新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

豪華プロデューサーとの「共演」も!「Kizuna AI 1st Live “hello, world”」レポート!

2019年01月11日 22:24配信
豪華プロデューサーとの「共演」も!「Kizuna AI 1st Live “hello, world”」レポート!

「Kizuna AI 1st Live “hello, world”」より

(C) Kizuna AI

月刊ニュータイプでエッセイ「拝啓、キズナアイです。」を連載中の、人気バーチャルYouTuber「キズナアイ」の単独1stライブイベントが12月29日に東京・Zepp DiverCity TOKYO、30日に大阪・Zepp Osaka Baysideで開催され、彼女の晴れ舞台を観に数多くのファンが集結しました。本稿では東京公演の模様をお届けします!

開演前には出演DJによるOPアクトも行なわれ、彼女の登場前に会場のボルテージが徐々に高まっていきます。

そしていよいよキズナアイが登場! スクリーンの中央に登場した彼女はピンクのサイリウムが振られる中、オーディエンスに向けて手を振りながら「Hello, Morning」、「金曜日のおはよう」、そして「まだまだいくよ~!」とホイッスルを鳴らしながら「new world」を歌唱しました。

MCでは「一度やってみたかった」という「2階席~!1階席~!」、「女子~!男子~!」とコール&レスポンスを楽しみ、「これから4名のDJが登場します。休む暇はないけどついてこれるか~!」と客席を煽ります。

ここからはsasakure.UKとのコンビで「Kizuna AI to AI」を披露。さらにNorがDJタイムでランカ・リーの「星間飛行」を投下し、キズナアイも「over the reality」と「miracle step」を歌唱。MATZのプレイに酔いしれた後はMCで「初めてDJイベントに来た人も、思うがままに楽しんでいいんだよ!」とイベント初心者にアドバイスを贈る気遣いを見せました。

ここからは後半戦。DÉ DÉ MOUSEのプレイとともに「hello, alone」、「meet you」を歌い上げ、☆Taku Takahashiが手がけた「mirai」を腕を後ろに回してジャンプしながら披露しました。そしてタイトル未定のW&Wのコラボナンバーでは金髪姿に変身! 会場からは大きな歓声が上がりました。本編最後はピンク色に染め上げられた会場でYunomiの「future base」で盛り上がり、「たくさんの楽曲に恵まれて本当にありがたいです!」と感謝の気持ちを伝え、スクリーン上から姿を消しました。

迎えたアンコールではライブ用の新しい衣装で客席を魅了。さらに、プロデューサー陣とともに記念写真を楽しみます。彼女のきめセリフである「はいどーも!」の掛け声でパシャリ。さらにプロデューサーと一緒にハイタッチも。

気分をよくした彼女は、新曲「AIAIAI feat.中田ヤスタカ」のフルバージョンを初披露し、最後の曲は「Hello, Morning(Pa's Lam System Remix)」。全身を使って感謝の気持ちを伝え、客席からも「Hello!」の声がこだましたのでした。

翌日の大阪公演では、初アルバム「hello, world」の制作も発表されたキズナアイ。今後の活躍からますます目が離せません。

【取材・文:佐伯敦史】