新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

自分史上でもっとも難曲に挑む! 「デート・ア・ライブIII」EDテーマ「Last Promise」を歌う山崎エリイに突撃!

2019年02月15日 18:00配信
自分史上でもっとも難曲に挑む! 「デート・ア・ライブIII」EDテーマ「Last Promise」を歌う山崎エリイに突撃!

山崎エリイさんの歌う「デート・ア・ライブIII」EDテーマ「Last Promise」が2月27日に発売!

七罪編から新たな展開へと盛りあがる「デート・ア・ライブIII」。そのEDテーマは声優やアーティストとして活躍する山崎エリイさんの「Last Promise」。一人でも大丈夫と気丈に振る舞う女の子の気持ちを歌った歌詞が、作品の世界を盛り立てます。

「デート・ア・ライブIII」の魅力に、スタッフやキャストへのインタビューを通じて迫る連載企画。今回は、そんな山崎エリイさんに話を伺いました。

――3枚目シングル「Last Promise」が本作のEDテーマに決まった一報の様子が、ホームーページで公開されていますが、スタッフからの伝言ゲームで知ったんですね。

山崎 はい、2ndアルバム「夜明けのシンデレラ」のMV撮影の最中でした。休憩中、スタッフさんが急にソワソワしだして、伝言ゲームを始めたんです。何が起こるんだろうと不安に思っていると、最後に私に耳打ちをして、「3枚目のシングルが『デート・ア・ライブIII』のEDテーマに決まりました!」と教えてくれました。「デート」が長く続いている人気シリーズというのは知っていましたし、その仲間に加わることができるんだなと幸せでした。

――映像では、涙を流す山崎さんの姿がありました。

山崎 感動の涙でした。人って、驚くと思考回路が停止するんだなと思いましたし、その驚きを受け止めた後には涙が止まらずに、撮影も中断させてしまいました(笑)。

――最初に曲を聞いた時の感想を教えてください。

山崎 ディレクターさんは、「山崎エリイ史上もっとも壮大な曲になる」とおっしゃっていたのですが、本当にそう。今までで一番難しい楽曲でした。音域も広くて、私が得意としている音より上下幅があって。歌詞の解釈も難しかったです。

――レコーディングには、アニメをご覧になって臨んだそうですね。

山崎 レコーディング時にはTVアニメ第1期を拝見して、その後、第2期、劇場版と一気に見てしまいました。

――「Last Promise」と「デート」の間に繋がりを感じましたでしょうか。

山崎 曲を聞いて思ったのが、歌詞の主人公とその相手の距離感の解釈がすごく難しいということ。なにかヒントはないかと、第1期を見たのですが、正直に言うと見つからなくて……。きっとそれが明らかになるのは、第3期を見てからなんでしょうね。そして、なにが“Last”な“Promise”に繋がるかわからず、レコーディングの日を迎えてしまい、自分で感じた歌詞の世界を歌うことにしました。

――どんな思いを込めましたか。

山崎 主人公は、誰かにもっと近づきたかったり、気持ちをぶつけたかったりするけれど、それができない状況にいます。そして、平気ぶって強がってはいるけれど、じつはただ仕方なくそれを受け入れていると感じて、その思いを歌に込めました。その私の解釈が正しかったのか、レコーディング中に何度もディレクターさんに確認し、何度もリテイクをさせていただきました。

――歌い方としては、どのようにアプローチしたのでしょうか。

山崎 最初は、悲しさを込めて淡々と歌っていました。でも、自分で聞き直したときに違和感を覚えたんです。単純に悲しさを受け入れるだけでいいのかなって。だから、サビに向けて感情を盛り上げていくように、気持ちの起伏をつけたら、しっくりときました。ただ、その気持ちを言葉にするのは難しくて……。そういう意味では、歌っている“その時”の感情を込めて、ライブなどで何度も歌いながら、育てていく曲だなと思っています。

――ここを聞いてほしいというポイントを教えてください。

山崎 歌詞は、主人公が「一人で大丈夫」と気丈に振る舞うという内容ですが、Dメロであどけないホンネがでてくるんですね。疾走感のメロディーとあいまって感じられる強さの中にある、そんな等身大の女の子の部分を見ていただければと思います。

――MVも収録されたそうですね。

山崎 「Last Promise」はいろいろな捉え方ができる楽曲なので、会議でもいろいろアイデアが出ました。そして、夕日の大人っぽいシーンと、森の中で歌っているガーリーシーンが混在する内容になりました。大人の私と、女の子っぽい私の両方を楽しんでいただけるとうれしいです。

――撮影は楽しかったですか。

山崎 はい! 休憩中、座るところがなかったので台車に乗ったのですが、それをスタッフさんが全力で引っ張ってくれて(笑)。怖かったけど、楽しかったです。物の気持ちがわかりました(笑)。

――カップリング曲「Shinny Sunny Sunday」についても教えてください。

山崎 最初に感じたのは難しいタイトルだということ。早口言葉みたいで「シャイニー シャニーシャンデー」と言ってしまっていました(笑)。キラキラしたメロディーのかわいらしい曲で、キャラソンっぽさを意識して歌っています。歌詞には女の子が好きなものがいっぱい登場するので、私も気持ちを盛り上げてキュートに振り切っています。「Last Promise」とはまたカラーが異なる一曲です。

――アニメについてもうかがいます。「デート」の魅力はどんなところにあると思いますか。

山崎 キャラクターがとってもかわいいです。女の子がみんな個性的で、士道くんとの掛け合いがすごく面白くて。そういう日常のシーンもいいのですが、シリアスなバックグラウンドや、戦闘シーンのかっこよさにも心をつかまれて……。ずっと見ていたいシーンの連続ですね。

――ちなみに好きなキャラクターはいますか。

山崎 四糸乃ちゃんです! 劇場版「万由里ジャッジメント」のデートが最高でした。ケンケンパで遊ぶ士道くんとのデートなど、四糸乃ちゃんの無邪気さ全開で、見ながらニヤニヤしてしまいました(笑)。

――ぜひ、続編があったら、出演することも期待しています!

山崎 通行人でいいから、ぜひ出演したいです!

――間もなく発売となる「Last Promise」。ファンの皆さんにメッセージをお願いします!

山崎 ファンの多い「デート」のEDテーマということで、最初はすごく緊張しました。でも、せっかく歌わせていただくのだから、たくさんの方に聞いていただき、この曲がもっと「デート」を好きになるきっかけになるといいなと思います。ファンの皆さんのイメージを壊さないように大切に歌わせていただきます!

――ありがとうございます! そして、内田真礼さんとブリドカット・セーラ・恵美さんからのリレー質問にお答えください。お二人からは「美しさのヒケツを教えてください♪」との質問をいただきました。

山崎 恐れ多いです(笑)。あえて言うなら、ずっと楽しいことを考えることですかね。私は笑い上戸で、いつもケラケラ笑っています。楽しいことを考えると体がじょうぶになって、風邪もひきませんしね。

――食事はどうですか?

山崎 大好きなものを食べることです。それはマグロ! お刺身を食べたり、鉄火巻きにしたり。マグロ食べ放題に行きたいです!

【取材・文:星政明】

■「Last Promise」

発売:2019年2月27日

価格:初回限定盤(CD+DVD)税別1900円、通常盤(CD)税別1300円

リンク:「山崎エリイ」公式サイト

    「山崎エリイ」オフィシャルサイト

    「山崎エリイ」オフィシャルブログ

    公式Twitter・@eriii_musicinfo