新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

アニメ「モンハン ストーリーズRIDE ON」新章突入記念インタビュー!田村睦心×逢坂良太、1年で絆を深めた2人が大喧嘩!?

2017年09月26日 14:00配信
アニメ「モンハン ストーリーズRIDE ON」新章突入記念インタビュー!田村睦心×逢坂良太、1年で絆を深めた2人が大喧嘩!?

上映会イベント終了後、インタビューに応えてくれた2人

2016年10月から放送されているTVアニメ「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」。ニンテンドー3DS「モンスターハンター ストーリーズ」を原作とした本作が、この9月から新章へと突入しています。

そこでWebNewtypeでは、主人公で元気な新米ライダーのリュートを演じた田村睦心さんと、その親友でありながらライバルとなるシュヴァルを演じた逢坂良太さんにインタビューを敢行。9月16日(土)に開催された新章先行上映会を終えた2人に、本作の魅力、そして新章の展望を語ってもらいました。

――これまで放送されていた第一章を振り返って、本作をどんな作品だったと感じますか?

逢坂:色々な場面、台詞で出てくる言葉ですが、“絆を深める”物語で間違いないと思います。リュートとシュヴァルが1年かけて仲を深めて、離れて、またくっついて……という話でしたが、一度離れたからこそ絆の大事さが見えて、さらに強固になるというか。1回痛めるとさらに強くなる、筋肉と同じ感じですね。下手な例えですけど(笑)。恋愛でも友情でもそうですが、一度離れないとわからないことがある。そういったことがずっと描かれてきたので、ひと言で表すなら“絆”になります。

田村:蜃気楼の塔辺りで「絆って何だ?」と問われ、リュートがパッと答えられないという場面がありました。子供向けの作品だととりあえず「絆パワーだ!」みたいに言っちゃうこともあると思うんですけど、本作はその「絆の力とは何か」「その源は」みたいなところまで描いていて、とてもいい作品でした。

――本編を観ていると、やはりシュヴァルと決別するくだりが印象的でした。例えば第25話「死闘!角竜ディアブロス!」。リュートとシュヴァルが絆の握手で仲直りをしている所に、幼馴染のリリアが2人のお父さんの話をし始めて、逆に溝が深まるという。

逢坂:あそこね! リリアの発言も含めて、結局「俺がつらいのはお前らのせいだ」ってなって(笑)。でもアフレコ現場で、田村さんもリリアに責任を押し付けてたよね。

田村:アフレコが始まるまではそんな風に言わないようにしていたけど、言っちゃいたくなるくらいつらくなって。たかみなちゃん(リリア役の高橋未奈美さん)も「私のせいです~」って言い始めたという。

――リリアには悪気がないですけどね。

田村:そうなんですよ、「シュヴァルもリュートも同じ境遇なんだよ、だから気にしないでね」って言いたかったんでしょうけど……「気にするわ」っていう(笑)。

逢坂:僕が上映会でベストシーンに選んだ第38話「小さな花束」でもありましたよね。リリアの台詞をきっかけにレイアが捨てられて……。

田村:リリアって当事者ではあるけど、2人からは一歩引いたポジションじゃないですか。そういう人が言うと意外とこじれたりするんですよね……でも彼女みたいなポジションになったら、みんな良かれと思って言っちゃうと思うんですよ。「仲直りして、前みたいな2人に戻って」って。

――「1クール目の頃みたいな2人に戻って」って。

田村:でも1クール目も意外とシュヴァルは、ね。第6話「金の卵クエスト」がまさにそうで、シュヴァルはリュートのために金の卵でスフレを焼こうとしているのに、リュートは卵を売っちゃってて。この頃からシュヴァルって気持ちを自分の中に溜めるタイプで。

逢坂:……そりゃ勝手に売るほうが悪いでしょ。

田村:違うって、良かれと思ってやったんだよ。ヴラウおばさんが「鍋が欲しい」って言ってんだから、金の卵を売ったお金で買ってあげたいじゃん(笑)!

――アフレコ現場でもこんな感じで和気藹々と盛り上がっていたんですね。

逢坂:ええ、軽くケンカというか、誰が悪いか議論をずっとしています(笑)。

田村:でも、そういうことはあるよね、って。

逢坂:我々もあの頃は色んな意味でこじれていたので、はい……。

――田村さんと逢坂さんは、メインキャラ同士で1年間共演するのは初めてかと思います。お互いの印象はいかがですか?

田村:頭の回転がすごく早いと思います。ケンカの時も1言ったら10返ってきて、ナビルー役のM・A・Oちゃんと一緒に「やべ~」と怯えてます。

逢坂:頭の回転が早いわけじゃくて悪知恵が働くだけ(笑)。それが普段の生活に活かされないのが駄目なんですよ……僕から見た田村さんの印象は、今日もそうですけど、声が大きいのでとにかく目立つ。しかも主役を演じる時って現場の空気作りをしなければならない雰囲気がありますが、それを無意識なんでしょうけどできていていいなと思います。

田村:やった~。

逢坂:この作品は色んな声優さんが現場に来るんですけど、どんな方も楽しそうにしゃべっているのを見ていて、やっぱり空気作りが上手いとは感じますね。

田村:めっちゃ褒められている……! でも逢坂さんにはいつも助けられてるし、楽しく話しさせてもらっていて……ありがとうございます。

逢坂:絶対思ってないだろ(笑)

田村:めっちゃ思ってるよ! 本当は言いたいこといっぱいあるけど、上手く言えないだけなんです……言葉はきつめですけど、すごく気遣いとかする人なんですよ。

逢坂:僕は精神年齢がかなり低いんですよ。でも自分よりあまりにも低い人がいたら、急に「しっかりしないとダメだ」って気持ちが無意識に働いちゃう(笑)。

田村:働いてんの?

逢坂:いつも働いているよ!

――2人の絆の深さが感じられるやり取りありがとうございます。話を「モンスターハンター ストーリーズRIDE ON」に戻しまして、もし未視聴の人に1話だけ観てもらうとしたら、どの話をおすすめしますか?

逢坂:そこはやっぱり、第1話「絆の力」を観てほしいですけどね。

田村:私は第46話「誕生!伝説の白き竜」。シュヴァルのピンチにレイアが助けに来てくれるシーンは、この作品らしい絆を感じられて……もちろんそれまで観ているからこそグッとくる部分も強いんですけど、モンスターと人間がこんなに強い絆を結ぶんだ、と思ってもらいたいです。あそこいいよね。

逢坂:レイアは嫁なんですよ。

田村:(笑)。シュヴァルに一方的に捨てられたのに、ずっと見守っていて、大事な時にかばってくれて。

逢坂:レイアはシュヴァルにどんな酷いことをされても、彼の心の奥底にある本音を察してくれていたんです。だから「時間をかければ大丈夫」とモンスターなりに思っていたんでしょう……でもやっぱり第1話から全部観てほしい(笑)。

田村:本当にそう。レイアが孵化して、シュヴァルと共に旅をして捨てられ、そのレイアがあんなに立派に……となりますよ。

逢坂:Blu-rayやDVDも安いですからね。

田村:見やすいように1クールずつまとまっているし、しかも薄いんですよ! 全部コレクションしても幅を取らないので、ぜひお買い求めください。

――公式サイトに10分で見られる第一章のダイジェスト動画がありますね。

田村:ナレーションをさせて頂いたから言うわけではないですが、あの動画はすごくよくまとまっていると思います(笑)。

逢坂:あの動画で興味を持って頂いて、本編を観てくれたらうれしいですね。

――最後に新章について伺います。トークショーでは、リュート以外のキャラクターにもスポットが当たるという話がありました。

逢坂:もう、誰が主役かわからないくらい。

田村:いやいや、主役はリュートだよ!

逢坂:それこそ2~3週間出てこないこともありますから。

田村:今まで第一章で出ていたけどあまり目立たなかったキャラクターがフィーチャーされ、彼らの成長が描かれるので、それはそれで熱いなと思います。

逢坂:今までの「モンスターハンター ストーリーズRIDE ON」を観ていた人からすると、意外な展開で驚くかもしれません。

――ちなみに新章から観始めても大丈夫でしょうか?

2人:大丈夫だと思いますよ。

田村:でも新章から観ると本当に誰が主役かわからないかも……(笑)。

逢坂:次回予告もリュートだけじゃなくなるしね。

田村:「俺、シュヴァル」って予告がいきなりあって、あれは衝撃的だった。

逢坂:ナリキもいきなり……ね。

――第49話「襲来!ブラックライダーズ」を観て「ナリキが目立ち始めるのか!」と驚きました。

逢坂:そうなんですよ、ナリキが主役なんですよ。

田村:いやいやナリキじゃない、リュートだよ。

――誰が主役の座を奪うかにも注目ということで。

逢坂:観ているみなさんが、それぞれに主役を決めてくれてもいいかもしれません。

田村:ゲームもそんな感じだしね。キャラメイクができますし。

逢坂:シュヴァルやリリアの顔も作れるし。

田村:ミルやヒョロも作れる。

逢坂:よし、上手くゲームとリンクした(笑)。

――最後はばっちりゲームの宣伝もして頂いたということで……本日はありがとうございました。

【取材・文:はるのおと】

■TVアニメ「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」

放送:フジテレビ…毎週日曜日8:30~

北海道文化放送、岩手めんこいテレビ、仙台放送、長野放送、東海テレビ、関西テレビ、岡山放送、テレビ西日本、鹿児島テレビでも放送中

スタッフ:原作…CAPCOM『モンスターハンター ストーリーズ』より/監修…CAPCOM/監督…本郷みつる/シリーズ構成・脚本…高橋ナツコ/キャラクターデザイン…齋藤卓也/音楽…横山克/アニメーション制作…デイヴィッドプロダクション/制作…MHST製作委員会

キャスト:リュート…田村睦心/ナビルー…M・A・O/シュヴァル…逢坂良太/アユリア…牧野由依/ゲイル…花江夏樹/リリア…高橋未奈美/リヴェルト…杉田智和/シモーヌ…水樹奈々

リンク:「モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON」公式サイト

    公式twitter・@MHST_RIDEON