新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

監督のマオ愛をはじめ、裏話が連発! TVアニメ「ヒナまつり」スタッフインタビュー 第12回

2018年06月21日 18:00配信
監督のマオ愛をはじめ、裏話が連発! TVアニメ「ヒナまつり」スタッフインタビュー 第12回

TVアニメ「ヒナまつり」より

(C)2018 大武政夫・KADOKAWA刊/ヒナまつり製作委員会

TVアニメ「ヒナまつり」の魅力に迫るインタビュー連載、第12回。原作者の大武政夫さんとアニメ監督の及川啓さんの話はヒートアップ! 原作やアニメのシリーズ構成の秘話も明かされた注目のインタビューをどうぞ!

――原作も14巻まで出ている人気作品ですし、アニメ化にあたってのエピソードの取捨選択も苦労されたのではないかと思うのですが。

大武:原作の分量があるから、何を入れて何を削るかは相当話し合いましたね。

及川:まず(大武)先生にどうしても入れたいエピソードを言ってもらい、次に僕の入れたいエピソードを言って、その上でシリーズ構成の大知(慶一郎)さんにシナリオを書いていただきました。ちなみに私はマオの無人島のエピソードを入れたいと言いましたね。

大武:大知さんは、最初「いやー無理じゃないですか」って言ってましたね(笑)。

及川:そうですね(苦笑)。ですがあのエピソードはマオの一人芝居がシュールで好きでしたので入れさせていただきました。映像にするとあのシュールさが、より引き立つと思いましたので。

――監督がマオファンだとお聞きしていましたが、まさかここまでとは思いませんでした。

及川:マオは行動が読めなくて、次は何をやってくれるんだろうとワクワクするので、好きですね。ただマオのエピソードを選んだ理由はとてもアニメ向きなお話と判断したからなんですけどね…(苦笑)。

――アニメ冒頭をあのシーンから始めた理由は?

及川:冒頭でマオを出した理由は、「ヒナまつり」というタイトルを知らない方に、「続きを見たい」と思ってもらうインパクトを残したかったからです。アニメが始まって1分でそう思ってもらえるために、あえてカンフーのアクションとシュールなギャグがあるあのシーンを入れました。アバンにあそこを持ってきて喜んでくれた人は、きっと続きも喜んでくれるんだろうな~って。

大武:漫画を読んでいない人が「スマートフォンがー!」で笑ったみたいな意見を見ると、監督の嗅覚すげーなーって思いましたね。

及川:でも正直、緊張しました。原作通りでいくと、当然冒頭は違いますから。原作を調整するからには、見てくれる人が喜んでくれないといけないので。

大武:放送が始まる前は、ちょっと弱気になっていましたもんね。「もしもアバンのマオで叩かれたら全部僕のせいなんで」って。

及川:言ってました(笑)。まず第1弾PVを作らせてもらった時、視聴者さんから「マオが出るところまで話が進むのが不安」などの意見をいただきまして……自分が原作を本当に面白いと思っているからこそ、その意見を聞くと不安を感じました。原作ファンの方はアニメーションを作る上でとても大切ですからね。

大武:でも僕は監督の熱意がめちゃくちゃ伝わったんですよ。マオのエピソードを入れるか入れないかで、全員がどうしようと思っている時に、監督が「入れたい!」って思いをぶつけてくれた。その時に「こんなに気持ちが入ってくれるんだったら任せられる」というか、ただ受けた仕事じゃない、本当に好きで携わってくれているんだなって思いました。

――大武さんはこのエピソードを入れたいという希望は?

大武:僕がぜひ入れてほしいと言ったのは、第9話のコンクリドラム缶の回と、「おいおい瞬殺だよ」が聞ける第11話の『血と暴力と金に飢えた男』と、第7話のヒナが生徒会選挙に立候補する回。この3つはマストでと。

及川:あとマミちゃんの「ママ」エピソードを入れようって。

大武:そうだ。第8話のマミちゃんのエピソードも入れてほしいって言いましたね。あれは「ヒナまつり」史上、一番早くネームが通ったんで縁起のいい回なんです。

一同:(笑)。

――アニメの二期があるとしたら、どんなエピソードをやりたいですか?

大武:壺を作るやつとか、瞳ちゃんがフロリダに行く話。あとアンズが学校に行く話も見たいですね。

及川:壺とフロリダがやりたいですね(笑)。あとはJKオプションの回がやりたいです(笑)。

大武:でもアニメで見るんだったら、やっぱりヤクザの抗争で空を飛びまくるところですかね。あれはアニメのほうが絶対映えると思います。

及川:あのエピソードはアニメにすると見ごたえがあると思います(笑)。ちなみにキーアニメーターの方に「消しゴムの回(原作第42話)いつやるんですか?」って聞かれて、やらないって言ったら「アレやらないとか意味わからない」って怒られました(笑)。

――大武先生的に描きやすかったり、好きなキャラクターはいますか?

大武:巻き込まれるタイプの人たちの話は描きやすいですけど、好きなキャラクターだと、最近はヒナが1位になってきます。新田さんみたいな気持ちになってるんですね僕。最初はヒナが描きづらくて……。喋んない、動かない、何もしないから話が進まない。何を考えてんのかもわかんなくて苦労したんすけど、徐々に口数が増えていって。

一同:(笑)。

大武:そしたら読者の方からも「ヒナが成長している」みたいに言われて。「……オッ。確かに」って思いました(笑)。何も知らなかった子が、少しずつ現世に溶け込んでいる感が出てる。そしたら徐々に愛着も湧いてきて。

――最後にファンの方にメッセージをお願いします。

大武:見てくれた人、ありがとうございます(照)。こうやって漫画を世に出しているってことは、色んな人になるべく読んでほしいって気持ちがあるので、アニメで「ヒナまつり」を知ってもらって、漫画も楽しんでもらえたら一番幸せです。

及川:この作品は本当に原作が大好きなスタッフの人たちに作っていただいているので、良い映像になっていると思います。先生と一緒ですけれど、アニメーションを見て興味を持ってくれたのなら、原作も読んで、より深めてくれると嬉しいなと思います。見ていただいてありがとうございます。

【取材・文:佐藤京一】

■TVアニメ「ヒナまつり」

放送  :AT-X…4月6日から毎週金曜日21:00~(リピート放送有り)

     TOKYO MX…4月6日から毎週金曜日25:40~

     テレビ愛知…4月7日から毎週土曜日25:50~

     KBS京都…4月6日から毎週金曜日25:40~

     サンテレビ…4月8日から毎週日曜日24:30~

     TVQ九州放送…4月8日から毎週日曜日26:35~

     BS11…4月7日から毎週土曜日27:00~

配信  :ひかりTV、dTVにて毎週金曜日23:00~特別先行配信

スタッフ:原作…大武政夫(「ヒナまつり」/KADOKAWA刊)/監督…及川 啓/シリーズ構成・脚本…大知慶一郎/キャラクターデザイン・総作画監督…神本兼利/助監督…松原 桂/キーアニメーター…枡田邦彰、竹内哲也、荒木 涼/美術監督…吉原俊一郎/美術設定…青木 薫/背景…美峰/色彩設計…岩井田 洋/撮影監督…中村雄太/編集…平木大輔/音響監督…本山 哲/音響制作…マジックカプセル/音楽…三澤康広/音楽制作…日本コロムビア/アニメーション制作…feel./製作…ヒナまつり製作委員会

キャスト:ヒナ…田中貴子/新田義史…中島ヨシキ/アンズ…村川梨衣/三嶋瞳…本渡楓/詩子…日笠陽子/マオ…小澤亜李/若頭…小山剛志/サブ…河西健吾

リンク:アニメ「ヒナまつり」公式サイト

    公式Twitterアカウント・@hinamatsuri4649