新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

最も飛躍した新人声優6名が登場! 第10回声優アワード授賞式レポート【前編】

2016年03月16日 12:46配信
最も飛躍した新人声優6名が登場! 第10回声優アワード授賞式レポート【前編】

2015年を代表するそうそうたる顔ぶれが揃った第10回声優アワード

今回で第10回という記念すべき回を迎えた「声優アワード」の授賞式が、3月12日(土)に、東京・文化放送メディアプラスホールで開催されました。

「声優アワード」はその年度に最も印象に残る声優の業績を讃えて贈賞する、声優界最大のイベント。それにふさわしい、2015年を代表するそうそうたる顔ぶれが揃いました。

■フレッシュな顔ぶれが揃った新人賞

新人賞を受賞したのは、梅原裕一郎さん・武内駿輔さん・村瀬歩さん・上坂すみれさん・高橋李依さん・田中あいみさんの6名。それぞれ数多くの作品で重要な役を担当し、まさに飛躍の一年となりました。そんな新人賞を讃えるプレゼンターは、「鉄腕アトム」のアトムをはじめ数々のキャラクターを演じてきた清水マリさん。清水さんからは、「声優は人の心を伝えるすごい職業だと思います。記念すべき第10回目の新人賞は一生の記念になると思います」と、新人賞を受賞された皆さんに言葉が贈っていました。

〇新人男優賞

梅原裕一郎さん(アーツビジョン所属)コメント:今回このような賞をいただき、賞にふさわしい声優になるべく一層努力していきたいと思います。いつも支えてくださっている先輩方、事務所の皆さん、そして応援してくださっている皆様、本当にありがとうございました。皆様の支えがなければ、これまでやってくることはできませんでした。ありがとうございました。

武内駿輔さん(81プロデュース所属) コメント:自分のような年端もいかない者がこのような賞をいただくことは本当に恐れ多いことだと思っています。高校生という期間の中で一番応援してくれた自分の両親に、誇りと自信、そして期待を伝えることができたかな、と思っております。この度は本当にありがとうございました。

村瀬歩さん(ヴィムス所属) コメント:デビュー作の時から、本当にいろんな先輩方やスタッフの皆さん、そしてファンの皆さんに支えられていて、ここに立っているのだということを実感しています。いつかは諸先輩方の同じ視線に立って、横に並んで胸を張れるような芝居ができるように、この賞を誇りにこれからも邁進していきたいと思っております。

〇新人女優賞

上坂すみれさん(スペースクラフト・エンタテインメント所属) コメント:このような歴史のある声優アワードで新人賞をいただけて、本当に光栄です。これからもこの賞を励みに、益々精進して行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

高橋李依さん(81プロデュース所属) コメント:この賞は一人でとった賞ではなく、一緒に支えてくださった方、応援してくださった方、作品、キャラクターと一緒にいただいた賞だと思っています。この賞を胸に、これからも頑張ってまいりたいと思います。

田中あいみさん(81プロデュース所属) コメント:昨年はたくさんの出会いに支えられた年となりました。人との出会いはもちろん、作品やキャラクターとの出会いも、とても大きかったように思います。改めて皆さまからのご声援に励まされていると実感しました。この喜びを胸に、これからも精進してまいります。

■鈴村健一さん、松来未祐さんへの想いを語る

新人男優賞・女優賞に続いて発表されたのは、パーソナリティ賞、シナジー賞、キッズファミリー賞、富山敬賞、高橋和枝賞、歌唱賞、功労賞、特別功労賞、特別賞の9賞。受賞されたみなさんは誰もが特別な面持ちで、感謝の言葉を述べていました。

特に2回目となるパーソナリティ賞を受賞した鈴村健一さんは、「『一所懸命ラジオでしゃべってはいるが果たして人の役に立っているのだろうか?』と思い悩んでいる時に、2015年に急逝された松来未祐さんが『くだらないことでも一所懸命話せば、きっと誰かが笑ってくれるはずです。私もそれが励みになります」と背中を押してくれた」と語り、受賞できたのは松来さんのおかげと語りました。

また、声優とアイドル双方の活躍が高く評価され歌唱賞を受賞したi☆Risと、更なる活動が期待され特別賞を受賞したA応Pからは歌のサプライズも。i☆Risは、「プリパラ」のオープニングテーマである「ドリームパレード」を、そしてA応Pは「おそ松さん」オープニングテーマである「はなまるぴっぴはよいこだけ」を熱唱し、会場を大いに沸かせました。

後編では、助演男優賞、助演女優賞、そして主演男優賞、主演女優賞の皆さんのコメントを紹介します。【取材・文=小川陽平】