新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」川合麻依役・若山詩音インタビュー(後編) 「走る演技で筋肉痛に」

2022年01月05日 13:00配信
ハコヅメ~交番女子の逆襲~」より

ハコヅメ~交番女子の逆襲~」より

(C)泰三子・講談社/ハコヅメ製作委員会

新人警察官の川合麻依は、パワハラで刑事課から飛ばされてきた巡査部長の藤聖子と出会ってから人生が激変! 仕事はできるが理不尽な藤、取り調べは天才だけど他はてんでだめの源誠二など、愉快(?)な先輩や同僚に振り回される日々を送ることになり……!?
警察官たちのリアルな日常を描いたコミック「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」(以下「ハコヅメ」)のTVアニメが、ついに1月5日(水)から放送スタート。主人公の川合麻依を演じる若山詩音さんに、作品の魅力や演じるキャラクターのことについて前後編でうかがいます。

――川合をアフレコで演じるなかで、印象に残っているエピソードを教えてください。
若山 第4話のアフレコは大変でした。詳しい内容は放送をご覧いただければと思うのですが、川合がとにかくずっと走っているんですよ。つまり私も走っているお芝居をするということ。息だけで走り続けるって、実はかなり大変なんだなと初めて知りました(笑)。翌日、背中とお腹が筋肉痛になるほどです。物語としても、皆さんがよく知る捜査に活躍する動物のことや、女性警官ならでは苦労など、警察のリアルな日常を知ることができるので、ぜひ楽しんでいただければと思います。

――アニメに限らず、原作でお気に入りのエピソードはありますか?
若山 町山署署長の誕生日をお祝いするために、これまでにない最高の通常点検(装備品や所作の確認)をするというエピソードです。緊張感で空気が張り詰めている時に限って、ふとしたことで笑いそうになることがありますよね。その話数でも、そんなハプニングが連発していて、私も吹き出しながら読んでいました。原作の泰三子先生は元警察官とのことで、そんな通常点検が本当にあったのか、すごく気になります。

――原作ファンとして、今回のアニメをどうご覧になっていますか?
若山 一部を除いて基本的にアニメ各話で原作2話分を描いているのですが、内容や雰囲気をアニメとして忠実に再現しているなと思います。私たちキャストも「ハコヅメ」独特のリズム感のあるセリフを意識しながら、会話相手の言葉をしっかりと受け止めて、リアルな会話を心がけています。コメディの部分では、受けを狙ってギャグっぽいしゃべり方をすることもありますが、素で思わずポロッと出てしまった言葉がツボに入ることもありますので、そのメリハリは意識しています。

――個性あふれるキャラクターばかりですが、若山さんの“推し”は誰ですか?
若山 すごく悩みますが、山田が好きですね。最初に出てきたときには、山田も川合と同じ系統のポンコツなのかなと思いました。でも、藤部長と源部長の間でいざこざがあってもうまくまとめたり、事件関係者の話を真剣に聞いたりとする姿は意外と頑張り屋で、山田がいないとまとまりがなくなってしまうのではないかと思うようになりました。特に、藤部長と源部長は、山田頼りだと思います(笑)。また、アニメで描かれるかはわかりませんが、合コンやデートに出かけた顛末を見ていると、女性運が悪いなと。山田には申し訳ないですが、そんなところもおもしろいですね。

――“ペア”を組むとしたら誰ですか?
若山 牧高さん一択ですね。仕事に一生懸命だし、パワハラはしてこなさそうだし。黙々と仕事をする牧高さんのスタイルが私とあっているので、ぜひペアを組みたいです。そのためなら歴史小説を読みあさって、 “歴女”の道を喜んで進みます(笑)。

――藤部長はいかがですか?
若山 川合の視点から見ると、ちょっと怖いけれど、美しくて面倒見のいい先輩になっているなと思います。それを見ていると藤部長とペアを組むのもいいなと思うのですが、時々おりてくる無理難題に応えられる自信はないかな(笑)。源部長は、何をするにも丸め込まれそうで怖いですね。取り調べ以外の仕事ができなそうなので、そのケアも大変そうです(笑)。

――川合は藤と出会って警察官としてもう少しがんばることを決めましたが、若山さんが演技の仕事を志したきっかけは何ですか?
若山 幼いころから劇団に所属していたので最初のきっかけは覚えていないのですが、演技を“仕事”にしようと決心したのは、20歳のころです。映画「空の青さを知る人よ」の主演が決まった頃でした。当時は大学に通っていたんですけど、周りは就活をしたり、大学院進学のための勉強をしたりと、将来に向けて動き出していました。私はというと、将来は演技の仕事をするんだろうとぼんやりと考えていたのですが、教育実習に行ったら、そこで教員の仕事の楽しさも知って。でも、主演の仕事が決まったことで、演技の仕事を頑張って、役者として大きな実績を残したいと決意できたんです。

――ありがとうございます! 「ハコヅメ」の放送を楽しみにしています。
若山 ついに交番女子の日常を描く本作の放送が始まりました。登場人物たちは何だかんだと真剣に仕事に取り組みながら、その結果、真剣に笑わせにきます。警察官の日常に笑えて、時には考えさせてくれるようなエピソードがいっぱいなので、ぜひ楽しんでもらえればと思います!

【取材・文:星政明】

■TVアニメ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」
放送:AT-X…2022年1月5日より毎週水曜 23:30~
   【リピート放送】1月5日より毎週金曜 11:30~/毎週火曜17:30~
   TOKYO MX…2022年1月5日より毎週水曜 25:05~
   KBS京都…2022年1月5日より毎週水曜 25:05~
   サンテレビ…2022年1月5日より毎週水曜 25:30~
   テレビ愛知…2022年1月5日より毎週水曜 26:35~
   BS日テレ…2022年1月6日より毎週木曜 24:00~
※放送時間は変更になる可能性がございます

配信:dアニメストア、Amazon Prime Videoにて地上波先行配信!
   dアニメストア…2022年1月5日より毎週水曜 24:00~
   Amazon Prime Video…2022年1月5日より毎週水曜 24:00~
   ※その他サイトも1月12日(水)24:00以降、順次配信予定

スタッフ:原作…泰三子(講談社「モーニング」連載)/監督…佐藤雄三/シリーズ構成…金月龍之介/キャラクターデザイン…土屋圭/副監督…石田 暢/美術ボード…橋本和幸、横松紀彦/美術設定…杉山晋史/色彩設計…大野春恵/撮影監督…畑中宏伸/編集…塚常真理子/3D監督…田中康隆/音楽…信澤宣明/音響監督…小泉紀介/音響効果…山谷尚人/録音スタジオ…スタジオT&T/音響制作…マジックカプセル/制作プロデューサー…芦川真理子、豊田智紀/アニメーション制作…マッドハウス/製作…ハコヅメ製作委員会

キャスト:川合麻依…若山詩音/藤聖子…石川由依/源誠二…鈴木崚汰/山田武志…土屋神葉/牧高美和…花澤香菜/副署長…ケンドーコバヤシ/北条保…小山力也

リンク:TVアニメ「ハコヅメ~交番女子の逆襲~」公式サイト
    公式Twitter・@hakozume_anime