新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

朗読劇「選ばれなかった勇者の花嫁」小林愛香インタビュー 「ハッピーエンドの裏側を描く物語です!」

2020年09月30日 17:00配信

朗読劇「選ばれなかった勇者の花嫁」は、10月3日(土)、4日(日)に、ところざわサクラタウンでの公演とオンライン配信にて行われる
朗読劇「選ばれなかった勇者の花嫁」は、10月3日(土)、4日(日)に、ところざわサクラタウンでの公演とオンライン配信にて行われる
(C)グラム商会広報部

10月3日(土)、4日(日)に、ところざわサクラタウンでの公演とオンライン配信が行われる朗読劇ブランド「READPIA(リードピア)」による、オリジナル朗読劇「選ばれなかった勇者の花嫁」。ファンタジー世界を舞台に、勇者の花嫁候補になりながらも選ばれることがなかった"負けヒロイン"3人娘たちの顛末を描く暴走群像劇です。

勇者の幼なじみ・ディアンナは和氣あず未さん(10月3日公演)と高橋未奈美さん(10月4日公演)がダブルキャストで演じ、大商家の令嬢・ヴィネットは小林愛香さん、好奇心旺盛な元気娘・リリアは本渡楓さんが演じます。

また、10月4日(日)17時開演の千秋楽公演のオンライン配信では、VTuberグループ「ホロライブ」所属タレントの兎田ぺこら、白銀ノエル、宝鐘マリンによる実況配信が行われることも決定しており、コラボビジュアルも発表されています。

せまる公演に向けて、メインキャストの4名に朗読劇の見どころや当日に向けての意気込みをうかがいました。

ヴィネット役を演じる小林愛香さん
ヴィネット役を演じる小林愛香さん
(C)グラム商会広報部

【ヴィネット役・小林愛香さんインタビュー】

――本作への出演が決まったときのお気持ちを教えてください。

小林 朗読劇に携わらせていただくのはこれが初めてですので、「私にできるのかな……」という不安もあったのですが、だからこそ自分の可能性を広げられる機会にもなるのではと考え、思いっきり飛び込ませていただきました! 

声優としてキャラクターを演じているときは、私自身がみなさんの目に映ることはありませんが、朗読劇は自分自身を見られながらのお芝居になりますので、ドキドキしています。

――"負けヒロイン"という単語を聞いて、その意味合いはピンときましたか?

小林 悲しいですが、ピンときてしまいました!(笑) とはいえ、私は今までそういう目線で物語を見たことがありませんでしたので、新鮮でした。ハッピーエンドで終わった物語にも、こうして選ばれなかった子たちがいて、そこにもいろいろな思いやストーリーがあるんですよね。それをあらためて実感しました。なぜ私(ヴィネット)が選ばれなかったの!? 私を選びなさいよ! ……と、勇者君に対してちょっとイラッともしましたが(笑)。

――役作りが勇者へのイラだちから始まったわけですね(笑)。稽古をされてみて、お芝居としてはどういったところに気を使われていますか?

小林 お互いに目を合わせながら演じることもあって、私たちがいるこの場所に声をかけるようにお芝居をするのだな、と実感しながらお稽古に臨んでいます。なにかひと言のセリフをいうだけでも、台本を持っていない方の手はどう使えばいいか、息づかいはどうすればいいか、ハッとした表情はどこまで見せればよいのか……考えることがたくさんありますね。初めてのことばかりで、それがすごく楽しいです。

――衣装も、各キャラクターをイメージしたものであるとうかがいました。

小林 完全にそのままというわけではなく、ところどころに現代風のアレンジも効いているのですが、舞台にヴィネットがいるように感じてもらえるのではないかと思います。

――小林さんではなく、ヴィネットがいると感じてもらいたい?

小林 はい。舞台の上にヴィネットを出現させたいですね! みなさんにそう感じてもらえるよう、がんばります。

――ヴィネットを演じる際、気を付けていることはありますか?

小林 大富豪の令嬢というおっとり感を忘れないようにしつつ、ナチュラルに上から目線になってしまう"えらそうかわいい"ところをしっかり出していきたいです。たまにおっちょこちょいなところもまたかわいいので、彼女の魅力を最大限に表現したいです。

――ディアンナとリリアにはどのような印象を抱かれていますか?

小林 ヴィネットはディアンナに強めの言葉をかけてしまうのですが、それにめげることなく強気で返してくれるので、おもしろい子だなと思っています。リリアは、見た目通りの放っておけないタイプの女の子ですね。小柄でかわいらしくて、ストラップにして持ち歩きたいです(笑)。

みんなそろって勇者君にフラれたところからのスタートですが、この子たちには幸せになってほしいですね。それに、ヴィネットも含めたこの3人はいい友達になれるんじゃないかなと思います。

――本作は和氣あず未さんと高橋未奈美さんによるダブルキャストも見どころのひとつですが、稽古をされてみての感想はいかがですか。

小林 ディアンナはヴィネットと言い争いをするシーンも多いので、当初は強そうで男勝りなイメージを持っていたのですが、いざお稽古に入ってみると和氣さんのディアンナも高橋さんのディアンナも、私がイメージしていたよりずっと綺麗な子でした!

お二人のディアンナにはそれぞれ異なる魅力があって、それでいてどちらも「ああ、これがディアンナなんだ」と自然に納得できる説得力もあって。お稽古をしている私がそうであるように、みなさんも両日の公演を見ていただければもっと楽しんでいただけるのではと思います。

――ヴィネットを演じていて、印象に残ったセリフやシーンを教えてください。

小林 推理をドヤ顔で披露して、盛大に外すシーンが好きですね(笑)。その間違った推理に2人がツッコミを入れるのを見て、3人の距離が縮まってきているのだなと気づくきっかけにもなって、印象深いです。

――ヴィネットは何らかの理由で勇者の花嫁にはなれなかったわけですが、小林さんが考える理想の花嫁像は?

小林 相手が帰ってきたときに「おかえり」と笑顔で迎えられる人……かな? そういう人に私はなりたいです! お互いにそうできたら、とても素敵なことだと思いますので!

――各公演のあとにはアフタートークが予定されていますが、話したい内容などはイメージされておられますか?

小林 やっぱりまずは、ネタバレを気にせずに済むトークですよね! 裏話みたいなのもお話で来たらいいのかなと思います。

――千秋楽公演では、「ホロライブ」所属VTuberの兎田ぺこら、白銀ノエル、宝鐘マリンによるリアルタイムの実況配信も予定されています。

小林 ちょっとはずかしいけれど、楽しみですね! 配信ならではのコラボをしていただけたことが嬉しいです。私も公演後にアーカイブ配信を見たいと思います。でも「あ、今噛んだね!」とか言われていたらどうしよう……(笑)。VTuberのみなさん、お手柔らかにお願いします!

――それでは、最後にメッセージをお願いします。

小林 ハッピーエンドの裏側を描くお話です! ヴィネットたちが選ばれなかった理由も、ちょっとずつ分かっていきます。でも、3人ともとってもかわいい女の子ですので、そこを楽しくお芝居で表現できたらいいなと思っています。よろしくお願いいたします!

※明日はリリア役の本渡楓さんのインタビューをお送りします。

「千秋楽公演同時視聴放送」では、ホロライブファンタジーから兎田ぺこら、白銀ノエル、宝鐘マリンの3人が登場!
「千秋楽公演同時視聴放送」では、ホロライブファンタジーから兎田ぺこら、白銀ノエル、宝鐘マリンの3人が登場!
(C)グラム商会広報部 (C)2017-2020 cover corp.

■朗読劇「選ばれなかった勇者の花嫁」

公演:2020年10月3日(土)昼…13:30開場 / 14:00開演 夜…17:30開場 / 18:00開演

   2020年10月4日(日)昼…12:30開場 / 13:00開演 夜…16:30開場 / 17:00開演

   ※各日とも、夜公演はライブ配信も行われます

   ※各公演終了後にアフタートークショーが開催されます

会場:ところざわサクラタウン ジャパンパビリオンホール A

現地チケット価格:9000円

オンライン配信チケット価格:4500円

スタッフ:原案…グラム商会広報部/脚本…長瀬貴弘/キャラクターデザイン…えかきびと/演出…柿ノ木タケヲ(ゲキバカ)/協賛…ローソンエンタテインメント/制作…ソニー・ミュージックソリューションズ/主催…KADOKAWA

キャスト:ディアンナ…和氣あず未(10月3日公演)・高橋未奈美(10月4日公演)/ヴィネット…小林愛香/リリア…本渡楓

リンク:朗読劇「選ばれなかった勇者の花嫁」公式サイト

    白銀ノエル Noel Ch.

    公式Twitter・@YYP_GramPR