新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

写真大量投入!新ユニットも登場したWUGフェス

2015年12月14日 20:07配信
写真大量投入!新ユニットも登場したWUGフェス

“ワグナー”が埋め尽くす幕張の会場で、Wake Up, Girls!の7人が歌い、踊りつくしました

「Wake Up, Girls!」続・劇場版 後篇「Beyond the Bottom」が劇場公開中のWake Up, Girls!が、12月12日(土)、後篇のタイトルを掲げたフェス「Wake Up, Girls!Festa. 2015 Beyond the Bottom Extend」を開催。ゲストにライバルグループの“I-1 club”や新ユニット“ネクストストーム”を迎え、ライブやゲームコーナーを織り交ぜたイベントを行いました。

ライブは、続・劇場版の主題歌や、そのカップリング曲が中心。大きな見どころとなった後篇の主題歌「Beyond the Bottom」では、後篇で描かれなかった“あの”一場面がモニターに登場し、ステージには同じような構図で手を振りながら花道を走りぬけるメンバー7人の姿が。この演出によって、メンバーと客席は後篇の感動をもう一度共有しあいました。

「アイドルの祭典」と題してティーバッティング対決を行ったゲームコーナーでは、Wake Up, Girls!がWESTチームとEASTチームに分かれ、I-1clubやネクストストームの面々と対決。その結果、WESTチーム(高木美佑さん・田中美海さん・永野愛理さん・奥野香耶さん)が見事優勝し、沖縄旅行を獲得しました。

勝敗のキーを握っていたのは、奥野さんと永野さんの2人。I-1clubとの予選では、奥野さんが審査員に「どんな結果になっても10点をください!」と甘え、その“芸術点”で満点を獲得。田中さんと高木さんから「よしよし」と頭をなでられている姿もキュートでした。

また決勝では、キャッチャーに扮する田中さんのサポートを得て、永野さんがボールを遠くまで飛ばし、文句ナシの高得点を獲得。これが決め手となって、ネクストストームとの熱戦を勝利で制しました。

一方で、ネクストストームやI-1clubの活躍もめざましいものが。ゲームのみの出演となったI-1clubの2人(山本希望さん&上田麗奈さん)は、バットをライトセーバーに見立てて2人でアピールし、観客を大いに盛り上げていました。

劇中と同じ衣装で登場したネクストストームは、その名の通り、嵐が吹き荒れる勢いで「レザクション」を歌唱して会場を席巻。ゲームでは、大坪由佳さんのヲタ芸や甘束まおさんのヘッドバンギングなど、笑いの部分でもWake Up, Girls!に負けない実力を発揮していました。

アンコールでは、「ワグ・ズーズー」と「タチアガレ!」を歌唱。吉岡茉祐さんが「まだWUGちゃんを終わらせたくない!」と涙をこぼし、それにつられた永野さんや田中さんが泣き出す一場面も。

フェスの最後には、突然、I-1clubのプロデューサー・白木氏がモニターに映し出され、画面には「新プロジェクト始動」の文字が。また、2016年3月25日(金)に2枚目のベスト「Wake Up,Best!2」がリリースされることも発表されました。【取材・文=麻布たぬ】