新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「この作品がヒットしないわけがない」細谷佳正、熱弁!TVアニメ「彼方のアストラ」先行上映イベントレポート

2019年07月10日 12:00配信
「この作品がヒットしないわけがない」細谷佳正、熱弁!TVアニメ「彼方のアストラ」先行上映イベントレポート

TVアニメ「彼方のアストラ」先行上映イベントに出演された細谷佳正さんと水瀬いのりさん

(C)篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会

2019年7月1日(月)、東京・EJアニメシアター新宿でTVアニメ「彼方のアストラ」の第1話先行上映イベントが開催されました。会場は満員御礼で、1時間スペシャルとなる第1話の上映直後から、来場者たちの鳴り止まない拍手が場内に響きました。その後は、ニッポン放送のアナウンサー・吉田尚記さんが進行を務める、キャストトークショウに移行。カナタ・ホシジマ役の細谷佳正さんと、アリエス・スプリング役の水瀬いのりさんが登壇しました。

「聞かなくてもわかるけど、あえて聞く。(第1話は)おもしろかったですか!」と、この日を待ちきれなかったといわんばかりのテンションで口火を切ったのは細谷さん。水瀬さんによれば、細谷さんがこの作品にかける情熱は相当なものとのこと。「原作コミックが連載終了から時間を経た2019年に「マンガ大賞2019」で大賞に輝き、そして満を持してのアニメ放送。これはもう大ヒットするところまで、すべてが何者かによって仕組まれているとしか思えない」という熱弁を、毎週のようにアフレコ現場で聞いているとのことです。

本作では、主人公・カナタが視聴者の代表的な目線ともなるので、細谷さんはリアクションの鮮度を保つためにアフレコと同時進行で原作を少しずつ読み進めていたそうです。ところが水瀬さんによると、アフレコ現場では思わぬハプニングもあったそうです。「現場では、細谷さんが"ネタバレを踏んで"しまわないよう、ほかのキャストたちは細心の注意を払っていました。それなのに、音響監督の飯田(里樹)さんが、それを無視してさらっとネタバレを口にしたりするんですよ!(笑)」

続いて、キャスティングに関する秘話も披露されました。本作ではキャストを決める際、オーディションを行うのではなく1人1人が指名されたとのこと。細谷さんは当時を振り返り「オーディションを受け(て、その結果として役をいただけ)ると、みなさんに認めてもらえたんだという気持ちを持てます。ですが直接ご指名をいただくと、ありがたい一方で「本当に自分でいいんですか?」とも思ってしまうんです」と述懐。水瀬さんも「わかります! 私もアリエス役のお話をいただいて作品について調べたら、メインヒロインでビックリしました。最初は「もしかしたら1話ずつヒロインが変わる作品なのかもしれない……」と思ったくらいです」と同意し、吉田アナからは「どれだけ疑い深いんですか!(笑)」と軽快なツッコミが。お二人のコミカルさすら感じられるほどの謙虚な姿勢に、場内が温かい笑いに包まれました。

そうして、他のキャストも指名されているのかどうかを聞かされないまま現場に入った水瀬さん。自分だけが指名をもらえたのか、他のキャストもそうなのかを確認するのにとても気を使われたそうです。「"私は指名をいただいたのですが、みなさんはオーディションだったのですか?"なんて聞いたら失礼ですよね。ですので(他のキャスト陣に)聞けずにいたのですが、第1話のアフレコ現場で全員が指名だったとわかって安心し、「もうみんなズッ友だよ!」と思いました(笑)」。

さらに、お二人がスクリーンに映し出されたカラー設定画を見ながら、各キャラクターについて語り合うコーナーも。主人公・カナタに関して「彼という存在がいなければ、B5班はなりたたない」と切り出したのは水瀬さん。「カナタのように、"イジれる"リーダーはとてもありがたい存在ですよね。この人といっしょにバカなことをしてみたい、と思わせてくれます」と語ります。

そんなカナタを演じる細谷さんは「最初は、キャラクターに少し影のある雰囲気を持たせようかと考えていたんですけど、それは必要ないなと思いました」とコメント。カナタの役作りを決定づけたのは、第1話アフレコ現場での安藤正臣監督の挨拶がきっかけだったそうです。「監督が初日アフレコのとき、挨拶で「このアニメを見た人が『来週はどうなるのかな、さぁ明日もがんばろう』と思える明るい作品にしたい」と仰っていて、それを聞いてカナタのキャラクターはこうしようと、自分の中で方向を定める事ができました」。

アリエスについては、「とにかくイヤミがない天然で、人を温かい気持ちにさせる巻き込み型です」と水瀬さん。最初は"自分のどんなところをアリエスらしいと思って指名してくれたのか"を探るところからのスタートだったと振り返ります。アフレコでは、ボールドと呼ばれるキャラクター名の表示が映像の上に乗っており、声優はそのボールドの表示時間内に収まるように演じるのが普通ですが、本作の現場では「(アリエスは)ボールドを気にせず演じて構いません」とディレクションされたそうです。「カナタは鋭くツッコミを入れますが、アリエスはそれをゆっくり、ゆっくりと受け止める女の子。アフレコでは、彼女ならではのテンポを出すことを心がけています(水瀬さん)」。

そして細谷さんは「アリエスの最大の魅力は、水瀬さんが演じていること」と力説。会場が笑いに包まれるなか、いわゆる"ネタ"で言っているわけではない理由を次のように語ってくれました。「大抵、面白いことをやるときって、笑いを取りに行くぞ、という雰囲気が出てるなと感じるんですけど、水瀬さんにはそれがないんですね。気がついたらもう面白い。面白く演じられる人は沢山いるけど、水瀬さんのアリエスは面白いし、ちゃんと可愛いところが凄いなと思います。コメディエンヌとして、素晴らしい才能を持っている人だなと思いました」。

唐突な"水瀬いのり、コメディエンヌ説"を聞いた水瀬さんはひとしきり笑って「人生でコメディエンヌと呼んでいただけたのは初めてです! 今日は、私がおばあちゃんになっても語り継いでいきたいことができました(笑)」と語りました。

話しても話しても話題と笑いがつきないトークショーはあっという間に1時間が経過し、惜しまれながらも終了の時間に。細谷さんは「第1話、おもしろかったですよね? 原作が気になった方もいると思います。ぜひ買ってください」と大プッシュしつつ「でも、アニメの最終回が終わるまでページは開かないでほしい。先入観も思い込みもない状態で、観て楽しんでほしいです」と最後まで熱量に満ちた挨拶を披露。続けて水瀬さんが「私たち2人が登壇しただけでこんなに話せてしまうのは、それだけ作品に向けられた愛や思いがすごいからです。いつか、B5班全員でみなさんの前に立てたらと思います。第2話以降も楽しみにしてください!」と挨拶し、先行上映イベントは幕を閉じました。

TVアニメ「彼方のアストラ」は、AT-X、TOKYO MX、テレビ愛知、KBS京都、サンテレビ、BS11にて毎週水曜日に好評放送中。篠原健太さんによる同名の原作コミックスは、集英社より全5巻が好評発売中です。

■TVアニメ「彼方のアストラ」

放送:AT-X…毎週水曜21:00~ ※リピート放送あり

   TOKYO MX…毎週水曜25:05~

   テレビ愛知…毎週水曜26:35~

   KBS京都…毎週水曜25:05~

   サンテレビ…毎週水曜25:30~

   BS11…毎週水曜25:30~

配信:dアニメストア、Amazon Prime Video…毎週水曜21:30 他

■「彼方のアストラ」Blu-ray/DVD BOX 上巻(第1話~第6話)

発売日:2019年10月25日

価格:Blu-ray税別1万8000円、 DVD税別1万6000円

【初回生産特典】

1:スペシャルアウターケース

2:キャラクターデザイン・黒澤桂子描き下ろしデジパック

3:B5班キャンプ日誌

4:原画集

5:スペシャルソングCD Vol.1

【毎回特典】

1:スペシャルWEB予告

2:ノンクレジットOP・ED

3:キャストオーディオコメンタリー

■「彼方のアストラ」Blu-ray/DVD BOX 下巻(第7話~第12話)

発売日:2019年12月25日

価格:Blu-ray税別1万8000円、 DVD税別1万6000円

【初回生産特典】

1:スペシャルアウターケース

2:キャラクターデザイン・黒澤桂子描き下ろしデジパック

3:B5班キャンプ日誌

4:原画集

5:スペシャルソングCD Vol.2

【毎回特典】

1:スペシャルWEB予告

2:キャストオーディオコメンタリー

3:PV・CM集

リンク:TVアニメ「彼方のアストラ」公式サイト

    公式Twitter・@astra_anime