キャスト

「第十七回 声優アワード」新人声優賞・梅田修一朗インタビュー 「『梅田に任せてよかった』と思ってもらえるような声優に」

2023年3月11日、2022年度に最も活躍した声優を讃える「第十七回声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、新人声優賞を受賞した梅田修一朗さんのオフィシャルインタビューをお届けします。


「第十七回 声優アワード」新人声優賞・梅田修一朗さん


―—声優アワード新人声優賞受賞、おめでとうございます。受賞を知ったときの率直なお気持ちは?
梅田 「本当ですか!?」です。まずは驚きでした。そこからすぐに喜びと、「新人声優賞をいただけたんだな」という実感が湧いてきて、「受賞の場に胸を張って登壇できるよう、またここから、気を引き締め直してがんばろう」と考えたのをよく覚えています。
―—賞の選考の対象期間、2021年の10月から2022年の9月までは、梅田さんにとってどんな時期でしたか?
梅田 怒涛の1年間でした。本当に、自分の声優としての生活が一変するぐらいの時間を過ごさせていただいたなと、今振り返ると思います。それまでにもオーディションの機会はいただけていたのですが、なかなか役を射止めることができない状態が続いていたんです。それが「魔法使い黎明期」「可愛いだけじゃない式守さん」の2作品で、ほぼ同時に主役に選んでいただけて。
——大きな出来事ですよね。
梅田 ただ、どちらの役のオーディションでも、自分のなかでそれまでと違うことをした意識がなかったんです。あくまでこれまでと同じように、しっかりと台本を読み込んで、役づくりをして、精一杯のお芝居をしただけでした。だからうれしいものの、「これからどんなことをもっとがんばっていけばいいんだろう?」と思わず考えてしまうときもあったり、ほかにもいろいろな感情が入り混じる期間でした……。そんなときにありがたかったのが、同世代の役者の存在です。浦和希くんだったり、ほかの同世代の「すごいな」と思える役者が近くでがんばっている。今でもそうなのですが、そんな同期たちの存在が、迷ったときも立ち止まらずに努力を続けられるパワーの源になっていたと思います。
——「魔法使い黎明期」「可愛いだけじゃない式守さん」でのお仕事について聞かせてください。まずは「魔法使い黎明期」から。
梅田 「魔法使い黎明期」のセービルは、記憶を失っていて、自分が何者かわからない状態から始まる役で、「感情がわからない」ことをお芝居で表現するのが最初の課題でした。ただクールな子でも、ただ自信がない子でもない。ゼロの状態から始まる男の子をどう表現していくのか? 彼と僕とはマイペースなところが共通点だったので、そういうところで親近感を持ちつつ、考えながら演じさせていただきました。
——アフレコ現場の雰囲気はどうでしたか?
梅田 劇中でセービルといっしょに旅をするメインのキャラクターには、年齢の近い役者が揃っていたんですね。それも手伝ってか、とても温かい空気の現場でした。僕は初座長・初主演・初レギュラーということで、初回のアフレコでは意気込んで緊張していたところがあったんです。それを岡咲美保さん、鈴代紗弓さんがくだけた調子で迎えてくれて、そこに少し年上の八代拓さんがお兄ちゃんのような存在として加わってくださって。そのおかげでリラックスして、思うように努力することができました。自分の力を引き出してくれた現場という意識があって、思い入れも深いです。作中の4人と同じように、第1話から最終話までかけて、まるでいっしょに旅をしたような気持ちでした。


「第十七回 声優アワード」新人声優賞・梅田修一朗さん


——続いて「式守さん」はいかがでしょう?
梅田 「式守さん」の現場は打って変わって、まわりを先輩方……大西沙織さん、岡本信彦さん、日高里菜さんに囲まれてのアフレコでした。同世代の松岡美里さんも、キャリアは豊富です。そうした環境で、自分に足りないものがよく見えた現場でした。毎回「もっとこうやりたいのにできない!」みたいに、自分に対する悔しさを感じることが多かったんです。和泉くん自体は、自分としては演じやすいキャラクターだと思っていたのですが、第1話から最終話までほぼ出ずっぱりで、セリフ量も多い役が初めてだったこともあり、本当に自分に足りないものをひたすら感じながら収録していたのを覚えています。
——「式守さん」の現場であらためて感じた先輩方のすごさとは、例えばどんなことだったのでしょう?
梅田 当たり前のことなんですけど、そのキャラクターとして、どんなことも即座に対応できるんです。僕にも台本を読み込んでもってきたお芝居だったり、つくり上げていったその場での和泉くんのイメージだったりがありはするんですけど、先輩方はそれの倍……いや、それ以上のものを現場にもってきていて、自然体でキャラクターとしてその場にいられる。例えば大西さんは、「自分と式守さんのイメージは近くないので、まさか選んでいただけるなんて」みたいなことをおっしゃっていたぐらいでしたけど、僕からしたらもう、現場ではどんなときも式守さんでした。スタッフさんからのディレクションに応じて、すぐにいろんな式守さんの表情をことばで表現できる。周りの方々は僕に、「そのままで和泉くんだから、自信を持って表現すればいいんだよ!」と毎回優しいことばをかけてくださいましたけど、僕は大西さんを始め、先輩方のそういった姿を見るたびに、本当にすてきな役者さんってこうなんだな……と感じていました。
——なるほど。
梅田 あともうひとつ、これまで別作品で演じさせていただいてきたキャラクターも当然大切にしていたのですが、和泉くんはアニメ化される前から、ものすごく多くのファンのみなさんに愛されていたキャラクターだったんです。そういうキャラクターということもあり、声を任せてもらうことの責任感を今まで以上に感じた現場でもありました。
——そうしたご経験であったり、今回の受賞という結果を受け止めて、あらためて今、梅田さんが声優としての目標だと考えていることはなんですか?
梅田 いっぱいあるのですが……まず最初に思うことは、「このキャラクターを梅田にやってもらってよかった」「このキャラクターの声は梅田以外にないよね」と、関わったどの作品でも思ってもらえるような役者になることです。次に、自分の大好きな先輩や、同期の役者たちと、もっともっと現場をごいっしょできるようになることです。この業界で生き残っていけるように、いつまでも胸を張って仕事ができるように、がんばります!
——ところで、最後にひとつ、どうしても気になっていることがありまして……TwitterのIDの「@JBOY_UmeShu」の「JBOY」って、これはどこから?
梅田 それを聞いてくださるということは、もしかして、わかってくださってます?
——え、やっぱりこれは、浜田省吾さんの名曲「J.BOY」からなんですか?
梅田 はい。母のおなかのなかにいるときから、ずっと浜田省吾さんを聴いてきたんです。浜田省吾さんと共演したことのある声優は、今のところ鈴村健一さんただおひとりなんですが、いつか第二の「浜田省吾さんと共演した声優」になれたらうれしいですね。それも目標のひとつです(笑)。


「第十七回 声優アワード」新人声優賞・梅田修一朗さん


【撮影:田上富実子/取材・文:前田久】

■第十七回声優アワード 受賞者及び受賞作品
主演声優賞&MVS 江口拓也
主演声優賞&助演声優賞 種﨑敦美
主演声優賞 安済知佳
助演声優賞 池田秀一
助演声優賞 置鮎龍太郎
新人声優賞 梅田修一朗
新人声優賞 直田姫奈
新人声優賞 永瀬アンナ
新人声優賞 日向未南
新人声優賞 若山詩音
歌唱賞 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
外国映画・ドラマ賞 貫地谷しほり
外国映画・ドラマ賞 森川智之
シナジー賞 呪術廻戦
富山敬賞 諏訪部順一
高橋和枝賞 川村万梨阿
キッズ・ファミリー賞 大谷育江
キッズ・ファミリー賞 松本梨香
インフルエンサー賞 花江夏樹
功労賞 秋元千賀子
功労賞 屋良有作
特別賞 やくならマグカップも 

リンク:「声優アワード」公式サイト
     「声優アワード」公式Twitter・@seiyuawards

この記事をシェアする!

MAGAZINES

雑誌
ニュータイプ 2024年6月号
月刊ニュータイプ
2024年6月号
2024年05月10日 発売
詳細はこちら

TWITTER

ニュータイプ編集部/WebNewtype
  • HOME /
  • レポート /
  • キャスト /
  • 「第十七回 声優アワード」新人声優賞・梅田修一朗インタビュー 「『梅田に任せてよかった』と思ってもらえるような声優に」 /