新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】助演女優賞 芹澤優さん

2019年04月10日 12:00配信
【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】助演女優賞 芹澤優さん

第13回「声優アワード」で助演女優賞を受賞した芹澤優さん

2019年3月9日、2018年度に最も活躍した声優を称える第13回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、助演女優賞を受賞した芹澤優さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

――声優デビュー当時に演じた「プリティーリズム・レインボーライブ」の福原あん役以来、「プリパラ」南みれぃ役、「キラッとプリ☆チャン」赤城あんな役と「プリティー」シリーズにはずっと関わってこられていますね。

芹澤 本当にお世話になっていて、ありがたいですね(笑)。「プリティー」シリーズはその時々の私を鏡のように映しているなあって、すごく思います。なので、あんちゃんを今の私が演じられるかと言われると、正直不安もありますね。1年目の、ただ一生懸命だった私が演じていたのがあのときのあんちゃんですし、南みれぃちゃんに関してはいちばん自信がなかった時期にずっといっしょにいてくれたので、その葛藤の色が出ているなって自分でも思うし、あんなに関しては今すごく伸び伸びとやらせてもらっている(笑)。5年間「プリティー」シリーズにずっと関わってきて、その間に見てきた先輩アイドルとか、いろんな役者さんのいいとこどりを自分なりにしたキャラクターが赤城あんななので「ここはあじみ先生みたいな何を言っている感じを入れたいな」とか、語尾の「ですわ」とかも大神田校長に近くて、いろんなことを思い出しながら演じている感じはあります。

――「プリティー」シリーズのほかにもアイドル役を多く演じられていますが、2018年は「魔法少女サイト」の"にじみん"こと穴沢虹海役が強烈なインパクトを残しました。

芹澤 あれは私がアイドルと声優の両方をやっているからこそ生きたキャラクターだなと思います。アイドルとしての「みんなの笑顔のためなら私は何でもやれる」という生き様は私も共感できたし、第3話の実写エンディングは私だからこそのクオリティーかな(笑)。あんな薄っぺらい衣装を着ても、アイドルだから全然抵抗ないんですよ。「スカートどんどん短くしてください」みたいな(笑)。逆にまったく共感できない、殺意とかの感情を表現することに関しては声優としてすごく勉強になったし、鍛えられましたね。

――「3D彼女 リアルガール」で初の主演を務められたのも、大きな経験になったのではないでしょうか?

芹澤 確かに、それまではアフレコしていても、どこか自信のないところがあったのが、初めて自信があるとかないとかじゃなくて「その瞬間は役しか見えない」みたいな世界に入り込めたのが「3D彼女 リアルガール」でしたね。このころから気持ちよくアフレコができるようになったし、見える世界が広がったなと思っています。

――2019年の1月クールは「3D彼女 リアルガール」第2シーズンと「上野さんは不器用」の2作品で主演を務められています。

芹澤 上野さんはとにかくよく叫ぶキャラクターで、あんなに感情を振りきった役を演じるようになって自分でもびっくりしています。「私もこんな役をやるようになったんだな」って(笑)。でも、2019年の開幕が「上野さんは不器用」と「3D彼女 リアルガール」で始まって、自分的にはすごくよかったなと思いますね。まったく色もテンションもノリも違う2人が、どちらも主役として作品を背負っていてくれているので、これを見てくれた方には芹澤優の新たな可能性を感じてもらえるんじゃないかなと思っています。今回の受賞もそうですけど、これからは皆さんの期待に期待以上でこたえていきたいですね。

――いい意味で期待を裏切るということですね。

芹澤 期待通りだけど想像以上の芝居を見せて、おもしろいって思われたいです。ギャグという意味でのおもしろいだけじゃなくて「おもしろい芝居をするな」と思われたい。あとは、デビュー1年目に出演した「ムシブギョー」の一乃谷天間くん以来、男の子役でメインを張ったことがないので、そこも挑戦してみたいですね。あまりかっこいいというポジショニングにはいない、どちらかというとかわいいポジションの芹澤なんですけど(笑)、バトルアニメの男の子主人公とか演じてみたいです。

――最後に、ファンへのメッセージをお願いします。

芹澤 これを読んでいる中には私のファンの方も、ファンじゃない方もいると思うんですけど、私は楽しい気持ちも悔しい気持ちも全部ファンと共有していけるような声優兼アイドルになりたいと思っているので、この賞を通じて私を知ってくれた方には体験入学のつもりで私のところに遊びに来てほしいなと思います。何なら別にライブとか来なくていいです! 声優としても作品に出続ける覚悟なので、ただアニメを見て、最後のクレジットで「あ、また優ちゃんいる!(ニコッ)」ってなってくれればいいなと思います。今回は本当に素敵な賞をいただき、ありがとうございました。「セリコ・イズ・ナンバーワン!!」

●せりざわ・ゆう/12月3日生まれ。東京都出身。81プロデュース所属。主な出演作に「上野さんは不器用」(上野)、「3D彼女 リアルガール」(五十嵐色葉)、「賭ケグルイ」(夢見弖ユメミ)など

撮影=田上富實子 取材・文=仲上佳克

■第13回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:内田雄馬

●主演女優賞:三瓶由布子

●助演男優賞:古谷徹、三宅健太

●助演女優賞:芹澤優、東山奈央

●新人男優賞:天﨑滉平、石井マーク、落合福嗣、仲村宗悟

●新人女優賞:石見舞菜香、楠木ともり、林鼓子、本泉莉奈、本渡楓

●歌唱賞:ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-

●パーソナリティ賞:諏訪部順一

●功労賞:緒方賢一、京田尚子

●シナジー賞:ポプテピピック

●富山敬賞:山口勝平

●高橋和枝賞:かないみか

●キッズファミリー賞:TARAKO

●特別賞:ちびまる子ちゃん

●外国映画・ドラマ賞:森川智之、甲斐田裕子

●ゲーム賞:東山奈央

●インフルエンサー賞:南條愛乃

●MVS(Most Valuable Seiyu):神谷浩史

※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。

リンク:「声優アワード」公式サイト