! だれの目!」の大合唱が。「科学ADV」シリーズのライブならではの、ユニークなコールが会場を包みました。

大声援に応えてのアンコールは、鈴木このみさんと亜咲花さんによる「A.R.」と、参加アーティスト全員による「Hacking to the Gate」。13アーティストによる全30曲、時間にして3時間にもおよぶライブは終了を惜しむ歓声に包まれながら幕を閉じました。アーティストたちが退場すると、スクリーンでチヨスタの最新情報が上映され、「ANONYMOUS;CODE」のNintendo Switch対応決定、既存作品の内容を大幅にアップデートした「STEINS;GATE ELITE」の制作決定、「OCCULTIC;NINE」の機種がPlayStation®4・PlayStation®Vita・Xbox One、発売日が9月28日(木)に決定、正統続編となる「ROBOTICS;NOTES DaSH」の制作決定、そして、最後に2018年に次回のライブとなる「CHIYO-ST. LIVE 2018」の開催が告知! 熱気さめやらぬ会場が、再び興奮のるつぼと化しました。

初の開催ながら、見事な成功を収めた「CHIYO-ST. LIVE 2017 -GENESIS-」。これから発売されるチヨスタの作品をどのような楽曲が彩るのか。そして、ここから始まるチヨスタライブはどう盛り上がっていくのか。チヨスタの今後からますます目が離せなくなる1日でした。【取材・文=蚩尤】

<CHIYO-ST.LIVE 2017 -GENESIS- セットリスト>

01.Hacking to the Gate(いとうかなこ feat.今井麻美)

02.あなたの選んだこの時を(いとうかなこ)

03.GATE OF STEINER(佐々木恵梨)

04.いつもこの場所で(彩音)

05.フェノグラム(彩音)

06.Ring of Fortune(佐々木恵梨)

07.朝焼けのスターマイン(今井麻美)

08.約束のパラダイム(今井麻美)

09.Nyan☆Nyan☆Galaxy!(桃井はるこ feat.アフィリア・サーガ)

10.La*La*Laラボリューション(アフィリア・サーガ)

11.非合理的かつ訂正不能な思い込み(アフィリア・サーガ)

12.罪証のルシファー(イケてるハーツ)

13.シンクロしようよ(nao feat.イケてるハーツ)

14.flower of bravery(nao)

15.TOMORROW(Machico)

16.fantastic dreamer(Machico feat.彩音)

17.聖数3の二乗(いとうかなこ)

18.Open your eyes(亜咲花)

19.Play the game(亜咲花)

20.純情スペクトラ(Zwei)

21.拡張プレイス(Zwei feat.桃井はるこ)

22.ライア(Zwei)

23.スカイクラッドの観測者(いとうかなこ)

24.運命のファルファッラ(ファンタズム)

25.磔のミサ(ファンタズム)

26.Find the blue(いとうかなこ)

27.カオスシンドローム(鈴木このみ)

28.Uncontrollable(いとうかなこ)

アンコール1.A.R.(鈴木このみ×亜咲花)

アンコール2.Hacking to the Gate(All Artists)