新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

初となる5人歌唱曲は10月のイベントにて! 【2.85次元】教育番組パロディショー「うたってにこりん☆」和合真一、佐奈宏紀インタビュー

2021年08月23日 20:15配信
左から、水無瀬レイ役・佐奈宏紀さん、鹿月扇次役・和合真一さん
左から、水無瀬レイ役・佐奈宏紀さん、鹿月扇次役・和合真一さん(C)UTANIKO2020

和合真一さん、木津つばささん、佐奈宏紀さん、加藤将さん、陳内将さんら人気俳優が「うたのおにいさん」として活躍する姿を描く、【2.85次元】教育番組パロディショー「うたってにこりん☆」。お子さまと一緒にさまざまことに挑戦する教育番組パロディパート、おにいさんたちの素顔が垣間見えるドラマパートが楽しめる見どころ満載の作品となっています。そんな彼らが一堂に会するイベント「出張!うたってにこりん☆お遊戯会」が、10月2日(土)、東京・有楽町よみうりホールにて開催決定! イベントでは全員歌唱の新曲「これからの君たちへ」のフル尺を初披露予定となっています。WebNewtypeでは撮り下ろしショットとともに、全3回に渡り、うたのおにいさんを演じる5人のインタビューをお届けします。第2回は鹿月扇次役・和合真一さん、水無瀬レイ役・佐奈宏紀さんの登場です。

——作中では現代風にアレンジされた新感覚の童謡や寸劇といった教育番組パート、うたのおにいさんたちの素顔に迫るドラマパートなどさまざまなことに挑戦されています。撮影当時を振り返られていかがですか?

佐奈宏紀(以下、佐奈) 「うたにこ」では本当にいろいろなことをやったんですけど、一番思い出に残っているのは子供たちと一緒に披露した「どんぐりころころ」ですね。子供たちもばっちり振り付けを覚えてきてくれていて、すごく楽しかったです! 子役の子2人とも、僕がスタジオに入ってきた瞬間からどんどん話しかけてきてくれたんですよ。自分たちの出番が終わったあとも「帰りたくなーい」「もうちょっと一緒にいたいよー」と言ってくれて、おかげでその後の撮影も頑張れました。

水無瀬レイ役・佐奈宏紀さん
水無瀬レイ役・佐奈宏紀さん(C)UTANIKO2020


和合真一(以下、和合) 僕も子供たちが懐いてくれたのがすごくうれしかったですね。撮影中もスタッフさんの指示通りにはいかなかったりとか、大人の事情なんて関係ない自由な姿が可愛かったです。おうたのコーナーで「さくらさくら」を披露する際なんかも、曲調が変わるタイミングで子供たちはカメラ前からはけなくちゃいけなかったんですけど、ずーっとその場から動かなかったことがあって(笑)。その子を気にしながらも僕が踊り始めるんですけど、YouTubeを見ながらいつも当時のことを思い出します。たぶん僕もそういう時代があったんだろうなあ。

鹿月扇次役・和合真一さん
鹿月扇次役・和合真一さん(C)UTANIKO2020


——昨年12月にYouTubeでの配信が始まり、今年4月にはTV放送もありました。うたのおにいさんを演じられてから約7ヶ月経ちますが、どんな反響が寄せられましたか?

佐奈 同業者や身内からも、楽しそうなことをやっているねと言われます。うたのおにいさんという役どころなんですけど、本家とはまたちょっと違うおもしろさが詰まっているし、ドラマ部分など役者がやるからこその味があるんじゃないかなと思います。あとシンプルに、うたのおにいさんとして子供たちに接するのが楽しかったです。子供の頃に見ていたうたのおにいさんを自分が演じるというのも不思議な気持ちだったし、本当にワクワクしました。

和合 僕はもともとテーマパークのおにいさんとか、うたのおにいさんをやってみたかったんですよね。「うたにこ」も本家のおにいさんみたいに「さあみんな、行くよー!」ってテンションでやりたかったんですけど、鹿月扇次くんが全然そういうキャラじゃなくて(笑)。レイおにいさんにしても、いわゆる王道のうたのおにいさんじゃなかったよね。

佐奈 そこも「うたにこ」のおもしろいところだよね。

和合 あたごおにいさんとか、絶対いないじゃん? 若干アウトのライン(笑)。そういった部分も含めて、子供にも大人にも楽しんでもらえるコンテンツになっていると思います。今回一緒に収録に参加してくれた子や番組を見てくれた子たちの思い出になって、彼らが成長したときに、マスコットキャラクターのクリオ(CV:齋藤彩夏)とか僕たちの姿が頭をよぎったらうれしいです。

——全員歌唱の新曲「これからの君たちへ」の第一印象はいかがでしたか?

佐奈 正直な感想を言うと、「キーが高い!」って思いました(笑)。

和合 楽譜を見ても、上に突き抜けている箇所があるんですよ。

佐奈 コール&クラップ部分の「金土日」とか、もうとんでもないことになっていますからね。ここをどう攻略するかが鍵でした。曲全体の印象としては、「うたってにこりん☆」にマッチしているハッピーなメロディーだし、誰かを幸せにできるパワーが詰まっているなと思いました。ドラマパートでの僕たちのセリフも挟み込まれているので、ぜひじっくり聴いてほしいです。

和合 佐奈くんも言ったとおり、今までのルーツが思い出として歌詞に詰め込まれているんですよね。曲調も爽やかな感じで、ここまでの総集編みたいなイメージがありました。ここまでのドラマを経てできあがった曲なので、番組を見てきてくれた方にも刺さるだろうし、演じてきた僕たちも胸にくるものがありますね。5人で一緒に歌う日が楽しみです。

佐奈 そうそう、これまでの「うたにこ」とリンクさせながら聴いてもらいたいですね。いろいろよみがえってくるだろうし、絶対に楽しいと思います。

和合 サビの歌詞もすごく印象的なんですよね。自分たちの番組を見てくれている子供たちが大人になったときのことも考えているという歌詞になっていて、うたのおにいさんとしての象徴というか、思いが詰まったメッセージだなと思います。

佐奈 タイトルが「これからの君たちへ」ですし、まさにそういうことですよね。

——新曲のフルサイズは、10月に開催される「出張!うたってにこりん☆お遊戯会」にて初披露となります。当日はどんなイベントになりそうですか?

和合 先日、イベントに向けたバラエティ企画動画を僕と木津くん、陳内くんで収録したんですけど悪ノリがすぎましたね(笑)。イベントで披露する朗読劇「ネオ・フェアリーテイル」のネタや配役を決めたんですよ、他のメンバーのいないところで。3人ともうたのおにいさんのキャラクターじゃなく本人として出演していることもあって、全体的におもしろおかしく仕上がっております。カオスです!

鹿月扇次役・和合真一さん
鹿月扇次役・和合真一さん(C)UTANIKO2020


佐奈 おふざけがすぎたイベントになりそうな予感がする(笑)。

水無瀬レイ役・佐奈宏紀さん
水無瀬レイ役・佐奈宏紀さん(C)UTANIKO2020


和合 うん、夜の部は若干……。昼の部は「〜for Children〜」っていうぐらいだから、お子さんたちに夢を与えなきゃいけないしね。イメージとしては公開収録です。うたのおにいさんにしても、お子さんだけじゃなく家族で楽しんでいただく時代だと思うので、イベントでお母さんやお父さんの応援も勝ち取り、せんじおにいさんのファンになっていただくと! それぐらいの意気込みでイベントに挑みたいと思っています。

佐奈 イベントでは朗読劇の台本もガッツリと変わるので、昼夜で2度楽しめると思います。トークとかの雰囲気も変わるんじゃないかな。変えようと意識していなくても、子供たちに伝わる話と、大人が聞いておもしろい話の違いもあるだろうし。そういった部分も含め、楽しみにしていてください!

——最後に、「WebNewtype」読者へのメッセージをお願いします。

和合 「うたにこ」は企画ものではあるんですけど、僕のなかでは本物のうたのおにいさんをやっているぐらいの気持ちで挑んでいます。今回のイベントは、これまで画面のなかの存在だった僕たちを直に見ていただける、「うたにこ」のおにいさんたちって実在するんだと感じてもらえる本当にいいチャンスだと思っています。成功させたいですし、さらに今後の展開を期待してもらえるようなイベントにできるように頑張ります。

佐奈 「うたにこ」はハッピーなものしか詰まっていなくて、今回のイベントもきっとお客さんたちを幸せな気持ちにできると思うんですよね。画面から飛び出したうたのおにいさんたちに会いに来てくれたみんなを、朗読劇やライブで楽しませられたらうれしいです。イベントでは新曲「これからの君たちへ」の発表もあるので、そちらも楽しみにしていただいて、みんなで一緒に盛り上がれたらいいなと思います。

左から、水無瀬レイ役・佐奈宏紀さん、鹿月扇次役・和合真一さん
左から、水無瀬レイ役・佐奈宏紀さん、鹿月扇次役・和合真一さん(C)UTANIKO2020


【取材・文:藤谷燈子、撮影:池上夢貢】

「【2.85次元】教育番組パロディショー『うたってにこりん☆』」
リンク:「【2.85次元】教育番組パロディショー『うたってにこりん☆』」公式サイト
    YouTube「うたにこ公式チャンネル」公式チャンネル
    公式Twitter・@utaniko_info

【イベント概要】
「出張!うたってにこりん☆お遊戯会」
リンク:「出張!うたってにこりん☆お遊戯会」イベントページ

(日時)
2021年10月2日(土) 2公演
・昼の部~for Children~ 12:15開場 13:00開演
・夜の部~for Adult~ 16:15開場 17:00開演

(会場)
有楽町よみうりホール

(出演)
和合真一(鹿月扇次役)
木津つばさ(不知火たまき役)
佐奈宏紀(水無瀬レイ役)
加藤将(木坂樹里役)
陳内将(愛宕金太郎役)
つるの剛士(銀河光役)