新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

“三者三葉”なアプローチで、全力でキャラの魅力を紹介!【AnimeJapan 2016】

2016年03月28日 17:34配信
“三者三葉”なアプローチで、全力でキャラの魅力を紹介!【AnimeJapan 2016】

「三者三葉」トークイベントの様子

3月26日(土)・27日(日)、東京ビッグサイトで開催された日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2016」。26日のBLUEステージで、テレビアニメ「三者三葉」のトークイベントが行なわれました。

本イベントには、出演声優から和久井 優さん(西川葉子役)、金澤まいさん(小田切双葉役)、今村彩夏さん(葉山 照役)、Machicoさん(西山芹奈役)、鈴木愛奈さん(近藤亜紗子役)、桃河りかさん(薗部 篠役)が登壇。顔ぶれのフレッシュさにピッタリの、にぎやかなクロストークも頻繁に飛び出す、楽しさ満載のステージとなりました。

今回は、6人全員が作品の舞台となる高校・中央女子校の制服を身にまとって登壇。しかも金澤さんは双葉同様にスニーカーを履いていたりと、その他のキャストもソックスの色や長さまで含めて完全原作仕様です。そのうえ、客席には手作りの制服を着用したファンの姿を見つけると、イベント序盤から全員のテンションがさらに上がります。

まずはファンを前に公式サイトでも公開されている作品PVを上映。ファンを前にしたキャスト陣は、PV内のキャラセリフに合わせてポーズを取り、よりキャラと一体となった姿をファンに届けてくれます。

そのPVのバックに流れていたOPテーマ「クローバー♣かくめーしょん」を歌うのは、和久井さん・金澤さん・今村さんによるユニット「とりぷる♣ふぃーりんぐ」。この日、ユニットの名乗りで試みた決めポーズはバラバラだったのですが、実はそれは、現在募集中のためまだ決定していないから。ただその際、桃河さんから「『三者三葉』だからそれぞれだよね」とのナイスフォローも飛び出していました。

さて、今回のイベントのメインコーナーはメインキャラクターの紹介。もちろんそれぞれのキャラクターをさらに深く紹介していくコーナーではあったのですが、その方法はひとクセあるもの。作品タイトル「三者三葉」にかけて抽選で“誰が”“どのキャラを”“どのように”紹介するかを決定していく、と少々趣向を凝らした方法を取ります。ここでのそれぞれの組み合わせもそれぞれ実に劇的で、和久井さんは見事自ら演じる葉子を引き当てたものの、酒に強いのに“酔っ払い風に”というシチュエーションが当たってしまい苦戦したり、金澤さんは“語尾に「にゃあ」をつける”というシチュエーションを敢行したところ、紹介後に照れきって今村さんの後ろに隠れてしまったり、かと思えば時間が足らずに6人の中で今村さんだけがキャラ紹介の機会を得られなかったり……と、まさしく“三者三葉”な表情や展開を見せてくれました。

その後、第1話の先行上映会の開催や“まんがタイムきららフェスタ2016”への参加などの新情報発表もつつがなく済み、これにてイベント終了……かと思いきや、ここで鈴木さんが「その前に、ひとつよろしいでしょうか!」とストップをかけます。その言葉をきっかけに、なんとイベント前日・3月25日に誕生日を迎えたMachicoさんへのバースデーサプライズが! 芹奈の髪色・ピンクをほうふつとさせるいちごのショートケーキを金澤さんより受け取るMachicoさんに、会場全体から「お誕生日、おめでとー!」の大合唱も。そんなうれしすぎるプレゼントを受け取ったMachicoさんは、「ありがとー!『三者三葉』大好きー!」と満面の笑みで感謝の言葉で応えます。それを受けて今一度、BLUEステージは大きな拍手に包まれました。

最後に和久井さんが「わちゃわちゃした感じでしたが、作品の楽しい雰囲気はお伝えできたでしょうか? フルスロットルで突っ走っていくので、応援よろしくお願いします!」との挨拶でまとめ、この日のステージは無事に幕を下ろしました。

テレビアニメ「三者三葉」は、4月10日(日) からTOKYO MX他で放送がスタート。また、とりぷる♣ふぃーりんぐの3人が出演するニコニコ生放送も、4月11日より毎週月曜日に放送されます。【取材・文=須永兼次】