新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「デート」であり、sweet ARMSらしい一曲! 「デート・ア・ライブIII」富樫美鈴さん×野水伊織さん対談(前編)

2019年01月18日 18:00配信
「デート」であり、sweet ARMSらしい一曲! 「デート・ア・ライブIII」富樫美鈴さん×野水伊織さん対談(前編)

TVアニメ「デート・ア・ライブIII」より

(C)2019 橘公司・つなこ/KADOKAWA/「デート・ア・ライブⅢ」製作委員会

新たな精霊・七罪が登場した「デート・ア・ライブIII」。姿を自由に変えられる七罪は、士道と仲間の精霊たちのひとりを人質にとった上で、その人物に変身し、誰が偽物か命をかけたクイズを出題。緊迫の展開を迎えています。

新展開を迎えた「デート・ア・ライブIII」の魅力に、スタッフやキャストへのインタビューを通じて迫る連載企画。今回は鳶一折紙役の富樫美鈴さん、四糸乃役の野水伊織さんを突撃しました。お二人は、「デート・ア・ライブIII」の主題歌「I swear」を歌うユニットsweet ARMSのメンバーでもあります。前半では、「I swear」について、じっくり話を伺いました。

――「デート・ア・ライブIII」の制作決定を聞いた時の気持ちを教えてください。

富樫 「待っていました!」という気持ちです。原作をずっと読んでいて、あのシーンをアニメで見たい、このシーンはどうなるんだろうと想像していたので、それが実現してすごくうれしかったです。

野水 ここ(劇場版)で終わるわけがないとは思っていたので、当然、TVシリーズの続編もあるだろうと思っていましたが、決定の一報を聞いたときはすごくうれしかったし、安心しました(笑)。

富樫 ファンのみんなも本当に待っていてくれたと思います。発表したときの反応がすごかったもん!

野水 そう思う!

――sweet ARMSも劇場版「デート・ア・ライブ」以来の新曲「I swear」を発表します。

富樫 こちらも「待ってました!」というのが率直な感想です。「『デート』の主題歌といえばsweet ARMSでしょ」とは思ってはいたのですが、本当に歌わせてもらえてうれしいです。

野水 私も(笑)。sweet ARMSは「うぽって!!」で結成したのですが、「デート」で育ててもらったという思いがあるので、そんな作品に帰って来られてよかったなと思います。

――「I swear」はどんな曲でしょうか。

富樫 イントロを聞いた瞬間、「デート」らしい曲だなと感じました。それを聞いただけで、ついにTVアニメ第3期が始まるんだなと実感して、涙がでそうになるほど(笑)。

野水 これまでと同じように、坂部剛さんによる作曲と渡部紫緒さんによる作詞の曲だからね。それと同時に、レコーディングを終えて完成した曲を聞いてみると、「sweet ARMSの曲だな」と感じるんですよ。自画自賛みたいですみません(笑)。でも、聞いた瞬間にわかるような個性がある私たちだから、待っていてくださるファンの方もいるのかなと思いました。

富樫 そうそう。私も自分なりの表現方法を考えてスタジオで歌ったのですが、完成した曲を聞くと見事にみんなの個性が調和しているんです。

――sweet ARMSらしさとは、どんなことだと思いますか。

富樫 メンバーがそれぞれ自由で、個性があって、表現にも遊びがあるのですが、不思議とまとまる。それがsweet ARMSのいいところだなと思います。

野水 声も調和がとれていますね。富樫と私の声は強めで、佐土原と味里がふんわりした声。ユニゾンにするときは、バランスをとって、富樫・佐土原と、味里・野水に分けることが多いんですが、第1期OPテーマの「デート・ア・ライブ」では富樫・野水、佐土原・味里で分かれたように“強さ”と“優しさ”どちらもいける。つまりは、相性がいいんだ思うんです。

――今回も、sweet ARMSの個性を発揮した、ファン待望の一曲になったわけですね。歌ってみた感想を教えてください。

野水 難しかったです(笑)。

富樫 うんうん。

野水 キャッチーなメロディなのですが、歌ってみると、難しくて何度もリテイクさせてもらいました。この不思議な感覚はぜひカラオケで試してほしいです(笑)。

富樫 低いところから高いところまで音のレンジが広くて、「デート」という物語をなぞるように音の展開も壮大なので、技術的にもかなり難しかったです。

――「I swear」の歌詞には、どんな感想を持ちましたか。

野水 “誓う”という単語が、意味深だなと思いましたし、原作を読んでいる方には響くのではないでしょうか。また、サビの最後を「私たちのデートを始めましょう」で締めるところが、前作の主題歌との繋がりを感じてうれしくなりました。

富樫 わかる! あと「III」で繰り広げられるであろうストーリーとリンクしていて、すごく切なくなりました。

――聞きどころを教えてください!

富樫 Dメロのソロパートにも注目してください。すごく深読みできる歌詞です。

野水 わかる! 精霊たちの気持ちに寄り添うとグッとくるよね。今での総まとめのような歌詞になっていると思います。

富樫 本当に胸が潰れそうになると思います。

野水 MVも楽しんでほしいなと思います。sweet ARMS史上、最大に激しい振り付けになっています。

富樫 今までのフリよりも、複雑で大変ですが、きっとかっこいいパフォーマンスになると思います。

――今後の活動で期待することを教えてください!

野水 ワンマンライブがしたいです!

富樫 いいね、海外でもライブをしたい!! 中国には「デート」ファンの方も多いようですし!

野水 ライブでお会いできたら、ぜひ振り付けをみんなも覚えて一緒に踊ってください!

対談後半では、キャラクターや物語について、「デート」の魅力を語っていただきます。

【取材・文:星政明】

■TVアニメ「デート・ア・ライブIII」

放送:AT-X:毎週金曜21:30~(リピート放送有り)

TOKYO MX:毎週金曜25:40~

テレビ愛知:毎週土曜深夜25:50~

KBS京都:毎週金曜深夜25:40~

サンテレビ:毎週日曜深夜24:30~

TVQ九州放送:毎週日曜深夜26:35~

BS11毎週土曜深夜27:00~

配信:dアニメストア:毎週金曜22:00~配信

AbemaTV:毎週金曜22:00~配信 ほか配信サイトにて配信

スタッフ:原作…橘公司(ドラゴンマガジン連載:ファンタジア文庫刊)/原作イラスト…つなこ/監督…元永慶太郎/シリーズ構成…白根秀樹/キャラクターデザイン…渡辺浩二/総作画監督…渡辺浩二・山川宏治/美術監督…備前光一郎/色彩設計…日野亜朱佳/撮影監督…大河内喜夫/編集…木村祥明/音響監督…えびなやすのり/音響効果…川田清貴/音楽…坂部剛/音楽制作…日本コロムビア/アニメーション制作…J.C.STAFF/製作…「デート・ア・ライブⅢ」製作委員会

キャスト:五河士道…島﨑信長/夜刀神十香…井上麻里奈/鳶一折紙…富樫美鈴/五河琴里…竹達彩奈/四糸乃…野水伊織/時崎狂三…真田アサミ/八舞耶倶矢…内田真礼/八舞夕弦…ブリドカット セーラ 恵美/誘宵美九…茅原実里/七罪…真野あゆみ 

リンク:アニメ「デート・ア・ライブⅢ」公式サイト

    公式Twitter・@date_a_info