新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

アニスタ「MAPPA『ゾンビランドサガ』キャストトーク2」レポート! 田野アサミのサプライズバースデー祝いも!

2019年03月01日 08:00配信
アニスタ「MAPPA『ゾンビランドサガ』キャストトーク2」レポート! 田野アサミのサプライズバースデー祝いも!

アニスタ「MAPPA『ゾンビランドサガ』キャストトーク」より

茨城県つくば市に「WIT茨城スタジオ(仮称)」を開設予定のWIT STUDIOがリアルイベント『アニメスタジオミーティング(アニスタ)』を1月27日(日)、2月9日(土)、10日(日)に開催! 2月10日(日)のミーティングデーには秋葉原の「秋葉原エンタス」ならびに「ベルサール秋葉原」でステージイベントが開催され、そのレポートが到着しました。

2月10日(日)ミーティングデー・ベルサール秋葉原ステージの「MAPPA『ゾンビランドサガ』キャストトーク 2回目」には、フランシュシュより源さくら役の本渡楓さん、星川リリィ役の田中美海さん、二階堂サキ役の田野アサミさん、水野愛役の種田梨沙さん、紺野純子役の河瀬茉希さん、ゆうぎり役の衣川里佳さん、山田たえ役の三石琴乃さんが登壇。お笑い芸人の天津 向氏のMCでイベントは進行した。

最初のコーナーは「ベストシーン?!ダイジェスト生コメンタリー」。巽幸太郎ダイジェスト後編として、アニメ『ゾンビランドサガ』第7話~第12話の巽幸太郎名場面を上映しながらのコメンタリートークが行なわれた。第7話の純子の見せ場がライトバンでハネられるシーンだけで終わると、河瀬さんからは「嘘でしょ!?」の悲鳴があがった。第8話のリリィの「リリィだもん!」の台詞では田中さんが生演技を重ねて会場を喜ばせた。

第11話の高台で巽とさくらが語り合うシーンでは、アフレコ時に河瀬さんがそっと泣いていたエピソードが明かされた。さくらが車にハネられるシーンの回想では、家を出ようとするさくらに種田さんたちから「行かないで!!」の声が飛ぶ。第12話終盤の大団円シーンでは、キャスト全員が笑顔になっていたのが印象的だった。また、さくらの頭ににこにこしながら噛みつく山田たえのかわいさでも盛り上がっていた。巽について、アフレコ中にはさくらになりきって「うるさいなぁ(距離が)近いなぁ」と思っていた本渡さんだが、オンエアで見ると巽がすごくかっこいいと感じたとのことだった。

続くコーナーは「やーらしか!ゾンビランドサガ」。「やーらしか!」とは唐津弁で「かわいらしい」という意味で、フランシュシュのメンバーより各自の推しキャラトークが行なわれた。

「巽幸太郎」を推しキャラに挙げた本渡さんは「この作品で今までいろいろな推しキャラ遍歴がありましたが、初めて男性キャラが推しになりました。何を考えているのか、かつてどんなことがあったのか妄想が止まらないです」と語り、巽に関する脳内設定を熱弁していた。

「山田たえ」を推しキャラに挙げた田野さんが「たぶん私だけじゃなく、みんなたえちゃんのことを好きだと思う! 一番ピュアで、誰よりも一生懸命なところが好きです。さくらに一生懸命振付を教えているたえちゃんを見て、いつもは笑ってしまうアドリブに泣きそうになりました」と熱く語ると、他のキャスト陣からも「たえちゃん大好き!」の声が飛んでいた。

「星川リリィ」を推しキャラに挙げたのは種田さん。種田さんは「みなみちゃんが発する音がたまらないんです。ぐぇ、みたいな台詞がみぃ、のようになっていたりして、かわいいのに面白いです。リリィは8話の衣装が一番大好きです」と語ると、巽役の宮野真守さんがリリィのものまねをよくしていることを明かしていた。

「ロメロ」を推しキャラに挙げた河瀬さんは「謎が多いキャラがたくさんいる中、ロメロも謎の存在だと思います。生前の飼い主は、とか、登場する誰かとつながりがあるのかとか、いろいろ気になります。すごくかわいくて推さずにはいられないので、ロメロのエピソードも見たいです!」と熱望していた。河瀬さん自身も愛犬家で犬を3匹飼っているとのことだ。

「ロメロ・幸太郎・たえ・豪剛雄」を推しキャラに挙げたのは衣川さん。この4人が衣川さんの家族に似ているとのことで、「もう全員そっくりなんです」と語ると会場はざわざわ。涙もろかったりピュアだったり、内面が似ているとのことだった。

「二階堂サキ」を推しキャラに挙げたのは田中さん。「普段はオラオラとか言っていてかっこいいんですが、「To My Dearest」ではかわいい笑顔を見せてくれて、ギャップがたまらないんです。私の妹もサキちゃんが大好きです」と盛り上がったほか、リリィとサキの掛け合いの良さについても盛り上がった。リリィの本名が明らかになるシーンで、田野さんが本気で爆笑しすぎて別録りの順序が変わったというエピソードも明かされていた。

「ガタリンピックのおねいさん」を推しキャラに挙げたのは三石さん。普段『ゾンビランドサガ』で方言指導をしてくれている藤野真梨亜さんが声を担当しており、プロのMCとして笑顔で、しかも不快にならない強引さで進行していく姿が三石さんのツボとのことだった。

ステージのラストにはこのイベントの2日後、2月12日(火)が誕生日の田野アサミさんのサプライズバースデー祝いが行なわれた。ここでケーキを持って登壇したのは境宗久監督。監督の「リーダーお誕生日おめでとう!」の言葉とイラスト入りのケーキ、会場のハッピーバースデーの歌でのお祝いに、田野さんは驚き半分、感動半分の様子だった。

締めの挨拶では、ファンの予想以上の支持があって『ゾンビランドサガ』が大きな話題になっていることへの感謝が語られていた。田中さんからは「キャストさんスタッフさん、みんなで佐賀に行きたいという希望が叶いそうな気がしてきました」と次の夢も。最後は三石さんが「彼女たちの言葉がすべてです。たくさんのアニメがある中でこれだけ支持されて、こんなにたくさんの人が来てくれるのは稀なことだと思います。彼女たちを大事に見守ってくれたらと思います。舞台裏でちょっとした時間にも振付を合わせている彼女たちの努力が今度のライブで花開くと思います。今日はどうもありがとうございました!」とイベントを締めくくった。