新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

9thシングル「Windia」はこうやって作られた! 春奈るなインタビュー

2016年10月19日 16:00配信
9thシングル「Windia」はこうやって作られた! 春奈るなインタビュー

ニューシングル「Windia」をリリースしたばかりの春奈るなさんにインタビュー

10月12日(水)に9thシングル「Windia」を発売した春奈るなさん。「ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」のオープニングテーマにも起用されている疾走感を纏ったタイトル曲や、カップリング曲の裏話、東京大阪福岡を巡るツアー、クリスマスライブへの意気込みを聞きました。

――タイトル曲「Windia」の音源を初めて聴いた時の印象を教えてください。

この曲はけっこう前からデモ音源ではいただいていて。ひとつひとつの音にすごく惹かれた印象がありますね。編曲してくださっているツカダタカシゲさんの音楽が元々好きだったんです。「ボーイフレンド(仮)」っていうソーシャルゲームのキャラクターソングを手がけてる方で。

――『ひとつひとつの音に惹かれた』というのは具体的には?

ストリングスの使い方や、サビで一気に音が広がるところが、すごくカッコよくて。この歌は絶対歌いたいなって思いましたね。

――歌詞で気に入っている箇所などありますか?

一番最後の《帰りたい場所を見つけたから/もうひとりじゃない/君がいるから》とか《ゼロとイチだけの新しい世界》。こういう部分が今回の「ホロウ リアリゼーション」とリンクしていると思います。個人的にもすごく好きなワードですね。気持ちが昂るというか。

――2曲目のカップリング「YuRaYuRa」について、お話を聞かせてください。

この曲はハイスピードなロックになっています。今回作詞を共作で書かせていただいたんですけど、小悪魔な女の子とか、恋愛観が歪んでる子を表現したいなって思ってて。(共作詞で作曲の)Sakuさんが「Overfly」とか「狂想リフレイン」を手がけてくださってる方で。「狂想リフレイン」はライブでも人気曲になっていてすごく盛り上がるので、その第二弾になればいいなって思って。なので変拍子したりとか、セリフが入ったりとか、「狂想リフレイン」と近い構成になっています。

――共作詞ですが、具体的にどう作るものなんですか?

この曲の場合、Sakuさんが書いた1番の仮歌詞があって。少し私が書き直したりもしてるんですけど。1番の世界観に倣って2番からを私が書いています。

――そういう形で書かれていたんですね。

もともと詩を書いたり小説を書いたり、二次創作が好きなんです。自分がこの1番に対してどう膨らませていこうかな、というのが二次創作に似ているところがあって。だからそういう感覚で書きましたね。

――もうひとつのカップリング曲「星空とラブストーリー」ですが、こちらはどのような曲ですか?

初めて聴いた時は可愛らしい曲だなって思って。恋するもどかしい気持ちだったり切ない恋心を歌っているので、歌詞の中に「女の子あるある」があったりして。男の人は考えさせられる部分があったり、女の子は「あ、こういうのあるな」って。いろんな人に考えてもらえる歌詞になってると思います。

――「女の子あるある」というのは。

《立ち止まって泣き出した/ただ黙って困らせた》とか。女の子って、ホント意味はないんだけど涙が溢れる瞬間とかあって(笑)。もどかしくて、みたいな。坂本(昌也)さんが曲も詞も書いてくださったんですけど、女の子の友達に実際聞いて書いた歌詞らしいんです。

――11月5日からライブツアー「春奈るな LIVE 2016 “Windia”」がありますね。セットリストはもう決まっている感じなんですか?

予約イベントとかで、「ライブでこの曲聴きたいです!」というリクエストをいただいたりするんですけど、けっこうマイナーな曲を選ぶ方が多くて。嬉しくなりますね。この曲もちゃんと届いているんだな、と改めて実感するというか。

――じゃあ、ライブで聴く機会のあまりなかった曲を是非、みたいな。

そうですね。最近カップリングだったりアルバムの収録曲とかでも全然歌えてない、中には2~3年歌ってない曲もあるので、そういう曲も歌いたいなって。

――12月21日には「春奈るな LIVE 2016 “Christmas Special(仮)”」も開催されます。クリスマスライブは2度目ですね。

前回(「Christmas Party & Live 2015 "Fantasy Dreamer"」2015年12月19日開催)はクリスマスのコンセプトアルバム「Dreamer」というミニアルバムを出して。それを元にした感じだったんです。トークコーナーや、劇を挟んだりとか。私が劇をするわけじゃないんですけど。アルバム「Dreamer」のストーリーを演者さんに演じてもらって。

――クリスマスライブということで普段のライブとは違った演出やコーナーがあるわけですね。今回はどのように特別な演出を考えてるんですか?

クリスマスらしいことはしたいですよね。サンタさんの格好をするとか。前回はコスプレ的なものはやらなかったんです。今回は完全にオリジナルのクリスマスライブなので、ちょっとそういうのも盛り込みたいですね。

――衣裳といえば、ウエディングドレスをプロデュースされたそうですね。

そうなんです!「LUNAMARIA」という5着のウエディングドレスをデザインさせてもらったんですけど、宇宙柄とかいままでなかったようなデザインにしたいなと。5種類の中には2WAYになるものもあって、パーツを取り外すことで印象がガラッと変わるようになっています。ブランド名の「LUNAMARIA」は、大好きな「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の中で、自分で改造した軍服を着用している「ルナマリア・ホーク」と、わたしの名前から決めました。これは完全に女の子目線でデザインをさせていただいて。

――5種類の中で特にお気に入りを上げるとすれば?

「ALPACAT」っていうアルパカとネコを融合させたイメージのものが特にお気に入りです。ティアラがネコ耳だったり、チョーカーが鈴になっていたりするんです。

――アルパカお好きなんですか?

アルパカの「みなみ」っていう名前のぬいぐるみがいて、いつも連れて歩いてるんです。ツイッターにも登場させたりとか。デビュー当時から連れ添ってるので、相棒みたいな感じになってて。なので今回……

――ここにも登場というわけですね。

そうですね。

――ウエディングドレスはそうそう着る機会がないと思いますが、ファンからの反応って届いてたりします?

もう予約が入っているそうなんです。すごく嬉しいですね。ファンの方に自分がデザインした、しかもウエディングドレスという特別なドレスを着てもらえるというのは。

――最後に、今回のシングルを楽しみにしているファンへメッセージをいただければ。

今回は、最近リリースしてきたポップなシングルとはちょっと違って、カッコイイ楽曲になっています。カップリング含めて幅広い世界観を持った曲が詰まったシングルになっているので、「ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」と併せて楽しんでいただけたら嬉しいです。【取材・文=佐藤京一】

■春奈るな9thシングル「Windia」

発売:10月12日(水)

価格:税別2315円(完全生産限定盤)、税別1481円(初回生産限定盤)、税別1389円(期間生産限定盤)、税別1204円(通常盤)

■春奈るな LIVE 2016 “Windia”

日時  :

 [福岡公演] 11月 5日(土)DRUM Be1 OPEN17:30 / START18:00

 [東京公演] 11月12日(土)ラフォーレミュージアム原宿 OPEN16:30 / START17:00

 [大阪公演] 11月27日(日)THE LIVE HOUSE soma OPEN15:30 / START16:00

料金  :5000円(スタンディング)

チケット:発売中

■春奈るな LIVE 2016 “Christmas Special(仮)”

日時  :12月21日(水) OPEN18:15 / START19:00

会場  :TSUTAYA O-EAST(東京都 渋谷区)

料金  :5000円(スタンディング)

チケット:11月26日(土)10:00発売

■春奈るなデザインプロデュース

ウエディングドレス「LUNAMARIA」2016年9月レンタル開始

Shop List:

東京…代官山鳳鳴館(代官山) 0120-82-3390

   エルブライトハウス(浜松町) 03-5733-3390

千葉…ラ・セーヌブランシェ(千葉市) 0120-85-3390

   ハミルトンホテル上総(君津市) 0439-54-3030

   エルシオン(木更津市) 0120-23-2211

広島…エルセルモ広島(広島市) 082-532-1122

春奈るな公式サイト