新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

7人の結びつきの強さは家族を超えてるかも!?「Wake Up, Girls!」新曲リリースインタビュー

2017年11月29日 12:00配信
7人の結びつきの強さは家族を超えてるかも!?「Wake Up, Girls!」新曲リリースインタビュー

インタビューに応えてくれた、田中さん、高木さん、永野さん

テレビアニメ「Wake Up, Girls! 新章」のOP曲とED曲が11月29日(水)に同時リリースされる。そこでWake Up, Girls!(以下WUG!)のメンバーである永野愛理さん、田中美海さん、高木美佑さんに、楽曲の注目ポイントや、MVの収録裏話などを聞きました!

―——OP曲「7 Senses」を初めて聞いたときの感想は?

永野:聴けば聴くほど、今の私たちに合っている曲だなと思ってます。新章が始まって、またがんばっていこうという気持ちになっているし、アニメのWUG!ちゃんも、ようやくアイドルの祭典で優勝して、新章ではまた7人で一丸となってがんばっているし。

高木:またアニメをやるんだな〜って思いました。「7 Girls War」(アニメ第1期OP)と似たような構成の曲だし。バンドサウンドは今までにあんまりない感じで、歌っていて楽しかったです。

田中:私もイントロから「7 Girls War」っぽさを感じてた! これから始まるんだぞっていうスタートダッシュっぽいな〜と。歌えば歌うほど好きになっていく曲です。

―——歌えば歌うほど好きになる?

田中:ツアーで歌っていくうちに、曲が完成したイメージなんですよ。ダンスも相まって、ラスサビに向けて盛り上がって、最後の「約束の地で〜」をみんなで歌う…っていうのを繰り返すうちに、どんどん好きになりました。

―——歌詞で気に入っているところは?

永野:落ちサビは、まゆしぃ(吉岡)とよっぴー(青山)が交互に歌うのがWUG!の定番ですけど、今回は2人の後に私が「大きくなろう」と歌ってから全員パートへ入っていく…っていうところが新鮮でした。よく考えてみたら、林田藍里ちゃんは2人との関わりがすごく深いんですよね。藍里ちゃんがそのパートを歌う意味を考えながら、藍里ちゃんと一緒に歌うつもりでレコーディングしました。

高木:私は、いっちばん最後のサビのメロディが、それまでと違うところが、すごく好きですね。遊び心があるというか。すごく高くなったりして難しい旋律なんですけど、そういうことにも挑戦できるようになったのかな〜と思えて嬉しかったです!

田中:歌い出しかな。なんで私なんだろうと思ってたんですけど、(作曲の)田中秀和さんから「新しいスタートを明るい通った声で歌ってほしい」と言われて、いつも通りにがんばろうと。新章の始まりを意識しながら、明るく歌えるように努めました。

―——振付で注目しているところは?

永野:ダンスの構成も「7 Girls War」とすごく似ているので、似ているところを探してもらうのも楽しいと思います!

高木:馬跳びみたいな、アクロバティックな振付は踊ってて楽しいよね。

田中:私は、サビの「みんなでひとつ〜」のところが好き。シンメトリーの振付ってけっこうあるんですけど、ここでもシンメトリーで同じだけど違う振りを踊っていて。MVを観たとき、広がっていく感じがキレイだな〜と思いました。

永野:「7 Girls War」の頃に比べると、振付を覚えるのがかなり早くなったよね。最初は1ヶ月くらいかかってたけど、今は3時間くらい練習してから一度持ち帰って、次に集まったときには、みんな出来上がってるから。

―——MVでは、アニメとリンクするソロ活動っぽいシーンもありました。仙台での収録はどうでしたか?

永野:台風で他のメンバーは大変だったと思うんですけど、お天気お姉さんを演じた私としてはそれっぽい感じが出て、ありがたかったです。仙台駅前は、高校生のときに毎日のように通っていた場所だから、そこで撮影するのって、いまだに慣れませんね(笑)。

田中:私は、お茶の井ヶ田さんっていうお店で食レポを。私もよくお土産に喜久福っていうスイーツを買うお店なんですよ。朝、お腹がすいてたからちょうどいいな〜と思いながら、お茶と大福をいただいて。すごく寒い日だったから、その後にお汁粉を自分でも買って食べました。おいしかった〜(笑)。

高木:私はYouTuberみたいな感じで。テーブルクロス引きやマジックはどちらも初めてで、マジックのほうは途中で仕掛けが見えちゃって、3回くらいNGになりました(笑)。

永野:声は入ってないけど、みんなそれぞれ自分で考えたりしてセリフを言ってるんだよね。私は「こちら、仙台駅前でーす」とか。

高木:私も!本当の番組っぽく、番組名を言ったりして。

田中:私もしゃべってたな。「それでは、いってみましょう!」とかしゃべって、食レポのアナウンサーっぽく。楽しかった!

―——他のメンバーのソロ映像で面白かったのは?

高木:ななみん(山下)の、歌のお姉さん風の映像が面白かった(笑)。字幕が出てたり、トラみたいな謎の着ぐるみが出てたりして。

田中:まゆしぃも、女優っていう設定で「台本をチェックしている」とか書いてあって、仕上がりが想像できなかったんだけど…いつもの通り、自然体だったよね。

―——C/Wでは「タチアガレ!6人ver.」がいよいよ一般発売の初CD化となります。

田中:まゆしぃがいないバージョン。ブルーレイの特典に収録されただけだから、持ってる人は少ないかも。

高木:「タチアガレ!」のスタートは6人だったんだよっていう。劇場版「Wake Up, Girls! 七人のアイドル」を観ている人はわかると思うけど、まゆしぃは後から加わったから…。

田中:じつは、私がまゆしぃのパートを歌ってるんだよね。「7 Girls War」の後にレコーディングしたから、まゆしぃが高らかに歌い上げているところを私が歌うんだ…と緊張した記憶があります。

―——ED曲「雫の冠」についても伺います。いろんな意味に捉えることができる歌詞ですが、みなさんの印象は?

永野:雫って、落ちた時に跳ね返って冠みたいに見えるんですよね。でも、タイトルの意味は考えても考えても難しい…。

田中:その冠の状態もほんの一瞬で。すごく儚いもの…っていうイメージ。

永野:すぐに消えちゃうんだけど、その存在はしっかりと目に焼き付いている、みたいなね。

―——注目している歌詞やメロディは?

田中:「言の葉 青葉」もそうですけど、まゆしぃの落ちサビが、いつもいいなと思いながら聴いてます。ライブでも気持ちをこめて歌ってるのを聴いて、やっぱりいい曲だな、締まるな〜って。

永野:私は、歌詞に「椅子」が出てくるところで入る、アコースティックギターのこすれるような音。椅子を引くときの音みたいで、その雰囲気が好きです。

高木:「かわっていくものたちと かわらないもの うけとめる」っていう歌詞は私たちみたいだなって。長くユニットを続けているとそういうことあるなって、すごく心に沁みますね。

―——そして、なんといってもワンカットのMV、すごかったです。

永野:「言の葉 青葉」のMVをワンカットで録ったときは、何回も撮り直したから大変で。今回は現場の都合もあって、動きの説明を受けたのが直前だったんですよ。練習はほとんどしなかったよね?

田中:2回くらい!? 一度説明を聞いて、フワッと通して、テスト練習をしてから本番。

高木:本番もけっこうすんなり。でも、台風で前髪がオールバックみたいになっちゃって、メイクさんが固めてくれました(笑)。

永野:映ってないところでも、走って移動したりしてるから直せない(笑)。

田中:七海のカーディガンもペロンとめくれちゃって、でももうラスサビに入ってるから直せなくて…。あと、最初に1人ずつすれ違うところ、私も(奥野)香耶みたいに目線外しても良かったな〜。

永野:そんなところもワンカットの面白さ(笑)。

―——「雫の冠」の歌詞にかけて、隣の人の「これからも変わらないでほしいこと」を教えてください。

永野:じゃあ、私は美佑に。美佑って出会ったときはまだ16歳で、若いな〜って思ってた。ハタチを超えた今でも変わらないのは、何事にも無邪気にぶつかっていくところ。大人になるほどぶつかることが怖くなるんだけど、美佑には変わらないでほしい。親みたいなこと言ってるけど(笑)。

高木:え〜! 周りのみんなが受け止めてくれるから、私もはっちゃけてもいいかなって(笑)。美海は、最初から大人っぽかったな、中身は。…外見は中学生くらいで、年下だと思ってたんだけど(笑)。これからも中学生みたいな見た目でいてほしい(笑)。それと、これからも小食でいてほしい。ご飯のとき、美海の近くにいると、おこぼれがもらえるから(笑)!

田中:あははは! よっぴー(青山)と美佑がよく食べてくれるよね(笑)。

永野:いつも、うさぎがつまんだくらいしか食べてないから(笑)。

田中:もう食レポで十分(笑)。じゃあ、私は愛理に。愛理は、自分の売りどころがわかってる(笑)。新章で丹下社長が「ソロ活動では、自分をどう見せたいのか自分でわかってないとダメ」って言っていて、たしかにそれが大事だなと思って。愛理はそれを理解していて大人だし、しかも150点満点で大正解を出してくれるのが嬉しい。これからも変わらずに、WUG!の中でも芯の通ったブレない存在でいてほしい!

永野:長く一緒にいるし、7人もいるから、自分の立ち位置をみんな考えるようになってると思うんだけど、そういってもらえると嬉しい(笑)。

―——オーディションをきっかけにメンバーが出会ってから5年ほど。ソロ活動も増えてきた今、WUG!は自分にとってどんな存在?

永野:いい意味で気を使わない。でも一緒に切磋琢磨したり、お互いを磨きあっていて。家族を超えるような存在かも。これからも大事にしていきたいな。

田中:ソロ活動も頑張りつつ、7人揃うとやっぱWUG!だなって思う。みんなのところに帰ってきたっていう感じで安心する。

高木:失敗したり、落ち込んだときがあっても、WUG!のみんなと一緒にいると、心が安らぐというか。いい仲間なんだなって思います!

取材・文=吉田有希

■シングル「7 senses」(初回限定盤 CD+DVD)

価格:1944円

内容:

1.7 senses

2.タチアガレ 6人ver.

3.7 senses(Instrumental)

4.タチアガレ 6人ver.(Instrumental)

DVD:「7 senses」MV

■シングル「7 senses」(通常盤 CD)

価格:1296円

内容:

1.7 senses

2.タチアガレ 6人ver.

3.7 senses(Instrumental)

4.タチアガレ 6人ver.(Instrumental)

■シングル「雫の冠」(初回限定盤 CD+DVD)

価格:1944円

内容:

1.雫の冠

2.同じ夢を見てる(歌:ミツキとヨウコ)

3.雫の冠(Instrumental)

4.同じ夢を見てる(Instrumental)

DVD:「雫の冠」MV収録予定

■シングル「雫の冠」(通常盤 CD)

価格:1296円

内容:

1.雫の冠

2.同じ夢を見てる(歌:ミツキとヨウコ)

3.雫の冠(Instrumental)

4.同じ夢を見てる(Instrumental)

リンク:「Wake Up, Girls!」公式サイト

「Wake Up, Girls!3」公式サイト    

   公式Twitterアカウント・@wakeupgirls_PR