新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「プランダラ」ペレ役 市川蒼インタビュー! 「腹の底が読めないペレ。彼は一体何者なのか。期待しながら本編を見てください」

2020年03月11日 23:30配信

TVアニメ「プランダラ」よりペレ役市川蒼さん
TVアニメ「プランダラ」よりペレ役市川蒼さん
(C)2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会

シリアスな展開へ突入したTVアニメ「プランダラ」。Web Newtypeでは放送をさらに盛り上げるべく、スタッフ&キャストのリレーインタビューをお届けします。第5回はペレ役の市川蒼さんのインタビュー。暴走するリヒトー=バッハをめぐる戦いが描かれる第10話の放送を迎え、ペレ視点から物語の見どころをうかがいました。

――改めて原作の「プランダラ」をお読みになったときの印象をお聞かせください。

市川 原作を読ませていただいたのは、「プランダラ」のオーディションを受けた時とペレ役に決まった時でした。原作を読み始めると、ページをめくる手が止められない。次の展開がすごく気になるお話だなというのがファーストインプレッションです。登場したキャラクターの伏線が、次々と回収されていく展開がおもしろくて、読んでいて気持ちがいいし、作品のなかに引き込まれていくんです。読者はキャラクターの誰かに感情移入するだろうし、推しキャラができる作品だなと思いました。

――市川さんの推しキャラは?

市川 やっぱり自分が演じていることもあって、ペレが推しキャラです。どんどん印象が変わるキャラクターですよね。ペレ以外だとアレクもいいですね。かっこいい。

市川蒼さん演じるペレ
市川蒼さん演じるペレ
(C)2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会

――現在放送されるアニメ第10話あたりだと、ペレは謎に満ちたところもありますね。

市川 ペレは腹の底が見えないキャラクターなんです。ペレのアニメでの初登場は第3話でしたが、その段階だと、「ちょっと不真面目な部下」という印象だったと思います。そこから、だんだん「不真面目な部下」とは違う一面が見えてきて。ペレって本当は何者なんだろうという疑問が出てくると思います。ぜひ、ペレに注目してみてください。

――そんなミステリアスなペレという役柄を演じるにあたり、市川さんはどんな役づくりをしていきましたか。

市川 最初のアフレコのときに、音響監督さん(えびなやすのり)から、「あまり含みを持たせないでほしい」と言われました。ペレが本当はどんな人物なのか知っていても、台本の字面通りに演じてほしい、と。なので、なるべくセリフの意味のまま演じるようにしています。あと、ペレがデフォルメされて描かれるシーンもあるので、そういうときのバランスは気をつけています。

――初登場の第3話では、ギャグのシーンも多かったですね。アフレコ現場の雰囲気はいかがでしたか?

市川 第3話の台本をいただいたときに、初めて香盤表(出演者リスト)を見ました。そこでリヒトー=バッハ役が中島ヨシキさんで、陽菜役が本泉莉奈さんで、リィン役が小澤亜李さんだと知って、実際にアフレコ現場に行ってみたら、原作でイメージしたとおりの声で、みんなバッチリ合っていました。

――上官であるリィン=メイとのシーンも多いですが、小澤さんが演じるリィンの印象はいかがでしたか。

市川 リィンは本当に真っすぐで、裏表がない印象です。「いい子」というひと言で彼女の全てが表わせるような純粋な人なんです。小澤さんの演技もリィンそのものでした。僕がイメージしていた姿でもあり、原作で描かれていたそのままのリィンだったので、ペレとの掛け合いのシーンもすごくやりやすかったです。

――ペレは、ピュアなリィンをちょっとからかうような一面がありますよね。

市川 ペレのことばは強めなので、イジめているように見えないようにするバランスが難しかったのですが、小澤さんが僕のことばをギャグにしてくれるような演技をされていて。小澤さんに上手く引き出していただいた感じがありました。ペレのことばを柔らかい印象に変えていただけたなと思います。

第4話よりリィンとペレ
第4話よりリィンとペレ
(C)2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会

――ペレを演じるときに、役柄をつくり込んでいる感じはありますか。

市川 最初はつくり込んで演技しようと思っていました。でも、そうすると「ウソ」になってしまうと思ったんです。ペレは隠された部分があるので、そこに真実味をもたらせるためには、つくり込まないほうがいいだろうなと思って。あまりつくることを意識しないようにしています。

――市川さん自身にペレと似ている部分はありますか?

市川 自分の内面を出さないというか……自分の話をしないところは、似ているかもしれません。

――自分の話は苦手ですか?

市川 そんなことはないんですけど、あまり自分からは話さないですね(笑)。

――第8話ぐらいから、物語もシリアスなトーンになっていきます。収録現場の雰囲気は変わりましたか?

市川 収録現場はいつもすごく明るい雰囲気がありました。第7話のようなギャグ回では、その現場の雰囲気のまま、楽しく収録ができたのですが、第8話以降のシリアス回では収録が始まるとギュッと緊張感が高まるんです。僕も身が引き締まる思いがあって、「今日は大事な回なんだな」と改めて感じながら収録に臨むことができました。

――中島さんが演じるリヒトーの印象はいかがでしたか。

市川 僕が初めて参加した第3話のときから、ヨシキさんはすごいなと思いました。ギャグのシーンは突き抜けた演技をされますし、シリアスなシーンは重く演じる。その雰囲気のギャップがすばらしかったです。ペレもギャグのシーンとシリアスなシーンの演じ分けが必要なので、ヨシキさんのお芝居を参考にさせていただいていました。

――放送されている第10話では、暴走したリヒトーが登場しています。リヒトーの変化については、どのような印象をお持ちでしたか。

市川 第1話のころから彼は人に心を開かない一面があったと思うんです。でも、その心の奥に抱えていたものがやっと表に出てきたなと。ここから、さらにおもしろくなるぞと思いました。それから、リヒトーは主人公だけど、まわりの人に支えられている存在なんだなとも思えて、リヒトーの人間らしさも感じました。

――ヒロインの陽菜は、第10話以降ともに行動する存在になっていきます。陽菜の印象をお聞かせください。

市川 陽菜はブレない強さがあると思います。力強さではなくて、メンタルの強さですね。まあ、サバイバル能力もすごくありますけど。リヒトーに救われたことがあるから、リヒトーを助けたいと思っている。その思いをずっと持ち続けている陽菜は、純粋にすごいなと思います。

――本泉さんの陽菜はどうでしたか。

市川 声がすごく可憐なのに芯があるんですよね。ザ・陽菜という感じがしました。キャストの皆さんはどの役もぴったりだなと思うんですが、本泉さんのか弱そうだけど強さがある演技は、陽菜に一番ぴったりだと感じています。

――第8話以降には、物語の鍵を握る園原水花が登場します。

市川 園原が登場したとき「やべーヤツが来たな」と思いました(笑)。とくに登場の仕方がかなり強烈なんですよね。園原役の悠木(碧)さんの狂気をはらんだ演技に、僕もキャストの皆さんも圧倒されていました。「今までになかった強キャラが来た!」という緊迫感がありました。

第10話より園原水花
第10話より園原水花
(C)2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会

――ここまでの話数で印象に残るシーンやエピソードはありますか?

市川 やっぱり第9~10話、リヒトーが暴走するところです。原作では暴走しているシーンは、リヒトーのセリフの一部がカタカナで表記されています。そのセリフを表現している、ヨシキさんの演技をぜひ聴いてください。

第10話より暴走するリヒトー=バッハ
第10話より暴走するリヒトー=バッハ
(C)2020 水無月すう/KADOKAWA/プランダラ製作委員会

――さて、ここから「プランダラ」の物語は強烈な展開をしていきます。市川さんから今後の注目ポイントを教えてください。

市川 第11話の終わりから、世界観がガラッと変わります。第12話からの第2クールには新キャラクターもすごく沢山登場しますし、どのキャラクターも個性的です。各話に出る登場人物も多くなりますので、そのワチャワチャ感を楽しんでいただけたら嬉しいです。

【取材・文:志田英邦】

■TVアニメ「プランダラ」

放送:TOKYO MX…毎週水曜25:05~

   テレビ愛知…毎週水曜26:35~

   KBS京都…毎週水曜25:05~

   サンテレビ…毎週水曜25:30~

   BS11…毎週木曜23:00~

   AT-X…毎週金曜23:00~ ※リピート放送あり

配信:dアニメストア…毎週水曜23:00~

   ※他配信プラットフォームでも順次配信

スタッフ:原作…水無月すう(月刊少年エース連載)/監督…神戸洋行/副監督…西片康人/シリーズ構成…鈴木雅詞/キャラクターデザイン…高品有桂、福地友樹、福田裕樹/音響監督…えびなやすのり/音楽…松本淳一/音楽制作…日本コロムビア/オープニングテーマ…「Plunderer」伊藤美来/エンディングテーマ…「Countless days」陽菜(CV:本泉莉奈)/アニメーション制作…GEEKTOYS/製作…プランダラ製作委員会

キャスト:リヒトー=バッハ…中島ヨシキ/陽菜…本泉莉奈/ジェイル=マードック…梅原裕一郎/リィン=メイ…小澤亜李/ペレ…市川蒼/ナナ…伊藤静/園原水花…悠木碧/アレク…東地宏樹/シュメルマン…関俊彦

リンク:TVアニメ「プランダラ」公式サイト

    公式Twitter・@plundereranime