新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人男優賞 仲村宗悟さん

2019年04月10日 12:00配信
【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人男優賞 仲村宗悟さん

第13回「声優アワード」で新人男優賞を受賞した仲村宗悟さん

2019年3月9日、2018年度に最も活躍した声優を称える第13回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、新人男優賞を受賞した仲村宗悟さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

──新人男優賞の受賞を聞いていかがでしたか?

仲村 純粋に僕を選んでくださったことがうれしかったし、自分自身が一番驚きました。社長から「君が新人賞を受賞しました」という連絡があって、とにかくびっくりしたというのが正直な感想です。

──今回のアワードは、2017年10月~2018年9月の活動が評価されての受賞です。仲村さんにとってどんな1年でしたか?

仲村 2017年10月に、ちょうどアニメ「アイドルマスター SideM」と「TSUKIPRO THE ANIMATION」が同時に始まったんです。僕自身、レギュラーとしてTVアニメに出演するのが初めてだったので、濃密な時間を過ごさせていただきました。台詞も多いし、そのキャラクターが言葉に込めた想いをより深く考える時間になったと思います。作品が放送されて不思議な感じもありましたが、喜びと、ここはもっとこうできたんじゃないか、という反省の両方がありました。その経験がアフレコ以外の様々な活動にも生きたのではないかと感じた一年でした。

──TVアニメのレギュラーの仕事ならではの違いはありましたか?

仲村 毎週アフレコがあることですね。その日の反省点を持ち帰って、演技のこと、キャラクターのことを考えた上で翌週のアフレコに臨む繰り返しが役者として新しい経験でした。リテイクをもらった時に、自分でその意味を考えて、周りの仲間と話し合いながら演技を組み立てていく経験が、自分の声優としての土台を組み立てていく基礎になったと思います。

──同時期に演じた「アイドルマスター SideM」天道輝と「TSUKIPRO THE ANIMATION ― ツキプロ ジ アニメーション」の久我壱星というキャラクターを、どのように捉えて演じていましたか?

仲村 輝はすごく元気でまっすぐで、熱いキャラクターです。壱星は冷静で思慮深く、周りに気を使いすぎて自分を抑えてしまうキャラクターなので、2人はまったく真逆な性格です。だから2人を同じ時期に演じるのに、自分の心をどう切り替えればいいのかなと最初は悩みました。でも先輩方は、それを役者としての日常の中で切り替えているんですよね。共演させていただいている役者さんたちの背中を見て、現場ごとに全く空気が違うな、すごいなと思いながら学ばせてもらっています。

──声優という仕事を選んでよかったと思うのはどんな時ですか?

仲村 自分は挑戦することがすごく好きなんです。その中でも、自分とは違う誰かの人生を演じることができるのって、役者だけだと思うんです。自分ではない誰かの声帯になって、その人の人生を表現している時に、声優の道を選んでよかったなと思います。悔しいことも多いですが、それ以上に最高だって思う瞬間が多いです。

──演技以外の活動で、印象に残った仕事ってありますか?

仲村 千葉のFMラジオ局「bayfm」でパーソナリティをやらせていただいてるんですが、地上波のラジオなのでアニメが好きな人以外も聴いているんですね。トラックの運転手さんやタクシードライバーの方、幅広い層から反応があるんです。そのラジオ関連のイベントで、メインMCを担当したんです。その日は乃木坂46さんをはじめとしたアーティストさんがたくさん出演するんですが、それぞれのファンにどうすれば楽しんでもらえるのか、頭を使ったのはとても良い経験になりました。同じ局でパーソナリティをしている森久保祥太郎さんにも、きっと勉強になるよと言ってもらえました。

──声優として、役者として憧れる人はいますか?

仲村 現場ではこの人のこういうところを見習いたい、盗みたいと思うことはたくさんあります。誰か一人となると、やはり事務所の先輩であり、七色の声を持つ声優として知られる山寺宏一さんです。目標とするというには、あまりに遠い存在なのですが。山寺さんはものすごく気を使う方で、事務所のイベントでもスタッフや後輩に対して自然に細やかな気遣いをされていて、人間としてもめちゃくちゃ尊敬しています。

──これからの声優としての目標を教えてください。

仲村 僕は声優としての経験値がまだまだ少ないです。だからオーディションで役を勝ち取って、たくさんの人生を演じることが目標です。演じてみたい役としては、僕は「マクロス7」がものすごく好きだったので、機体やロボットに乗って戦う役柄をやってみたいです。

──最後に読者にメッセージをお願いします。

仲村 この賞をいただけたのは、皆さんの応援があってこそです。皆さんの応援がうれしいし、心の支えになっています。でもそこに甘えてしまっては成長できないと思うので、もっといろいろな作品で皆さんを楽しませられるように精進していきます。これからも応援、よろしくお願いします。

●なかむら・しゅうご/7月28日生まれ。沖縄県出身。アクロスエンタテインメント所属。主な出演作に「アイドルマスター SideM」「アイドルマスター SideM 理由あってMini!」(天道輝)、「TSUKIPRO THE ANIMATION」(久我壱星)など

撮影=田上富實子 取材・文=中里キリ

■第13回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:内田雄馬

●主演女優賞:三瓶由布子

●助演男優賞:古谷徹、三宅健太

●助演女優賞:芹澤優、東山奈央

●新人男優賞:天﨑滉平、石井マーク、落合福嗣、仲村宗悟

●新人女優賞:石見舞菜香、楠木ともり、林鼓子、本泉莉奈、本渡楓

●歌唱賞:ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-

●パーソナリティ賞:諏訪部順一

●功労賞:緒方賢一、京田尚子

●シナジー賞:ポプテピピック

●富山敬賞:山口勝平

●高橋和枝賞:かないみか

●キッズファミリー賞:TARAKO

●特別賞:ちびまる子ちゃん

●外国映画・ドラマ賞:森川智之、甲斐田裕子

●ゲーム賞:東山奈央

●インフルエンサー賞:南條愛乃

●MVS(Most Valuable Seiyu):神谷浩史

※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。

リンク:「声優アワード」公式サイト