新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

熱戦を盛り上げた「ドームですよ、ドーム!」の声! 「パ・リーグ6球団×アイドルマスターシリーズ」〜765PRODUCTION DAY〜レポート

2017年08月25日 18:18配信
熱戦を盛り上げた「ドームですよ、ドーム!」の声! 「パ・リーグ6球団×アイドルマスターシリーズ」〜765PRODUCTION DAY〜レポート

左から、天海春香役の中村繪里子さん、春日未来役の山崎はるかさん、星井美希役の長谷川明子さん

(C)窪岡俊之 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc. (C)BNEI/PROJECT iM@S

「パ・リーグ6球団×アイドルマスターシリーズ」コラボマッチの第2弾「765PRODUCTION DAY」が8月6日、埼玉・メットライフドームで開催されました。この日は西武ライオンズ対福岡ソフトバンクホークスの試合で、「アイドルマスター ミリオンライブ!」のアイドルたちとのコラボが実現。

試合前グラウンドイベントには春日未来役の山崎はるかさん、星井美希役の長谷川明子さん、天海春香役の中村繪里子さんが登場。ファールボールを注意する場内アナウンスには春日未来の声と映像が使用されました。

パ・リーグコラボの一貫として行われた今回のイベントですが、会場となったメットライフドームは2年前にアイマスの10周年を祝う「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」が行なわれた聖地でもあります。試合前のDJタイムに登場した中村さんも「2年前にもう一度ここに来れますようにとお願いしたんです」とライブを振り返っていました。中村さんの第一声は「ドームですよ、ドーム!」で、伝説のフレーズがふたたび球場にこだましました。山崎さんと長谷川さんは、対戦する両チームのスターティングメンバー読み上げを担当。長谷川さんはかわいく、山崎さんはちょっとりりしく元気に、アイドルとして美声を響かせました。

メットライフドームといえば有名なのが、12球団の本拠地でも唯一の生オルガン演奏です。試合開始前にはゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」のテーマソング「Brand New Theater!」のメロディが奏でられていたほか、中村さんの登場時には「THE IDOLM@STER」が奏でられる嬉しい演出もありました。

そして3人の出番のメインになったのがセレモニアルピッチです。山崎さんが投手、長谷川さんがバッター、中村さんが応援を担当しての一球勝負です。何度もボールを握り直して緊張の面持ちの山崎さんを、長谷川さんがバットを短く持ったミート重視のフォームで待ち構えます。中村さんが「サインはOKですか?」と確認すると、山崎さんは首を振り、やがて大きく頷いて球種決定。山崎さんが山なりに投じた高めのボールに、長谷川さんのバットが空を切って勝負は山崎さんの勝利! バックスクリーンに球速76.5km/hが表示されると会場は大歓声に包まれました。対戦前には3人が、西武ライオンズ球団マスコットのライナとハイタッチをかわしてはしゃぎあう姿も見られました。

その後行われた西武対ソフトバンクの試合は大熱戦となりました。2回裏、死球から炭谷銀仁朗選手が技ありのバスターで一三塁とすると、秋山翔吾選手の犠牲フライで先制。西武の状態の良さを感じます。試合が大きく動いたのは5回。表のソフトバンクの攻撃は四球のランナーを送りバントで二塁に進め、上林誠知選手のタイムリーで同点に追いつくお手本のような攻撃です。この回の一塁側のソフトバンク応援団はビジターとは思えないほどの熱量で選手を後押ししていました。

ですがドラマはその裏、ライオンズの攻撃でした。ランナー一三塁から浅村栄斗選手がゴロを打ち、三塁ランナーが生還(西2-1ソ)。浅村選手が魂のヘッドスライディングで一塁はセーフでした。この際浅村選手がどこか痛めての治療のアナウンスがされたのですが、これを受けた西武応援団が浅村選手に大声援を送ります。地鳴りのようなテンションの応援が続く中、4番中村剛也選手は四球、そして続く5番山川穂高選手が、打った瞬間にそれとわかる見事な3ランホームラン! 同点に追いついたソフトバンクの勢いをくじく一発でライオンズに勝利をもたらしました。勝負どころで両チームの大応援団が物理的なプレッシャーすら伴って選手を後押ししているのがとても印象に残りました。

そして我らが765アイドルたちは、3回のバズーカタイムのお手伝いをしたりと活躍。それ以外の時間も、バルコニーから身を乗り出して両チームに声援を送りました。特に5回、山川選手がホームランを打った瞬間の山崎さん(西武ライオンズの応援担当です)は踊りださんばかりに全身で喜びを表現していました。

好試合に、会場に詰めかけたプロデューサーさんたちも野球の楽しさを改めて感じていたのではないでしょうか。開放感のあるメットライフドームで、目の前で見るプレイや練習には生ならではのすごみと迫力がありました。

次の「パ・リーグ6球団×アイドルマスターシリーズ ~315PRODUCTION DAY~」は9月3日、ZOZOマリンスタジアムで行なわれる千葉ロッテマリーンズ対北海道日本ハムファイターズが対象試合となります。【取材・文:中里キリ、Photo:神保達也】)