新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「プリパラ」は終わらない!2017年4月からの新アニメが発表されたクリスマスライブ

2016年12月26日 17:52配信
「プリパラ」は終わらない!2017年4月からの新アニメが発表されたクリスマスライブ

「プリパラ クリスマス☆ドリームライブ2016」には18人もの「プリパラ」アイドルが出演!

12月25日(日)、舞浜アンフィシアターでテレビアニメ「プリパラ」のクリスマスイベント「プリパラ クリスマス☆ドリームライブ2016」が開催されました。昼夜2回開催されたうち、ここでは昼公演の模様をレポートします。

「プリパラ」は、2014年7月から現在まで放送されているアイドルアニメ。小学6年生の真中らぁらとその仲間たちが、アイドルとして成長していく様子を描く作品です。

クリスマスを祝う今回のライブイベントには真中らぁら役の茜屋日海夏さんを始め、芹澤優さん(南みれぃ役)、久保田未夢さん(北条そふぃ役)、山北早紀さん(東堂シオン役)、澁谷梓希さん(ドロシー・ウェスト役)、若井友希さん(レオナ・ウェスト役)、牧野由依さん(黒須あろま役)、渡部優衣さん(白玉みかん役)、真田アサミさん(ガァルル役)、上田麗奈さん(黄木あじみ&ジュリィ役)、山本希望さん(北条コスモ役)、斎賀みつきさん(紫京院ひびき役)、赤崎千夏さん(ファルル役)、佐藤あずささん(緑風ふわり役)、田中美海さん(真中のん役)、大森日雅さん(月川ちり役)、山下七海さん(太陽ペッパー役)、伊藤かな恵さん(赤井めが姉ぇ役)と18人ものキャストと、主題歌アーティストであるPrizmmy☆とプリズム☆メイツが出演しました。

トップバッターは、先日、2017年3月末での活動終了を発表したPrizmmy☆とプリズム☆メイツ。彼女たちが「LOVE TROOPER」と「Jumpin!Dancin!」をメドレーでパワフルに披露すると、会場のテンションは一気にライブモードへと突入。なお、彼女たちはこの日の終盤、3月30日(木)に新宿ReNYでラストライブ「Hello My Future」を開催することを発表していました。

「プリパラ」アイドルたちのライブは、i☆Risメンバー扮するSoLaMi♡SMILEとDressingPafeの2ユニットからスタート。3rdシーズンオープニングテーマ「Ready Smile!!」から始まり、各ユニットの楽曲、そして2ndシーズンの終盤を感動的に盛り上げた「Love friend style」をノンストップで展開しました。

続いて、この日「プリパラ」のイベントに初登場となった山本さんが「君100%人生」によってアダルティな雰囲気で会場を包むと、牧野さんと渡部さんによるアロマゲドンは「でび&えん☆Reversible-Ring」(モニターに映るアニメ映像は76話のクリスマス回!)を息ぴったりにデュエット。その2人に真田さんが加わり、Gaarmageddonとして「アメイジング・キャッスル」を元気いっぱいに披露します。

ファンにうれしい展開は以降も続き、佐藤さんが「コノウタトマレイヒ」を歌っているところに斎賀さんが現れてアニメの名場面を再現したかと思うと、赤崎さんの「0-week-old」では真田さんがステージに登場。ファルルとガァルルによるデュオという本編では見られなかった夢の組み合わせで、ファンを魅了しました。

「ぱぴぷぺ☆POLICE!」「トンでもSUMMER ADVENTURE」「オムオムライス」というテンションの高い3曲を終えると、いよいよライブは終盤へと突入。TRiANGLEとして登場した田中さんが、劇中さながらにじゅのん・ぴのん・かのんの声色を使い分けた「かりすま~とGIRL☆Yeah!」で会場を驚かせると、ステージの両脇から大森さんと山下さんが登場。3人はアニメで活躍中のNonSugarとして「シュガーレス×フレンド」をパフォーマンスし、新ユニットながら大きな存在感を見せつけます。

クライマックスを飾ったのは、斎賀さんを中心としたセレパラ歌劇団による「ホワット・ア・ワンダプリ・ワールド!!」、そこにふれんど~るも加わり10人のアイドルが歌い上げた「アラウンド・ザ・プリパランド!」の壮大な2曲。そして最後はSoLaMi Dressingの6人が「Growin' Jewel!」で爽やかに本編を締めくくりました。

アンコールでは、キャスト陣全員がツリーを囲んで「ラッキー!サプライズ☆バースデイ」をクリスマスバージョンで披露。18人のアイドルがプレゼントボックス内のボールを客席に投げ入れ、クリスマスらしい賑やかさのなか公演は幕を下ろします。

なお、公演中には2017年春から始まる新アニメも発表。真中らぁらがまたまた小学6年生として活躍するという展開になるようで、茜屋さんは「プリパラはまだまだ続きます!」と力強く宣言していました。【取材・文=はるのおと】

※赤崎千夏さんの「崎」は、正しい表記は「立ち崎」ですが、機種依存文字のため「崎」表記しています