新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

山寺宏一・高垣彩陽・寿美菜子に聞く、重婚がテーマのラフィングライブ第二回公演

2016年10月27日 19:00配信
山寺宏一・高垣彩陽・寿美菜子に聞く、重婚がテーマのラフィングライブ第二回公演

山寺さんは次回公演について、長く続けてきた朝の番組が「終わるまで待ってくれ」と周りに言っていたそうですが、ちょうど終了を迎え「ここだ!」と思ったそうです

声優・俳優・タレントとして活躍中の山寺宏一さんと水島裕さん、そして演出家の野坂実さんの3人が立ち上げた演劇ユニット・ラフィングライブ。2015年4月に東京・博品館劇場で行なわれた旗揚げ公演「パパ、アイ・ラブ・ユー!」は連日大入りで、大好評のうちに幕を閉じました。

あれから約1年半、第二回公演の演目に選んだのは、「パパ、アイ・ラブ・ユー!」と同じくレイ・クーニー原作の「Run for Your Wife」。平均的なイギリス男であるタクシードライバーのジョンには、なんと2人の女性と結婚しているという秘密が。重婚がばれないようついたウソがウソを呼び大パニックに陥り…爆笑間違いなしの本格コメディです。

今回は、ジョン役の山寺宏一さん、その2人の妻を演じた高垣彩陽さん(メアリー・スミス役)と寿美菜子さん(バーバラ・スミス役)の3人にお話を伺ってきました。

――「パパ、アイ・ラブ・ユー!」の千秋楽の時点で、山寺さんが次回公演について言及されたそうですね。

山寺:実は、まだあの段階では次回作の構想はほぼできていなかったんです。でも、これだけの皆さんに来ていただいたということで、次も必ずやりたいという思いが強くありました。

――「Run for Your Wife」の演目は、いつ頃決まったのでしょう?

山寺:詳しくはよく覚えていませんが、旗揚げ公演が終わって、しばらくして3人で集まり、「さて、次の公演はどうしようか?」という話になりまして。レイ・クーニーの作品は僕の中でもすごく気に入ったので、次もぜひ彼の作品で、と思い立った時に、「Run for Your Wife」が候補に挙がったんです。

――そして高垣さんと寿さんに、ジョンの妻という役のオファーが来ることになりますが、最初にお話を聞いた時の率直な気持ちをお願いします。

高垣:実は、私と美菜ちゃん(寿さん)は「パパ、アイ・ラブ・ユー!」を一緒に観に行っていたんです。そこで「こんな素晴らしいキャストで面白い舞台を観られて、何て贅沢なんだろう!」と、2人で興奮しながら帰ったのを、覚えています。「私もいつかこの方たちの舞台に参加したい」と思っていたら、今回こうしてお声がけいただき、すごくありがたかったです! でも同時に「果たして私が大役を務め上げることができるのかな……?」と不安な気持ちもありますね。

――寿さんは、水島さんと野坂さんが携わった朗読劇に出演経験がおありですよね?

寿:はい。2015年9月に公演があった「笑う朗読」という朗読劇に出演させていただきました。お2人の指導もありまして、大変勉強になりました。

山寺:そうなんだよね。だから、その時に「ラフィングライブ」出演の予行演習ができていると言っても過言ではないんじゃない?

寿:いえいえ、そこまでは……(苦笑)。

高垣:「笑う朗読」は私も観に行かせていただいたのですが、観ていてすごくうらやましかったです。

――山寺さんは、そんなお2人のどんなところに惹かれたのでしょうか?

山寺:まず、大前提として2人とも舞台やお芝居の経験がそれほどあるわけではないんですよね。でも、ちょっと見れば向いているかどうか、適性があるのかどうかってわかるものなんです。

高垣・寿:恐縮です……。

山寺:でも、2人ともこうして出演していただけて本当に良かったです。アニメのレギュラーだったり、ライブのリハーサルだったり、日々忙しい中で舞台の稽古も……となると、そりゃ相当ですからね。お話を受けていただいて、本当にありがたいです。観ていただいているお客さんは当然楽しんでいただきたいのですが、我々役者も楽しまなければいい芝居ができないと思うんですね。お2人は、「役を楽しむことができる」と思っています。

――声優としても活躍されている高垣さんと寿さんですが、舞台で演技をする上で、何か別の意識は持たれていますか?

高垣:舞台上で生身の演技をすることに憧れはいつも持っているのですが、「やりたい」と「やれる」というのは絶対的に違うことなんですよね。稽古では、難しさと自分の至らなさを痛感しています。まず、まっすぐに歩く方法がわからない、というところから始まっていますので(苦笑)。今回こうして「Run for Your Wife」出演という大きなチャンスを与えていただいて、どんな準備をすればいいかを必死で考えて臨んでいます。アフレコも舞台も、苦しみがあるからこそやりがいを感じることができると思っています。

寿:先ほど少しお話したように 、水島さんと野坂さんと舞台でご一緒させていただいた時 、お2人ともすごく頼もしかったんですね。お客さんが、より楽しんでくださるような演出や動きをすごく考えてらっしゃるな、と思いました。舞台にも、声優としての仕事にも通じるような教えをたくさんいただいたので、大変ありがたかったです。

――ご自身の演じる役どころを教えていただけますか?

山寺:ジョンはイギリスに住むタクシー運転手で、一見平凡な男に見えますが、実は奥さんが2人いて、家庭を2つ持っているという「重婚生活」をしています。しかしある日、それがバレそうになってしまい、上の階に住む(水島さん演じる)スタンリーと一緒に何とかバレないよう、あれやこれやと画策するのですが、そのうち周囲を巻き込んでのパニックに……という物語です。

高垣:本作の舞台はイギリスのウィンブルドンとストレタムという街で、ジョンはそれぞれに家を持って重婚生活を楽しんでいるのですが、メアリーはウィンブルドンに住んでいます。良妻賢母で、常に夫の3歩後ろをついていくような女性です。

寿:私の演じるバーバラはストレタムに住んでいて、メアリーと対照的に、ジョンを引っ張っていくような強さを持つ女性です。誰にでも分け隔てなく話せるところや、考え方がとても素敵だと思いました。どこまで強く感情を出していけるのかが演じる上での課題ですね。

――お2人が演じた人物と共通点はありますか?

高垣:私がそうだと言っているわけではないのですが(笑)、彼女の「夫に尽くしたい」と思う、時にいきすぎてしまう気持ちが、自分が仕事に向き合う上であれやこれやといろいろ悩んでしまうところとシンパシーを感じる部分もあります。

寿:個人的には、あやひー(高垣さん)のお母さんがメアリーにそっくりだと思うんです。

高垣:実は私も思った(笑)。出かける時、「これ食べる?」とか「あれもった?」とか、すごく心配してくれるんですよね。まさにジョンに対してそういうシーンがあるんです(笑)。

寿:私は……どうかな?

高垣:私たちは戸松遥ちゃんと豊崎愛生ちゃんと4人で“スフィア”というグループで活動しているのですが、最年少の美菜ちゃんが一番しっかりしているんです。決断力が強いといいますか。そういう意味では、バーバラに通じるところがあると思います!

――そんな3人の三角関係が見どころのひとつかと思いますが、もし皆さんの前に魅力的な異性が2人現れたら……どうされますか。

高垣:私は、ジョンのように綿密にスケジュールを立てたり嘘を上手についたり、重婚生活を送るためには、そこまで努力ができないと思うんです。重婚生活は、彼にとってのまさにライフワークですから、私はここまで心血を注ぐことはできないので、どちらかを選びます(苦笑)。

寿:両方と別れますね。迷っているということは、「まだまだ、どっちも私がすべてを捧げる域まで達していないんだ」ということの裏返しだと思うので。

山寺:そうですね……そんなシチュエーションがあったらジョンみたいにならざるを得ない……って、奥さんがいるのに、まともに答えられないですよ(苦笑)。

高垣・寿:確かにその通りです(笑)。

山寺:でも、こうして劇中で2人の魅力的な妻を持つというのは、これはしょうがないことですからね!! 不可抗力なので許して(笑)!

――最後に、メッセージをお願いします。

寿:私たち以外のキャストも、クセのある人物がたくさん登場します。例えばボビー・フランクリン役の賢章くんのこういうお芝居を見るのは初めてで、とても新鮮で面白いです。物語をより楽しむために、各登場人物の気持ちになりきってご覧になるのも一興かも知れません。そして最後にどんな展開が待っているのか、ぜひ楽しみにしていただきたいです。

高垣:ありえない嘘を登場人物がつくのですが、その嘘をつかざるを得ない状況に追い込まれていく人の心理状態を楽しんでいただきたいですね。キャストみんなで一緒に観客をだます、その醍醐味を味わってください。

山寺:そうなんです。出演者のうち、誰かひとりでもほころびが出ると、作品全体が崩れてしまうと思うんです。みんなで一緒に積み上げて積み上げて、まんべんなく積み上がってこそ作品が完成するのではないかと思っています。ぜひ会場で、我々の「作品」を目撃してください。

「Run for Your Wife」は、11月30日(水)から12月4日(日)までZeppブルーシアター六本木にて公演。チケットは全席指定・6800円で、チケットぴあ・イープラス・ローソンチケットで販売中です。【取材・文=ダンディ佐伯】

■ラフィングライブ第二回公演「Run for Your Wife」

期間:11月30日(水)~12月4日(日)

劇場:Zeppブルーシアター六本木

演出:野坂 実

出演:ジョン・スミス…山寺宏一/メアリー・スミス…高垣彩陽/バーバラ・スミス…寿美菜子/ポーターハウス警部…岩崎ひろし/トラウトン警部…高橋広樹/ボビー・フランクリン…小野賢章/新聞記者…横田健介/スタンリー・ガードナー…水島裕

料金:6800円(全席指定)