新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

作品のロケ地を徹底紹介!「うどんの国の金色毛鞠」ステージ【マチ★アソビ Vol.16】

2016年05月06日 19:16配信
作品のロケ地を徹底紹介!「うどんの国の金色毛鞠」ステージ【マチ★アソビ Vol.16】

ライデンフィルムの知名度を確認したところ、制作に携わった作品名により多くの手が上がったことについて、複雑な表情を浮かべる登壇者たちに、会場からは笑い声が

5月3日(祝)から5日(祝)に徳島市で開催された「マチ★アソビVol.16」。4日には、アニメ化が決定している「うどんの国の金色毛鞠」キックオフトークショーが新町橋東公園で開催されました。

登壇者はバップの細井駿介さん、宅野誠起監督、ライデンフィルムの柴宏和さん。コミック@バンチで連載中のコミックが原作の本作。原作者の篠丸のどかさんの地元である香川を舞台に物語が展開されます。

宅野監督は「年配の人が観ても面白い作品になると思います」と紹介。柴さんは「いつか、家族で一緒に観られるような作品をやりたいと思っていましたので、今回本作に携わることができてうれしいです」とコメントしました。

今回のイベントでは宗太とポコ、2人のキャラクターデザインが初公開。宅野監督は「キャラクターの輪郭が白く、透明感があるのが特徴です」と説明しました。

続いて、ロケハンで香川県屋島町に行った時の話を、写真を交えて披露。かずら橋や瓦投げができるスポットなどの名所を回った時のエピソードが紹介されました。現地で重ねたロケハンの成果もあり、透明で繊細さのあるイラストが完成したとのことです。柴さんは「原作以上に風景を再現しなければならないので、そこは徹底しました」と制作への意気込みを語りました。

見どころのひとつとしては、国民的マスコットキャラとして登場する“がおがおちゃん”が踊る「がおがおちゃん体操」が挙げられ、宅野監督は「ダンスシーンに定評のある、臼井文明助監督が本気で振り付けをつけてくれると思います(笑)」と期待を込めていました。

最後に、ファンに向けて「香川と言えばあの声優が出てくるのでは? 期待してください!」(柴さん)、「自分がやりたかったことができるチャンスが来ました。これでもういつ辞めてもいい、という気持ちで臨みたいと思います」(宅野監督)とメッセージが送られました。【取材・文=ダンディ佐伯】

■テレビアニメ「うどんの国の金色毛鞠」

2016年日本テレビ・西日本放送他で放送

スタッフ:原作…篠丸のどか(新潮社「月刊コミック@パンチ」連載)/監督…宅野誠起/シリーズ構成…高橋ナツコ/キャラクターデザイン・総作画監督…伊藤依織子/美術監督…合六弘/色彩設計…小野寺笑子/アニメーション制作…ライデンフィルム

リンク:アニメ「うどんの国の金色毛鞠」公式サイト

    公式Twitterアカウント・@udonnokuni_tv