新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

作品のファンに癒しを届けたい! 「明日へ」をリリースするIrisインタビュー!

2018年06月05日 18:00配信
作品のファンに癒しを届けたい! 「明日へ」をリリースするIrisインタビュー!

6月6日に「明日へ」をリリースするIrisさん

現在テレビ東京系で好評放送中のテレビアニメ「ガンダム ビルドダイバーズ」。6月6日に発売となる、そのエンディングテーマを歌うのは、劇場版「コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道」のテーマソングで脚光を浴びた、マレーシア生まれの歌姫、Irisさん。来日から3年、早くも5枚目のシングルとなる今回、並々ならぬ意気込みでレコーディングに臨んだという彼女にお話をうかがってきました!

――まずは、簡単な自己紹介をお願いできますか?

Iris:私はマレーシア出身で、母国で開催された歌のコンテストにたまたま受かりまして、歌手、女優として活動させていただいてました。その後、マカオで行われた大きな映画祭に出席した際、日本の芸能事務所の方に声をかけていただきました。元々日本が大好きだったので、「ぜひ!」とお願いして、日本で活動をすることになりました。

――「ガンダム ビルドダイバーズ」の曲を歌う話を聞いたときの感想を教えて下さい。

Iris:すごくうれしかったですね。「コードギアス」のテーマソングに決まったときも感激でしたが、今回も「ガンダム」という、日本のアニメを代表するような作品のエンディングテーマでしたので。

――アニメは元々好きだったのでしょうか?

Iris:はい! 私もそうなのですが、特に兄が大好きで。実家に帰ると「ガンプラ」が専用のケースに入れられて部屋に飾られているほどで。最初、私が日本に行くことになったときは私の仕事にほとんど無関心だったのに、「コードギアス」のテーマソングを歌うと話したらすごい食いついてきて(笑)。なので今回「明日へ」を歌うということを伝えたとき、下手すると私よりも兄のほうが喜んでいたのかも知れません(笑)。

――マレーシアにいたときもアニメはたくさん観ていましたか?

Iris:観てました! ただ、母国語に翻訳されて流れている作品もあれば、日本語のままの作品もあって、日本語のいい勉強になりました。

――「ガンダム ビルドダイバーズ」は日本人にもなかなか理解が難しいような用語も出てきますから、こちらもいい勉強になっているのでは?

Iris:本当に、そうですよね(笑)。戦いのシーンはすごく迫力があって、言葉が分からなくても楽しめますし、毎回すごく楽しいです。デジタルの空間で戦うという発想もすごいですし。近いうちに私たちもこんな空間でガンダムに乗って戦う日が来るんじゃないかと、本気で考えたりしてます!

――「明日へ」を最初に聴いたときの感想を教えて下さい。

Iris:すごく前向きな曲だと思いました。そんななかにも切なさが込められていて。ミディアムスローなテンポの曲はすごく好きなので、レコーディングが楽しみでした。

――レコーディング時の感触はいかがでした?

Iris:とてもスムーズにできました。私はまだまだ日本語の歌詞を歌うのが下手で、どうしてもリズムに乗れずに泣きながらレコーディングすることも多かったのですが、今回はスッと歌えて、自分でもビックリでした。

――印象的な歌詞はありますか?

Iris:1番に「一緒なら 悲しみさえも かき消してしまうほど 強くなれるよ」というフレーズがあるのですが、これは私に向けての歌詞なんじゃないかと思えるくらい、励まされました。

――と言いますと?

Iris:日本に来て3年経ちますが、マレーシアがすごく恋しくなることがあるんです。そんな私の心を癒してくれるような力がこの歌詞にはあります。つい最近誰かに聞いたのですが「国を離れて3年経ったくらいが一番頑張りどころ」だそうなので、今は精一杯やってます。こんな素敵な曲を作ってくれたクリエイターの皆さんに感謝です!

――初回生産限定盤には「明日へ」のMusicVideoも収録されています。

Iris:長野県にある川で撮影したのですが、当日はすごく寒かったです。水に浸かるシーンでは、寒すぎて足の感覚がなくなってしまって……。スタッフさんが足湯を作ってくださって、すごく温かかったです! メイキング映像に入っているそうなので、こちらもぜひご覧になってください。

――カップリングについてもお聞きします。「BLUE」は同じくミディアムスローなテンポの楽曲です。

Iris:「明日へ」と同じく、私にピッタリの曲で、すごく歌いやすかったです。希望に満ちた歌詞もいいですよね。

――3曲目の「Put the past away」はいかがでしょう?

Iris:「過去は気にせずに前を向いて頑張っていこう」という意味のタイトルで、「嫌なことも振り返ったときにいい経験になっているんだから、先に進もう」という気持ちが込められています。3曲ともすごく前向きになれるような曲ですので、このCDを聴いてぜひポジティブな気持ちになって下さい!

――ところでIrisさんは、目の前の嫌なことを今日こなす派ですか? それとも「明日へ」引き伸ばすほうですか?

Iris:やらなきゃいけないことはすぐにやる派です。でも疲れていたらゆっくり休んで、明日に備えますね。

――そんなしっかり者のIrisさんですが、CDのリリースイベントも決まっているそうですね。

Iris:首都圏のレコード店やアニメショップを回らせていただきます。楽しいことを色々と考えていますので、ぜひ遊びにきてください!

【取材・文:佐伯敦史】

■CD「明日へ」

6月6日発売

初回生産限定盤(特典DVD付き):税別1667円

通常盤:税別1204円

期間生産限定盤(アニメ絵・デジパック):税別1296円

リンク: Irisホームページ

    公式Twitter・@irisw0112