新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

アニスタ『WITトーク』レポート!「進撃の巨人」の〈奇数の砦〉と〈偶数の砦〉が登壇!

2019年03月01日 15:00配信
アニスタ『WITトーク』レポート!「進撃の巨人」の〈奇数の砦〉と〈偶数の砦〉が登壇!

アニスタ『WITトーク』より

1月27日(日)、2月9日(土)&10日(日)、WIT STUDIOが中心となって開催されたリアルイベント『アニメスタジオミーティング(アニスタ)』が行われました。最終日となる2月10日はミーティングデイと題して、秋葉原エンタスとベルサール秋葉原の2会場で様々なトークイベントを開催。そのレポートが到着しました。

イベントの一つである『WITトーク』には、WIT STUDIOの代表取締役・和田丈嗣氏、プロデューサーである中武哲也氏、アニメーターの浅野恭司氏と門脇聡氏が登壇。和田氏の司会にてトークがスタートした。

最初のトークテーマは、今回のメインゲストである門脇氏について。

門脇氏との出会いを、中武氏は「『戦国BASARA』を制作していたとき、純粋に原画がうまい人として我々の前に登場した人」と語った。さらに「キャラクターがうまいだけでなく、アクション作画も驚異的なレベル」とその手腕を絶賛。浅野氏も「そうそう作画を任せられるアニメーターはいない、でも『進撃』の仕事ぶりを見ても、信頼して任せられる人だと思っている」とコメントした。

門脇氏は「戦国BASARA」で現在のWIT STUDIOのメンバーたちと合流後、Production I.G.時代の作品「ギルティクラウン」で総作画監督を担当。その後、「進撃の巨人」でも共同で総作画監督を務め、「終わりのセラフ」では総作画監督だけでなくキャラクターデザインも担当した。一般には耳慣れない〈総作画監督〉とは具体的にはどのような役割を指すのか? ここで、門脇氏自らが「絵を描く人の絵柄はそれぞれ違うので、5人の作画監督がいたら5人の絵柄がある。作品をとおしてその絵柄のバラつきを整え、なじませていくのが総作画監督です」と解説した。

総作画監督は作品のクオリティーを保つための重要なポジションのため、WIT STUDIOでは〈最後の砦〉と言われているという。特に「進撃の巨人」では奇数回を浅野氏、偶数回を門脇氏が担当しているため、浅野氏は「僕が〈奇数の砦〉、門脇さんが〈偶数の砦〉と呼ばれています(笑)」とコメント。さらに「門脇さんの原作の絵を尊重して表現することに命をかけている姿勢を見て、大きな刺激を受けています」と語った。これに対し、門脇氏も「浅野さんのお仕事は自分のデータフォルダにコレクションしていて、いつもそこに追いつかなくては思っています」と返していた。

「進撃の巨人」での門脇氏の働きについては、監督の荒木哲郎氏も絶大な信頼を寄せており、中武氏は「門脇さんが描いたミカサを見て、荒木さんと『おお、かわいいわ』と釘付けになりました(笑)」とコメント。さらに、第24話でエレンに木が刺さっている描写を見たときは「あんな可愛い絵を描く人が、これほど苛烈な表情表現もできるのかと改めて気づきました」と当時の衝撃を振り返った。

また、「終わりのセラフ」についてのトークでは、門脇氏は「進撃の巨人」でも一緒に作業をしている肥塚正史氏に触れ、「肥塚さんとは『セラフ』のときからの付き合いなので、今でも信頼関係は厚いです。芸術家肌の方だとぶつかることも多いと思いますが、ぶつかることに関してストレスを感じさせない方です」とコメント。

これを聞いた和田氏は、さっそく次の『WITトーク』のゲストに肥塚氏を呼ぶことを検討しはじめた。1月27日(日)に茨城県つくばで行われた〈「アニスタ」前夜上映祭〉で第1回が行われた『WITトーク』。今回が2回目の開催となるが、和田氏によると今後もこうしたトークイベントを続けていきたいとのことだ。

続いて、来場者を対象にした門脇氏のサイン会がスタート。

壇上に設置されたデスクで、門脇氏が来場者50名にその場でサインしてプレゼントしていく。その間、和田氏、浅野氏、中武氏がまったりトークを展開。順番を待つお客さんも決して飽きさせないサービス精神を披露した。

こうしてイベントの終了時間が迫る中、門脇氏はなんとか来場者全員にサインを完了。その数は予定の50名を大幅にオーバーし、急遽70名となっていた。さすがに少し疲れの表情を見せていた門脇氏だが、ほかのメンバーとともに来場者へにこやかにお礼を告げ、2回目となる『WITトーク』は無事終了した。