新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人女優賞 楠木ともりさん

2019年04月10日 12:00配信
【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人女優賞 楠木ともりさん

第13回「声優アワード」で新人女優賞を受賞した楠木ともりさん

2019年3月9日、2018年度に最も活躍した声優を称える第13回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、新人女優賞を受賞した楠木ともりさんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

――楠木さんの2018年は「メルヘン・メドヘン」で幕を開けました。

楠木 私が声優になって、初めてスタジオオーディションまで進んだ作品が「メルヘン・メドヘン」だったので、すごく幸せなことだなと感じていました。そこから始まって、ひとつひとつの作品を忘れないように、自分のものにしていけるようにということを心がけて、たくさんの作品に向き合ってきた1年だったなという感じですね。「メルヘン・メドヘン」は初めてのことが多かった作品ですし、そもそもセリフ量が多いキャラクターだったので、精神面でも技術面でも成長につながったのが葉月ちゃんかなと思います。

――「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(以下「GGO」)」は大きな注目を集めた作品でした。

楠木 「ソードアート・オンライン(以下「SAO」)」の外伝ということで、大きなプレッシャーがありまして……ここで失敗できないなと(笑)。放送が始まる前から作品への期待値の大きさを実感していたので、自分の100%以上の力を出さなきゃいけないと思っていました。作品的にはギャグシーンもありつつ、戦闘シーンは緊張感があって、いいバランスでアフレコに挑めたことで、これもまた成長につながったと思います。

――「SAO」にバトンをつなぐ役割は果たせたと思いますか?

楠木 だといいなと思います(笑)。「GGO」ではエンディングテーマも歌わせていただいて、いろんな場所で歌う機会もありました。リリースイベントではファンの皆さんと至近距離でいっしょに盛り上がって、そのときに感じたのは、ファンの方の中には私を応援してくれるだけじゃなくて「楠木ともりという子がいるんだよ」ということを周りに広めてくださっている方が、たくさんいらっしゃって。「アニサマ」(「Animelo Summer Live 2018 "OK!"」)のときもピンクのペンライトを配ってくれたりしていたみたいで、ファンの皆さんが私のことを影でいろいろと支えてくれていたんだということが伝わってきて。それがすごく温かい気持ちになって、うれしかったです。

――楠木さんは活動するうえでの指針として「みんなの心にあかりを灯す」ということをよくお話しされていますが、逆にファンからあかりを灯されている感じもありますね。

楠木 本当に灯し合いというか、知らない間に私が皆さんから灯してもらう側になっていたということに気づけた作品でもあったので、「GGO」は私自身の考え方が変わるきっかけにもなりました。

――2018年の秋は「アニマエール!」に舘島虎徹役で出演されました。

楠木 メインキャラ5人の中のひとりというところで、これも新たな感覚でした。役としてもただかわいいだけじゃないというか、毒舌なキャラなので「セリフで遊ぶ」ということを初めてやらせてもらえたのが「アニマエール!」だったなと思います。イベントでは踊ったりもしたんですけど、自分的にはあまり得意分野ではないので、始まる前はすごくドキドキしていました。でも、いざやってみると楽しいですし、それを見てファンの方が喜んでくれて、応援してくれて……というところにつながっていったので、踏み出してよかった一歩だったなと思いました。

――プロ野球の埼玉西武ライオンズと「アニマエール!」のコラボで、始球式も経験されました。

楠木 始球式は父が一番びっくりしていました。父は野球好きなんですけど、「もし息子がいたらキャッチボールをしたかった」とずっと言っていて、私が「始球式に出るよ」と言った瞬間に投げ方を教えてくれたんです。まさか声優人生でマウンドに立つとは思ってもいませんでしたし、父の夢も叶えてしまったんじゃないかと(笑)。野球以外にバスケも応援させていただいたりして、本当にいろんな活動をやらせていただきましたね。

――ちなみに、ライオンズはあの始球式の日から12連勝して、見事にリーグ優勝を果たしました。これも楠木さんと「アニマエール!」のおかげだなと(笑)。

楠木 おかげかどうかはわからないですけど、「ここで投げて負けちゃったらどうしよう!?」って、すごいプレッシャーだったので……。12連勝していただいて、むしろ私のほうが「ありがとうございます」という気持ちです(笑)。

――最後に、ファンへのメッセージをお願いします。

楠木 いつも応援していただき、本当にありがとうございます。お手紙やメッセージをいただくたび、イベントでお会いするたびに、皆さんからの温かい応援をすごく実感していて、大切にいつも受け取らせていただいています。これから先も、変わらず応援していただけたらうれしいですし、私も皆さんに灯してもらったあかりをしっかりお返しできるように、今まで通りに、そしてそれ以上に全力でお仕事に向き合っていきたいと思います。これからも末永く応援していただけるとうれしいです。

●くすのき・ともり/12月22日生まれ。東京都出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。主な出演作に「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」(レン)、「メルヘン・メドヘン」(鍵村葉月)など

撮影=田上富實子 取材・文=仲上佳克

■第13回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:内田雄馬

●主演女優賞:三瓶由布子

●助演男優賞:古谷徹、三宅健太

●助演女優賞:芹澤優、東山奈央

●新人男優賞:天﨑滉平、石井マーク、落合福嗣、仲村宗悟

●新人女優賞:石見舞菜香、楠木ともり、林鼓子、本泉莉奈、本渡楓

●歌唱賞:ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-

●パーソナリティ賞:諏訪部順一

●功労賞:緒方賢一、京田尚子

●シナジー賞:ポプテピピック

●富山敬賞:山口勝平

●高橋和枝賞:かないみか

●キッズファミリー賞:TARAKO

●特別賞:ちびまる子ちゃん

●外国映画・ドラマ賞:森川智之、甲斐田裕子

●ゲーム賞:東山奈央

●インフルエンサー賞:南條愛乃

●MVS(Most Valuable Seiyu):神谷浩史

※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。

リンク:「声優アワード」公式サイト