新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

恒例の祭典!徳島「マチ★アソビVol.15」が開幕

2015年10月11日 09:09配信
恒例の祭典!徳島「マチ★アソビVol.15」が開幕

今回で15回目を迎えた「マチ★アソビ」。開会式に県知事が登壇する姿もすっかりおなじみとなりました

徳島で年に2回行われているアニメ・漫画・ゲーム・声優などの総合イベント「マチ★アソビ」が今秋も開催! 10月10日(土)からはクライマックスランとして、声優やクリエイターなど、多くの著名人が徳島に集結します。

会場のひとつとなる眉山山頂ステージで行われた開会式には「マチ★アソビ」の発起人となったufotableの近藤光社長、飯泉嘉門徳島県知事、観光協会会頭の近藤さんのほか、とくしま★アニメ大使を務める声優の中村繪里子さんも登壇しました。

今回で15回を迎えた「マチ★アソビ」。それを記念して会場に「文化の森」が加わり、さらに大きな規模で行われます。なお、ufotableも設立15周年を迎え、広場の中で作品に関する展示を行っているとのことです。

中村さんは「ここが第二の故郷だと思っています。ただいま~徳島!」と叫ぶと、ファンからは「おかえり~!」と温かい声があがりました。

さらに、中村さんがプロデュースした、数量限定の「苺のバウムクーヘン」を登壇者全員でその場で試食。「本当は徳島の工芸品である『ゆさん箱』に入れて販売しようと思ったのですが(苦笑)」とコメントした中村さんの野望はまだまだ絶えないようです。

さらに11年前に放送された、ufotable制作のアニメ「ニニンがシノブ伝」のフロンティアワークス・松永プロデューサーが登場し、名物キャラクターの「音速丸」の似顔絵を登壇者全員で描くことに。中村さんの描いた音速丸は「ダークサイドに堕ちてしまった音速丸になってしまいました…」と納得いかない様子でした。

「マチ★アソビVol.15」クライマックスランは10月10日(土)から12日(祝)まで、徳島市内で行われます。