新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「キンプリ」男子祭&女子祭レポート、“ガチ勢”加藤英美里と後藤沙緒里が愛を語る

2017年09月01日 17:36配信
「キンプリ」男子祭&女子祭レポート、“ガチ勢”加藤英美里と後藤沙緒里が愛を語る

(左から)「KING OF PRISM-PRIDE the HERO-」女子祭&男子祭に登場した後藤沙緒里さんと加藤英美里さん

8月29日(火)、新宿バルト9で「KING OF PRISM-PRIDE the HERO-」女子祭&男子祭が開催されました。

6月10日に公開された劇場アニメ作品「KING OF PRISM-PRIDE the HERO-」は、2014年3月末まで放送されていた「プリティーリズム・レインボーライブ」のその後の世界を描く「KING OF PRISM」シリーズの第2弾。今回のイベントには、その「レインボーライブ」の主人公・彩瀬なるを演じる加藤英美里さん(「キンプリ」ではシュワルツ親衛隊エミリ二等兵役)、小鳥遊おとはを演じる後藤沙緒里さん(「キンプリ」ではゴトウ少尉役)が登壇しました。

本編内のアフレコシーンで、彩瀬なる、涼野いと(CV:小松未可子)、森園わかな(CV:内田真礼)の声が収録されたお手本バージョンがサプライズで上映された興奮が冷めやらぬ中、「レインボーライブ」オープニングテーマ「BOY MEETS GIRL」のBGMと共に、加藤さん、後藤さんが登場。「(お客さんが)女の子だけというのが新鮮。こんな幸せな空間があるんだね(笑)」と加藤さんが語るほどフレッシュな“女子”会が始まります。

2人は一緒に新宿バルト9で観ており、しかもイベント前日にも鑑賞しているほど「キンプリ」シリーズ好きで、特に加藤さんは公開2日目に鑑賞し、すぐに次の公開時間を確認したというほどの入れ込みよう。「レインボーライブ」放送当時から“(速水)ヒロ様推し”だったという彼女は、本編内のヒロの活躍について「(ヒロファンを表す)黄色いバラの1本としてはうれしい限り。素晴らしい瞬間を観られた」と感慨深げな表情で語ります。

女子会らしいエーデルローズでの推しキャラを語るというくだりでも、加藤さんの「キンプリ」愛が炸裂しました。「ヒロ様は殿堂入りとして、今回は十王院カケル。かっこいいですよね、いい仕事している」「(カケルが開発に関わった)プリズムウォッチを売ってほしい」「髪の毛を上げているビジュアルも素敵」とべた褒めの末、スマートフォン用ゲーム「KING OF PRISM プリズムラッシュ!LIVE」でレア度の高いカケルのPRカードを出せたことを報告。さらに「めっちゃ課金しています(笑)」と打ち明け喝采を浴びていました。

一方、後藤さんは「エーデルローズ生は全員がかわいくて好き」と断りながらも、涼野ユウを推しキャラとしてセレクト。おとはのパートナーである涼野いとの弟について「大きくなった、と不思議な気持ちで見ていました」と親戚の子供の成長を見守るような目線で語ります。

またアフレコシーンでの演技についてコメントを求められると、後藤さんが「その時の感情を大切にした方がいい。大好きという気持ちを込めて」と語ると、加藤さんは「距離感が重要。目の前にヒロ様がいると想像しながら演じれば大丈夫」とアドバイス。同じくプリズムスタァを愛する女性ファンに向けて、真剣な助言が行われました。

男性だけが参加できた男子祭では、熱烈な歓迎に少し驚いた様子で登場した2人。こちらではシュワルツローズでの推しキャラを問われ、後藤さんが恥ずかしそうに顔を隠しながら語ったのは大和アレクサンダー。「最初は『何、あの筋肉』と思いながら見ていた」ものの、「いつの間にか『駄目駄目』と思いながらガン見していた」と告白。アレクの持つ“雄み”にやられてしまったようで、加藤さんも、一緒に鑑賞した後藤さんがアレクの登場シーンで「ひゃ~~~」と声をあげていたことを明かしていました。

そんな加藤さんの推しキャラは、今作で初登場した高田馬場ジョージ。彼のハイテンションな所がお気に入りだという加藤さんは、劇中の名台詞「やった~!」をテンション高くモノマネしてファンを喜ばせます。

アフレコ時の思い出を振り返った加藤さんは「本役はひと言だけなので時間がかからず、ガヤがメインだった。前作は違う人達が演じていたけど、今回は私たちがガヤをやって『やっぱり違うね』と言われたのを覚えている」とコメント。後藤さんも「ガヤで何を言おうかなって思いながら現場に向かった」とのことで、「レインボーライブ」時から定評のあった女性声優陣のガヤは、今回も相当の気合いを入れて収録されたようです。

女子祭に続き、アフレコシーンについて男性向けにアドバイスを送った2人は、さらにTwitterにて「#ありのままのキンプラ」というハッシュタグを付けてアフレコした感想をつぶやくよう要求。後日、チェックすることを約束していました。

男子祭のトーク後は、初の男性だけによる「KING OF PRISM-PRIDE the HERO-」応援上映がスタート。普段の応援上映とは少し違った、劇中でアウトローの溜まり場として登場するネストオブドラゴンのような雰囲気の中、次々に登場するスタァたちにエネルギッシュな声援が送られました。

なお、この日上映された「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」プリズム☆アフレコお手本バージョンが、9月2日(土)から8日(金)の期間限定で公開される予定です。

【取材・文=はるのおと】