新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

中山麻聖、桂正和、魔戒歌劇団など「牙狼」を彩るメンバーが集結!【AnimeJapan 2016】

2016年03月27日 11:36配信
中山麻聖、桂正和、魔戒歌劇団など「牙狼」を彩るメンバーが集結!【AnimeJapan 2016】

GARO PROJECTを彩るメンバーが登壇

3月26日(土)・27日(日)、東京ビッグサイトで開催されている日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2016」。26日のGREENステージで、「牙狼 -紅蓮ノ月-」最終話直前トークショーが開催されました。

本ステージには、テレビアニメ「牙狼 -紅蓮ノ月-」から中山麻聖さん(雷吼役)と桂正和さん(メインキャラクターデザイン)、劇場版「牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐」から林祐一郎監督、シリーズ作品で主題歌を担当している魔戒歌劇団(松山メアリさん・桑江咲菜さん・黒木桃子さん・大関英里さん)が登壇。MCは八雲ふみねさんが務めました。

まずは、中山麻聖さんと桂正和さんが登壇して、テレビアニメ「牙狼 -紅蓮ノ月-」のトークショー。演じるにつれて雷吼と顔が似てきたと冗談めかす中山さんは、最終回の見どころを「全部です」ときっぱり断言。ポイントを挙げるなら「ザルバのひと言」とのことで、「シリーズを愛してくださっている人に向けてでもあり、『牙狼 -紅蓮ノ月-』を締めくくる言葉でもある」と気になる発言が飛び出しました。

桂さんはキャラクターデザインのこだわりについて「もともと『牙狼』シリーズが好きだったので、時代が変わっても「牙狼」の匂いがするようにしたかった」とコメント。もし自身がコミカライズするなら「『魔戒ノ花』はすでにコミカライズされているので、『紅蓮ノ月』かな」との期待の言葉も。

続いて、劇場版「牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐」について。林監督は「映像も音楽もキャラクター同士の掛け合いもすべてが見どころ」と手応えを語ります。1年かけてじっくり作られた映像はとても濃厚でアクションシーンも素晴らしく、「ぜひスクリーンで見てほしい」とアピールしていました。

また、JAM Projectが歌う主題歌にのせて新作映像も公開。主題歌は「とにかくヘビーな曲にしてください」と林監督がオーダーしたとのことで、言葉通りの重厚で熱い楽曲が印象的でした。

最後は魔戒歌劇団によるスペシャルライブ。テレビシリーズ「牙狼〈GARO〉-GOLD STORM-翔」のエンディングテーマ「紅蓮白蓮」に続き、新テレビシリーズ「牙狼〈GARO〉-魔戒烈伝-」のエンディングテーマに決定した新曲「篝火ノ夢」を初披露。魔戒歌劇団の素敵な雰囲気とハーモニーが会場を包み込みました。

新曲について魔戒歌劇団の4人は「『魔戒烈伝』はオムニバス形式なので、どのストーリーにも合うエンディングになればいいなと思います」(松山さん)、「PV撮影は終わっていて、今回も素敵な衣装を用意していだきました」(桑江さん)、「新シリーズでもエンディングを歌えるのがとっても嬉しいです」(黒木さん)、「(魔戒歌劇団の活動は)今日で終わるのが寂しかったので、また皆さんにお会いできると思ってすごく嬉しかったです」(大関さん)と意気込みや喜びを語りました。

テレビアニメ「牙狼 -紅蓮ノ月-」は4月1日(金)に最終回を迎えますが、10周年記念オールスター作品「牙狼〈GARO〉-魔戒烈伝-」が4月8日(金)からテレビ東京他で放送開始。同じく10周年記念作品となる劇場版「牙狼〈GARO〉‐DIVINE FLAME‐」が5月21日(土)より全国ロードショーされます。【取材・文=千葉研一】