新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第15回「声優アワード」受賞者インタビュー】助演女優賞 上田麗奈さん

2021年03月18日 13:00配信
第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した上田麗奈さん
第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した上田麗奈さん

2021年3月6日、2020年度に最も活躍した声優を称える第15回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、助演女優賞を受賞した上田麗奈さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

ーー助演女優賞の受賞、おめでとうございます。

上田 ありがとうございます。受賞の報告をいただいた際は、恐れ多くて逃げ出したい衝動に駆られたんですけど、今は少し落ち着きました。正直まだ未熟すぎるのではないかという思いもありますが、これからゆっくりと受け止めていきたいです。

ーー上田さんは6年前に「第9回声優アワード」の新人女優賞を受賞されていますが、当時と比べていかがですか?

上田 新人女優賞をいただいた時は、今回よりも恐怖が大きかったです(笑)。本当に「なんで私なんだろう?」って怯えて、泣きそうになってましたから、それから比べると今回は受け入れるスピードはやや早かったかもしれませんね。

ーーご自身が演じたキャラクターを改めて振り返ってみて、2020年はどんな一年でしたか?

上田 2020年は、二面性のあるキャラクターを担当させていただくことが多かったような気がします。「上田麗奈=二面性キャラ」というイメージが定着しちゃった一年だったかもしれません。

ーー「定着しちゃった」ということは、ご自身の本意ではない?

上田 いえ、嫌なわけではないんです! これが今の自分なんだなぁ、と。私自身は積極的に二面性を出そうと思っていたわけではなかったので、驚きや不思議な気持ちの方が強い感覚です。

ーー2020年で言うと「ダーウィンズゲーム」の狩野朱歌などもツンデレキャラに近いですが、あまり二面性というのは意識されていないんですね。

上田 そうですね。ちょっとクセのある子ですけど、彼女なりに正しいと思うことをやっているだけなので、寧ろ軸がはっきりしているなぁと思いながらアフレコに臨みました。ただ、少し前の私だったら、彼女のことを「悪い子」として捉えてしまっていたかもしれません。今だからこそ向き合えたキャラクターだったと思うので、そこは少し成長したのかな……。

ーーキャラクターと向き合ううえで、具体的にはどんなところが成長したと感じますか?

上田 「客観性」ですね。これまでは台本を読んでいてもついつい私自身のクセで解釈してしまっていたところを、「この子は私とは違うんだ!」ということをかなり意識するようになったんです。私が感じたものをそのままストレートにお芝居として表現するのではなく、できるだけ読解したうえで臨むようにしています。

ーーアプローチの方法が変わったのは、何かきっかけがあったんですか?

上田 「クロムクロ」のソフィー・ノエルを演じたことが大きいですね。当時はディレクションで指摘されたことがなかなか理解できず、何度もリテイクを重ねていたんですけど、なぜか最終話になって急にパーンと視界が開けて、言われていることが理解できるようになったんです。そのときに、これまでうまくいかなかったのは「客観性」がなかったんだなということに気がついたんです。まあ、とは言えそれから劇的に芝居がうまくなったとか成長したというわけではないんですけど(笑)、でも自分の装備品が少し増えたなとは感じます。

ーーなるほど。個人的にもっとも手ごたえを感じたキャラクターやシーンはありますか?

上田 「ポケットモンスター サン&ムーン」で、私が演じるマオが母親と再開するシーン(第108話)が印象深いです。その作品の、その座組だからこそのキャラクターが生まれる瞬間に立ち会ったような感覚がありました。私自身は読解が足らない部分も多く、成長すべきところが沢山あるなと感じたアフレコでしたが、終わったときに見たスタッフさんたちの表情や、作品を見てくださった方々の言葉から、マオという女の子に、ちゃんと立体感が出た回になったんだなと感じることができて、すごく嬉しかったです。

ーー声優としていちばん大切にしていることはなんですか?

上田 「マイク前で堂々とすること」ですね。簡単なようですが、自分に自信を持てない私にとってはすごく難しいことなんです。どんなにそのキャラクターと向き合っても、アフレコ当日に、不安や恐怖で心が動かなくなってはどうにも出来ないなと思い……。「お芝居をする際は自信ではなく勇気をもつ」を心がけながら、堂々と表現することを大切にしています。

ーーこれから先はどんなキャラクターを演じてみたいですか?

上田 自分からは特にこういう役柄を演じたいというのはなくて、そのときどきの自分に出来ることや、周りの方が抱くイメージに委ねたいと思っています。アニメーションや外画の吹き替え、ナレーションなど、さまざまな作品に携われるように頑張りたいです。

第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した上田麗奈さん
第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した上田麗奈さん


●うえだ・れいな/1月17日生まれ。富山県出身。81プロデュース所属。主な出演作に「SSSS.GRIDMAN」(新条アカネ)、「安達としまむら」(永藤)など。また「パンダのシズカ」(アディ)に吹き替えとしても出演

第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した上田麗奈さん
第15回「声優アワード」で、助演女優賞を受賞した上田麗奈さん


撮影=武田真由子 取材・文=岡本大介

第15回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:津田健次郎
●主演女優賞:石川由依
●助演男優賞:子安武人、島﨑信長
●助演女優賞:上田麗奈、鬼頭明里
●新人男優賞:伊藤昌弘、小林千晃、土屋神葉
●新人女優賞:逢来りん、市ノ瀬加那、杉山里穂、藤原夏海、和氣あず未
●歌唱賞:ワルキューレ
●パーソナリティ賞:安元洋貴
●功労賞:増山江威子、津嘉山正種
●シナジー賞:プレミア音楽朗読劇「VOICARION IX 帝国声歌舞伎~信長の犬~」
●富山敬賞:関俊彦
●高橋和枝賞:榊原良子
●キッズファミリー賞:中川里江
●外国映画・ドラマ賞:山路和弘、小宮和枝
●インフルエンサー賞:小岩井ことり
●MVS(Most Valuable Seiyu):下野紘
●特別栄誉賞:鬼滅の刃
※今回は、ゲーム賞の該当者なし
※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。