新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

うちらが宇宙一ばい! 「THE IDOLM@STER SHINY COLORS BRILLI@NT WING 01 Spread the Wings!!」発売記念イベントレポート【アンティーカ編】

2018年08月15日 15:03配信
うちらが宇宙一ばい! 「THE IDOLM@STER SHINY COLORS BRILLI@NT WING 01 Spread the Wings!!」発売記念イベントレポート【アンティーカ編】

「THE IDOLM@STER SHINY COLORS BRILLI@NT WING 01 Spread the Wings!!」発売記念イベントレポートより

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

「アイドルマスター シャイニーカラーズ」のCD「THE IDOLM@STER SHINY COLORS BRILLI@NT WING 01 Spread the Wings!!」の発売記念イベントが2018年7月1日、大阪府内某所で開催され、夜の部にはユニット・アンティーカより月岡恋鐘役の礒部花凜さん、田中摩美々役の菅沼千紗さん、白瀬咲耶役の八巻アンナさん、三峰結華役の成海瑠奈さん、幽谷霧子役の結名美月さんが出演しました。

本イベントは「アイドルマスター」シリーズ最新作「アイドルマスター シャイニーカラーズ」初のCD発売を記念したもので、アンティーカはトリを担当しました。イベント開演直前、舞台裏から小さく「アンティーカ!」と円陣の掛け声が聞こえてきました。このステージと客席が地続きなライブ感はライブハウスならではですね。

ステージに登場した5人はユニットビジュアルでおなじみのゴシックな衣装姿で、胸元には歯車が光ります。つやをおさえたコルセット状のパーツの引き締まった感じや、ワンポイントに薔薇を刻んだチョーカーも印象的です。驚いたのは菅沼さんの髪型で、ふわふわしたツインテールや斜めになった前髪も再現。照明が当たると紫のカラーが入っているのがわかります。普段ショートの八巻さんもポニーテールを再現していました。

とにかく5人ともすごく緊張している様子で、出演前はステージ裏で全員で手をつないでいたそうです。「Spread the Wings!!」についてのトークでは、成海さんは「明るい曲で、私もぴょんぴょんしました。収録でも気持ちをぴょんぴょんさせながら歌いました」と表現。八巻さんは「ユニットの枠を越えて歌っている曲なので、283プロダクションが一丸になっている感じがあります」と語っていました。

ユニットの魅力を紹介する「アンティーカ推しポイント」のコーナー。タイトルコールは凛々しい王子ボイスの八巻さんが担当。それぞれがフリップに書いた推しポイントには「いろんな形の頑張る姿に勇気をもらえる!(礒部さん)」、「一粒で何度でもおいしい(結名さん)」といったものがあり、アンティーカの多彩な個性推しが多め。結名さんは「王子様、眼鏡っ娘、ダウナー系、包帯までいて個性がよりどりみどり!」と具体的な属性も解説していました。

「クールアンティーカ」は、全然クールじゃない台詞を最高にクールに言ってみるコーナーです。事前の予想ではやはり王子・白瀬咲耶向きの企画ということで、成海さんは「アンちゃん(八巻さん)の最強をへしおっていきたい」と闘志を燃やします。台詞を言うだけのコーナーだったのですが、後半は成海さんが自らハードルを上げていったこともあり、2人芝居やコントのようになって盛り上がっていました。

そしてスチームが立ち込める幻想的な空気の中、待望のミニライブコーナーへ。「うちらが宇宙一ばい! アンティーカ!」の円陣の掛け声でスタートです。センターの礒部さんは本当に緊張が伝わってくる感じだったのですが、楽曲が始まってダンスが始まると、ガチンとスイッチが入ったように緊張の気配が吹き飛んで、パフォーマンスに入りこんでいくのがわかりました。

「Spread the Wings!!」は、楽曲に合わせて元気いっぱいな感じの表現です。コーラスに厚みがあって、結名さんの美しい歌声や、八巻さんの凛々しい歌声が要所で印象に残ります。礒部さんはすっと掲げた手を下ろす時の動きのナチュラルなキレや、まっすぐに客席を見つめる表情にすごくセンター感があります。成海さんは「いぇーい!」の時のにっこにこの笑顔がとても魅力的でした。

佇まいや仕草がすごく印象的だったのが菅沼さんで、曲前伏し目がちな感じで待機している立ち姿にオーラがあります。その分、ツインテールを揺らしながら笑顔を見せたり、「可能性で」のフレーズに力強いニュアンスを込めたりするとドキッとさせられます。ラストのキメで、まるで舞台のような王子っぷりの八巻さんと、瞳を伏せて胸元に手を当ててエレガントにキメる菅沼さんの表現は対称的なぐらい違って、ユニットとしての幅の広さを感じました。

「Multicolored Sky」では、結名さんの繊細で印象的な声質や、成海さんのいたずらっぽさが印象に残りました。この曲を歌っている時の礒部さんは恋鐘らしい自信と笑顔にあふれていて、間奏ではメンバーを呼び集めて円陣を組む場面もありました。

「Multicolored Sky」のクライマックスは「私たちの一瞬も染めるの… オレンジへ」のフレーズで会場がオレンジに染まるところで、菅沼さんも特別な気持ちで泣きそうになったそうです。

ラストのMCで礒部さんは「たくさん練習して、5人で個人練習もしました。それをみんなに見せられて嬉しいです。アンティーカもシャニマスも、これからです! これからも一緒に過ごしてもらえたら嬉しいです」と挨拶。最後はアイマスですよ、アイマス! の大合唱で締めくくりました。

これにて「シャイニーカラーズ」初のリリースイベントは全ユニット終了。参加ユニットごとに全員曲を歌うことで各ユニットの個性がよくわかるイベントでしたが、最終日は家族的で不思議なぐらい落ち着いているアルストロメリアと、ピーンと張り詰めた緊張を努力と団結で乗り越えていくアンティーカのコントラストがはっきりした一日でした。

【取材・文:中里キリ】