新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

おとなしい子の大胆な行動にドキッ! 「デート・ア・ライブIII」富樫美鈴さん×野水伊織さん対談(後編)

2019年01月25日 18:00配信
おとなしい子の大胆な行動にドキッ! 「デート・ア・ライブIII」富樫美鈴さん×野水伊織さん対談(後編)

TVアニメ「デート・ア・ライブIII」第3話より

(C)2019 橘公司・つなこ/KADOKAWA/「デート・ア・ライブⅢ」製作委員会

「デート・ア・ライブIII」の魅力に、スタッフやキャストへのインタビューを通じて迫る連載企画。鳶一折紙役の富樫美鈴さん、四糸乃役の野水伊織さんの対談後半では、お二人の話を通じて、物語やキャラクターの魅力に迫ります。

――久しぶりにアニメのアフレコをした感想を教えてください。

富樫 折紙と最初に会った時は、彼女が何を考えているかまったくわからなかったんです。私と正反対で。折紙は物静かだけど、心に秘めているものが熱くて、士道くんには肉食系だし、精霊への憎しみの気持ちも強くて憧れていたんですよ。

野水 どこに!?

富樫 いや、積極的な部分にね(笑)。そんな正反対の彼女ですが、アフレコでは、すっと折紙を演じることができて、自分でもびっくりしました。やっぱり、大好きな士道や、ライバルの十香がいることによって、私の中にいた折紙がすんなりと目が覚めてくれたのかな。「III」では、今まで以上に折紙にいろいろなことが起こり、いろいろな表情の彼女が見られるようですが、プレッシャーに感じすぎずに、楽しく演じたいなと思っています。

野水 富樫は折紙と正反対と言いましたが、私と四糸乃の内面は近いと思っているんです。人見知りの部分が四糸乃で、友達と居るときがよしのんだなんて思って。だから、どちらも演じやすいし、また、四糸乃を演じられてうれしく思っています。

富樫 確かに、似ているかもね。

野水 今までのエピソードで特に印象に残っているのは、第2話。パンケーキを食べて喜ぶシーンがありましたが、第一期で士道に親子丼を作ってもらったときの気持ちを思いだして、すごく楽しくなって。少しはしゃぎすぎて、「感情を抑えるように」とディレクションが入りました(笑)。

――折紙と四糸乃について、どんなところが魅力的だと感じますか。

野水 折紙は、見た目がすごくタイプです! 実際に目の前に来たら、イヌ耳をつけてもらって、ベランダのプールでずっと泳がせたい(笑)。

富樫 士道への一途な思いは相変わらずで、第1話はすごかったですね。きっとファンの皆さんが待っていた折紙そのものだったのではないでしょうか。それに加えて、今後は初めて見る折紙の表情がたくさん出てくるので、そこも楽しみにしています。

野水 四糸乃はどんなところが好き?

富樫 四糸乃とよしのんの関係かな。

野水 彼女にとって、よしのんはヒーローなんだよね。だから、富樫が折紙に対して、自分もあんな風に積極的になれたらなと思うのと同じことを感じているのかもしれない。

富樫 そういう部分が四糸乃の中にあると思うと、よりかわいいと感じられるよね。それと同時に、四糸乃も強くなっているなと思います。

野水 そうかも。それが、第2話で士道のほっぺについたシロップをペロッとした姿なのかな。おとなしい子が、勇気を出して積極的な姿を見せる。そういうギャップにはキュンと来ますよね。

――ほかに「III」の見どころを教えてください!

富樫 盛りだくさんですよね。序盤に七罪が登場しましたが、彼女は今までにない変身能力をもった精霊なので、士道と精霊たちの関係に新風を吹き起こしてくれると思います。そうやって七罪も加わって、日常パートはさらに賑やかになりますが、逆に精霊たちが抱える暗い部分も際立ちます。それを吹き飛ばせるように、士道にはがんばってほしいです。

野水 総力戦という言葉がぴったりな「III」です。第1話から濃いですよね。七罪が現われて、明るく幸せな日常に影が落ちます。その過程で、たまちゃん先生やクラスメイトたちも登場して、すでに終盤なのではという密度の濃さです。これが続いていくのですから、一瞬たりとも見逃せません。

富樫 野水が言ったように、日常、バトル、士道と精霊たちの心の交流と、見逃せないシーンばかりの「III」なので、振り落とされないようについてきてください!

野水 皆さんも士道くんの気持ちになりつつ、精霊たちを応援していただけますと幸いです。

――ありがとうございます。最後に、リレー質問にお答えください。井上さんからは、「理想のデートを教えてください」というお題をいただきました。

富樫 昔はのんびりしたデートが理想でした。でも、今は、アミューズメントパークなどでアクティブにはしゃぐのもいいなと思うようになりましたね。

野水 私は、ジャンクションを見に行きたいです。

富樫 ジャンクション!?

野水 例えば、大黒ふ頭とか(笑)。大きな建造物が好きだから。工場の夜景も好きなのですが、私は車を運転できないので、ドライブで連れて行ってもらえるとうれしいですね。

――続けて、島﨑さんから「士道の好きなところを教えてください」というお題です。

野水 ご飯を作ってくれるところ。仕事から帰ってきたら、「今日はオムライスを作って待っていたよ」なんて言ってくれたらすごく幸せ!

富樫 最高だね! 士道くんの誠実なところもいいなと思います。自分の気持ちに嘘はつかないし、みんなにやさしい。そして、熱血ではないけれど、いつも全力でみんなのことを考えている。若いのにすばらしくしっかりした男子だと思います(笑)。

次回は、八舞耶倶矢役の内田真礼さんと八舞夕弦役のブリドカット セーラ 恵美さんの対談取材をお届けします。

【取材・文:星政明】

■TVアニメ「デート・ア・ライブIII」

放送:AT-X:毎週金曜21:30~(リピート放送有り)

TOKYO MX:毎週金曜25:40~

テレビ愛知:毎週土曜深夜25:50~

KBS京都:毎週金曜深夜25:40~

サンテレビ:毎週日曜深夜24:30~

TVQ九州放送:毎週日曜深夜26:35~

BS11毎週土曜深夜27:00~

配信:dアニメストア:毎週金曜22:00~配信

AbemaTV:毎週金曜22:00~配信 ほか配信サイトにて配信

スタッフ:原作…橘公司(ドラゴンマガジン連載:ファンタジア文庫刊)/原作イラスト…つなこ/監督…元永慶太郎/シリーズ構成…白根秀樹/キャラクターデザイン…渡辺浩二/総作画監督…渡辺浩二・山川宏治/美術監督…備前光一郎/色彩設計…日野亜朱佳/撮影監督…大河内喜夫/編集…木村祥明/音響監督…えびなやすのり/音響効果…川田清貴/音楽…坂部剛/音楽制作…日本コロムビア/アニメーション制作…J.C.STAFF/製作…「デート・ア・ライブⅢ」製作委員会

キャスト:五河士道…島﨑信長/夜刀神十香…井上麻里奈/鳶一折紙…富樫美鈴/五河琴里…竹達彩奈/四糸乃…野水伊織/時崎狂三…真田アサミ/八舞耶倶矢…内田真礼/八舞夕弦…ブリドカット セーラ 恵美/誘宵美九…茅原実里/七罪…真野あゆみ 

リンク:アニメ「デート・ア・ライブⅢ」公式サイト

    公式Twitter・@date_a_info