新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「盾の勇者の成り上がり」ラフタリア役・瀬戸麻沙美×フィーロ役・日高里菜対談第2弾【後半】「パパを取り合う“姉妹”から“親子”のような関係に」

2019年05月17日 18:30配信
「盾の勇者の成り上がり」ラフタリア役・瀬戸麻沙美×フィーロ役・日高里菜対談第2弾【後半】「パパを取り合う“姉妹”から“親子”のような関係に」

「盾の勇者の成り上がり」より

(C)アネコユサギ/KADOKAWA/盾の勇者の製作委員会

現在、好評放送中のTVアニメ「盾の勇者の成り上がり」。その放送を記念して、スタッフ&キャストによるリレー連載をお届けします。

第13回は、ラフタリア役の瀬戸麻沙美さんとフィーロ役の日高里菜さんが2度目の登場となります。後編では、第18、19話の振り返りを中心に、尚文、ラフタリア、フィーロの関係性について語っていただきました。

――第18話から教皇との戦いが始まりました。

瀬戸 最初に登場したときから、絶対この人は何かあるって思っていました(笑)。

日高 あの攻撃(裁き)は反則!

瀬戸 強かったですね。三勇教の信者たちの力でもあるんですが、いいにせよ悪いにせよ、信じる力って強いんだなと実感させられました。

日高 教皇もすごかったんですが、私は改めてフィーロが優秀だと思いました。最初の攻撃がくる前に「上にいっぱい盾出して!」と言って、みんなを守ろうとするんです。フィーロが気付かなかったら、みんなどうなっていたんだろうって。

瀬戸 “みんな”を守ろうとしたのが偉いですよね。

日高 そうなんです。自分の仲間だけじゃなくて、元康たちもちゃんと守ろうとして。なんて偉い子なんだって思いました。

――同じく第18話では元康との戦いがあり、第19話で四聖勇者が共闘することになりました。

瀬戸 第18話は「元康さん、またですか」という感じでしたね(笑)。尚文がせっかく打ち解けようと歩み寄ったのに、錬と樹を殺したという壮大な誤解から攻撃してきて。尚文は「その眼で見たのか」ってちゃんと確認したのに。

日高 元康は「自分の胸に聞いてみろ」って言っていましたけど……。

瀬戸&日高 お前がなー!(笑)

日高 元康はイラっとさせられることも多いんですが、ちょっとしたコメディ要素があるので、憎みきれないのも事実なんですけどね。

瀬戸 第18話でもフィーロに吹き飛ばされていましたよね。「あ~!」って。

日高 あの台詞は高橋(信)さんがいろんなパターンを録ったこだわりの台詞で、私たちもどのパターンがオンエアで採用されているのか楽しみでした。

瀬戸 高橋さんがどんなお芝居を見せてくださるんだろうという意味では、毎回、元康に期待しちゃいますよね。

日高 元康はフィーロと絡むことが多いので、その意味でも楽しみです。二人がどんなやりとりをして、フィーロはどうやって元康をやっつけるのか毎回期待してしまって(笑)。今回みたいにフィーロが思い切り蹴飛ばすところを見ると、すごく癒されます。

――第19話では、尚文が元康を含む三勇者にこれまで募らせてきた怒りをぶつけます。

日高 元康は見るからにダメそうな人という印象があるんですが、ほかの二人もわりとダメなところがありますよね。一応は共闘関係になりましたが、四人のやりとりを見ていると本当にみんな反省しているのかなと(笑)。

瀬戸 錬なんてすごく勇者っぽいのに、やっぱりどこか残念で。2クール目に入ってから尚文の言葉に耳を傾けるような場面がありましたし、今回やっと一緒に戦うことになって期待が高まりましたが、尚文にツッコミを入れられているのを見るとまだ信じ切れないですね。

日高 三勇者との関係はこの先も一筋縄ではいかないので、どんなやりとりを見せてくれるのか楽しみにしていただけたら嬉しいです。

瀬戸 でも、私は元康みたいに生きたいです。

日高 え? いきなり、どういうこと!?

――元康のような生き方とは?

瀬戸 散々尚文に迷惑を掛けたのに、違うとわかったら「そうか、違ったのか」って気持ちを切り替えられるような生き方ですね。痛みに疎いというか。

日高 確かに、まわりを振り回しまくるけど、幸せといえば幸せな生き方かもしれないですね。自分が濡れ衣を着せてきたのに、「濡れ衣とは、尚文、本当にツイてないな」って、この人は一切自分が悪いとは思っていないんだってびっくりしました。

瀬戸 普通だったら罪悪感を持ったり、申し訳なく思ったりしますよね。彼はかなり鈍感なんだと思います。でも、人生そういう鈍感さが大事になる場面もあるなと感じることもあるので、ちょっとくらい分けてほしいと思うんです。

日高 そのほうが楽だけど、やっぱり気を遣える人間でいたほうがいいよ!

瀬戸 なかなか難しいですね!

――現在の尚文、ラフタリア、フィーロの関係性についてはいかがですか?

瀬戸 メルティが加わったことによって、三人のときよりもチーム感が深まったなと感じます。

日高 尚文とラフタリアにパパ味、ママ味を感じるようになりました。第7話の温泉のときは、“パパを取り合う姉妹”という関係性だったのに、話数を重ねて尚文とラフタリアが夫婦のようになって、フィーロが娘のような感じになってきているなと。

瀬戸 ラフタリアも成長しているのかなと感じますね。一番驚いたのは、第14話でフィーロの食事マナーを注意したところ。雑な食べ方をしているフィーロを怒ったんです。大人になったなって思いました。……でも、ちょっと怒りすぎじゃない?とも思いましたけど(笑)。

日高 人のお家ですからね、仕方ないです! でも、ラフタリアは以前よりもさらにしっかり者になった印象があります。

瀬戸 ラフタリアから見るとフィーロもメルティも自分より年下の女の子なので、面倒を見たがるようになったのかもしれないですね。

日高 あと、尚文に対してもちゃんと言うことは言うようになりましたよね。

瀬戸 尚文の剣として忠実に従ってきたラフタリアも、最近はちょっと“オカン味”を出すようになりました(笑)。「尚文さまはこれだから……」と呆れるようなそぶりも増えましたし。「ナオフミ様の一番近くにいるから一番理解してあげている」という今のラフタリアの立ち位置がすごく好きですね。

日高 だからこそ、尚文が元いた世界に帰ろうとしているのが気が気じゃないのかもしれないですね。尚文が帰ることを示唆すると、ちょっと寂しそうにするのが見ていてつらくなります。

瀬戸 この旅がずっと続くわけじゃない、今が幸せであればあるほど失うのが怖くなるという感覚があるんでしょうね。たぶん、それはフィーロもそうなんだろうなと思います。

――これまでで印象に残っているエピソードやシーンを教えていただけますか?

日高 近いところだと第16話のタイラントドラゴンレックスとのバトルがとにかくカッコよかったです。ラフタリアが走っていくところは劇場版を見ているかのような迫力と臨場感があって、スタッフさんが頑張りすぎてないか心配になりました。

瀬戸 毎回思いますが、「盾の勇者」は映像がきれいですよね。戦闘は迫力がありますし、女の子はかわいいですし、見ていて本当に楽しいです。

日高 ラフタリアとフィーロはこの先もまだまだ強くなっていくので、戦い方もまた変わってくると思います。どんな映像になるか、楽しみにしていただきたいです。

瀬戸 私は本編ではないんですが、2クール目のエンディングが大好きです。藤川(千愛)さんの歌も映像も素敵で。紙芝居のように画が変わっていく中にドラマがあるんです。戦い続けながらも、お金が必要だからみんなで商品を売って、でも尚文は「俺は人相が悪いから人がこなくなる」なんて言って、荷台で寝ている……みたいなシチュエーションが想像できて。毎回、温かみのある歌と映像が素晴らしいなと思いながら見ています。

日高 ラフタリアもかわいいですよね。見ていてキュンとします。

瀬戸 ラフタリアがお花屋さんの前にいるときに雨が降って、不意に雨が止んだと思ったら尚文がマントを掛けてくれていた……というシーンが特にキュンキュンしました。

日高 OPもMADKIDさんの歌がカッコいいですし、映像も動きまくりで、何度も見ちゃいました。本当に「盾の勇者」は音楽も映像もすごくて、演じている身からしても嬉しくなります。

――物語もいよいよ佳境を迎えますが、第20話以降の見どころを教えていただけますか?

瀬戸 きっと皆さんが気になっていることと言えば、新OPに登場する謎のキャラクターだと思います。この先、当然、尚文たちに大きく関わってくるので、どんなキャラクターなのか楽しみにしていただけたら嬉しいです。

日高 今まで登場してきたキャラクターたちとはまた違ったポジションのキャラクターなので、尚文の関わり方も全然違うものになります。ぜひ楽しみにしていてください。

【取材・文:岩倉大輔】

■TVアニメ「盾の勇者の成り上がり」

放送  :AT-X…毎週水曜22:00〜

     TOKYO MX…毎週水曜25:05〜

     テレビ愛知…毎週水曜26:35〜

     KBS京都…毎週水曜25:05〜

     サンテレビ…毎週水曜25:30〜

     TVQ九州放送 …毎週水曜26:35〜

     BS11…毎週水曜25:30〜

配信  :ひかりTV、dTVチャンネル 【ひかりTVチャンネル+】 ほか

スタッフ:原作…アネコユサギ(MFブックス『盾の勇者の成り上がり』/KADOKAWA刊)/原作イラスト…弥南せいら/監督…阿保孝雄/シリーズ構成…小柳啓伍/キャラクターデザイン・総作画監督…諏訪真弘/音響制作…グロービジョン/音響監督…郷文裕貴(グルーヴ)/音楽…Kevin Penkin/アニメーション制作…キネマシトラス

キャスト:岩谷尚文…石川界人/ラフタリア…瀬戸麻沙美/フィーロ…日高里菜/天木 錬…松岡禎丞/北村元康…高橋 信/川澄 樹…山谷祥生/メルティ…内田真礼

リンク:アニメ「盾の勇者の成り上がり」公式サイト

    公式Twitter・@shieldheroanime