新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

十香は理想の“子犬”!? 「デート・ア・ライブIII」島崎信長さん×井上麻里奈さん対談(前編)

2019年01月04日 18:00配信
十香は理想の“子犬”!? 「デート・ア・ライブIII」島崎信長さん×井上麻里奈さん対談(前編)

「デート・ア・ライブIII」PVより

(C)2019 橘公司・つなこ/KADOKAWA/「デート・ア・ライブⅢ」製作委員会

空間を揺るがし、巨大な災害をもたらす“精霊”。そんな精霊の力を封じるための方法はただ一つ。デートをしてデレさせて、キスで力を封印することだった――。

シリーズのTVアニメ第三期「デート・ア・ライブIII」が間もなく放送開始されます。その魅力に、スタッフやキャストへのインタビューを通じて迫る連載企画。第一回の橘公司先生に続き、五河士道役の島﨑信長さん、夜刀神十香役の井上麻里奈さんに対談取材を行いました。

――「デート・ア・ライブIII」制作決定の第一報を受けたときのお気持ちを教えてください。

島﨑 第三期で描かれるエピソードは個人的にも大好きなものばかり。実際に演じることができるということで、ものすごくワクワクしました。じつは、一昨年くらいに続編があるかもという話を聞いていて、ずっと楽しみにしていたので、実際にアフレコが始まってホットしている気持ちもあります(笑)。

井上 そうなんです。私たちが実際の放送時期を知ったのは、2018年に開催された「ファンタジア文庫大感謝祭2018」の時でした。それまでは、いつ放送されるのかを知らなかったので、期待とドキドキでいっぱいでした(笑)。じつは、2018年の春ごろに、「デート・ア・ライブ」のキャストやスタッフが集まって食事をして、アニメに向けて気持ちを高めていたんですよ。

島﨑 「デート」チームは仲がいいんですよね。春の食事会では、思い出話で盛りあがりながら、第三期ではどこまでやるのかなどを話題に盛りあがりました。

――アニメの「デート・ア・ライブ」は、「劇場版 デート・ア・ライブ DATE A LIVE万由里ジャッジメント」以来、およそ3年ぶりとなります。

井上 そんなに経ちますか。あっという間でしたね。でも、その間にもゲーム「デート・ア・ライブ 約戦:精霊再臨」やイベントのミニドラマなどで、十香を演じていたので、久し振りという感じはそれほどありませんでした。多分、ほかの精霊を演じているみんなも同じ気持ちだと思います。

島﨑 士道はゲームではあまり出番がなくて。だから、僕にとってはかなり久しぶりの士道でした。

井上 とはいえ、やっぱり主人公は士道なので、ゲームの収録のときにも、私の心の中に信長くんの士道の声は流れていたよ(笑)。

島﨑 ありがとうございます(笑)。久し振りの士道は、少しだけ迷いがありました。アフレコのテストの時に、「もう少し若くして」とご指摘をいただいたんです。じつは、僕のこれまでのキャリアのなかで、“若く”というリテイクを受けることがあまりなくて、どうしようと慌ててしまったんです。そんなときに、井上さんがさりげなくアドバイスをくれたんです

井上 どんなことだっけ?

島﨑 声を若くするのではなくて、中身を意識すればいいのではという主旨のアドバイスでした。例えば、士道は精霊に振り回され、ドギマギしてしまいます。「II」や劇場版の頃の士道は「III」の彼と時期的に違いはありませんが、今の僕は許容範囲が広くなってしまって、精霊たちの織りなすハチャメチャな日常を受け止め切れてしまったんです(笑)。だから、その気持ちをいったん捨てて、かつての士道のテンパり具合みたいなものを思い出して演技に臨みました。

井上 信長くんとしては、時代が遡ったわけね(笑)。

島﨑 もうひとつの戸惑った理由としては、士道のかっこいい姿が鮮烈に印象に残っていたからですね。士道って精霊のピンチに対しては、すごく男らしくなるんですよね。でも、「III」の第1話冒頭は日常のドタバタで始まるので、そのギャップが大きすぎたのかもしれません。

井上 確かに、「II」や劇場版の最後も、追い詰められた士道だったもんね。信長くんが言ったように、「III」の冒頭は精霊たちのわちゃわちゃから始まります。それがすごく「デート」らしいなって思いましたし、演じる私も「これが『デート』だよね」とうれしくなりました。

島﨑 井上さんは、十香を演じるにあたって戸惑いはありませんでしたか?

井上 アフレコまでに何度か十香を演じていたから、すぐに十香に戻れましたね。あとは、共演するみんながいてくれたのも大きくて。ゲームだと基本的に1人で収録するから、私にとって自分の気持ちを十香のテンションに持っていくのってけっこう大変だったんです(笑)。でも、アニメではほかの精霊のキャストさんたちがいるから自然にテンションが上がって、すんなりと十香を演じられたと思う。

――お互いが演じるキャラクターの魅力は、どんなところにあると思いますか?

島﨑 最近、ようやく十香のよさに気づいてきたんです。もともといい子だとは思っていたけれど、「かわいい」って思うようになりました(笑)。

井上 なんで今まで気づかなかったの!?

島﨑 不思議です(笑)。十香のよさは、前向きなところ。現界してそれほど時が経っていない十香は数多くの知らないことにぶち当たりますが、そんな時にもかんしゃくを起こすのではなく、きちんと学ぼうとする姿勢がすばらしいなと思います。それでいて、天真爛漫で、感情を素直に表してくれるので、一緒にいたら元気をもらえるなと感じるようになりました。

井上 確かにそう。無邪気だけど、いざというときには空気が読めて、自重すべきところでは遠くから見守り、適切にはげます。私は、十香のことをいい“子犬”だと思っています。

島﨑 確かに!

井上 突然、知らない所に放り出された野良犬状態だった十香ですが、士道という人間になついて、しつけられたことをしっかりと覚え、ご主人に何かあったら立ち上がる……。あるべき子犬の姿だと思います(笑)。

島﨑 士道はどうですか?

井上 士道は第一期に比べると大人になりました。フラクシナスのみんなと話し合いながら、精霊への対策を考えている姿を見ると、主人公らしい男の子になったと思います。その姿を見ていると、精霊が惹かれるのもわかる気がしますね。

島﨑 精霊は魅力的な子ばかりで、彼女たちに好かれるのだから、士道の努力はすごいんだと思います。

井上 そうだよね。そのなかでも、十香が士道によせる思いは、意外と恋愛感情からは離れている気がする。

島﨑 確かに、パートナー感がありますよね。

井上 例えば、士道が別の女の子と付き合っても、士道がきちんと気にかけてあげれば、満足しそうな気がします。十香と士道の間にあるのは、信頼関係なのかな。

島﨑 そういう姿を見ていると、十香って知識はないかもしれないけれど、知性はすごいんだろうなと感じるようになりました。

井上 本当にそう思う。

島﨑 「II」の八舞姉妹のエピソードでも、強くそう感じました。演じながら、十香って頼りになるなって。僕がそう思うくらいなんだから、士道にとってはなおさらだと思います。

対談前半では、士道と十香の魅力に迫りました。後半では、過去のエピソードの振り返りとともに、「III」の魅力をお2人に語ってもらいます!

【取材・文:星政明】

■TVアニメ「デート・ア・ライブIII」

放送:AT-X:1月11日より毎週金曜21:30~(リピート放送有り)

   TOKYO MX:1月11日より毎週金曜25:40~ 

   テレビ愛知:1月12日より毎週土曜深夜25:50~

   KBS京都:1月11日より毎週金曜深夜25:40~

   サンテレビ:1月13日より毎週日曜深夜24:30~

   TVQ九州放送:1月13日より毎週日曜深夜26:35~

   BS11:1月12日より毎週土曜深夜27:00~

配信:dアニメストア:1月11日より毎週金曜22:00~配信

   AbemaTV:1月11日より毎週金曜22:00~配信

   ほか配信サイトにて配信予定

スタッフ:原作…橘公司(ドラゴンマガジン連載:ファンタジア文庫刊)/原作イラスト…つなこ/監督…元永慶太郎/シリーズ構成…白根秀樹/キャラクターデザイン…渡辺浩二/総作画監督…渡辺浩二・山川宏治/美術監督…備前光一郎/色彩設計…日野亜朱佳/撮影監督…大河内喜夫/編集…木村祥明/音響監督…えびなやすのり/音響効果…川田清貴/音楽…坂部剛/音楽制作…日本コロムビア/アニメーション制作…J.C.STAFF/製作…「デート・ア・ライブⅢ」製作委員会

キャスト:五河士道…島﨑信長/夜刀神十香…井上麻里奈/鳶一折紙…富樫美鈴/五河琴里…竹達彩奈/四糸乃…野水伊織/時崎狂三…真田アサミ/八舞耶倶矢…内田真礼/八舞夕弦…ブリドカット セーラ 恵美/誘宵美九…茅原実里/七罪…真野あゆみ

リンク:「デート・ア・ライブIII」公式サイト

    公式Twitter・@date_a_info