新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人女優賞 本泉莉奈さん

2019年04月10日 12:00配信
【第13回「声優アワード」受賞者インタビュー】新人女優賞 本泉莉奈さん

第13回「声優アワード」で新人女優賞を受賞した本泉莉奈さん

2019年3月9日、2018年度に最も活躍した声優を称える第13回「声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、新人女優賞を受賞した本泉莉奈さんへのオフィシャルインタビューをお届けします。

――「HUGっと!プリキュア」の薬師寺さあや/キュアアンジュ役に決まったころの心境を振り返っていただけますか?

本泉 自宅にいるときにマネージャーさんから連絡をいただいたんですけど、そのときはびっくりしすぎて頭の中が真っ白になりました。うれしいと思いながら泣いていたりもして、気持ちが追いつかなかったですね。それからすぐにおもちゃの音声の収録があったりして、稼働は早かったんですけど、その期間もフワフワと地に足がつかない感じで……。でもやっぱり、本編の収録が始まってからはキャラクターと接する時間もグッと増えて、もっと理解を深めていかなきゃなと思って。自分がキャラクターの一番の理解者でありたいなという思いも強くなりました。

――「プリキュア」シリーズ15周年の記念イヤーということもあり、先輩プリキュアと共演する機会も多かったかと思います。

本泉 背中がすごくかっこいいです、先輩方は。「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」は55人のプリキュアが登場するということでギネス世界記録の認定までいただいて、別録りでごいっしょできなかった方々もいらっしゃったんですけど、その中でも初代のキュアブラック、キュアホワイトのお二人をはじめ、たくさんの先輩方と収録をさせていただいて。現場は普段の本編の収録とはまた違って、空気がキュッと締まりましたね。私も名乗りで変な緊張をしてしまいました(笑)。変に意識してしまって、力が入る瞬間があったなあと今振り返ってみて思います。

――「HUGっと!プリキュア」に出演したことでの反響はありましたか?

本泉 本当にたくさんの方から声をかけていただきました。地元の友人で、子供がいる子もいるんですけど、その子が「プリキュア応援しているよ」って、LINEをちょこちょこくれたりするんですね。「プリキュアショーを見に行ったよ」とか「アンジュと握手してきたよ」とか写真付きで送ってくれて、そのたびに心が温まりました。

――ちょうど「プリキュア」が次のシリーズにバトンタッチしたタイミングで、今回の受賞となりました。本泉さんにとって、ひとつの節目になったのではないでしょうか?

本泉 「HUGっと!プリキュア」がひと区切りついたこともあって、ここからまた再スタートじゃないですけど、素敵なきっかけをいただいたなと思います。こうやって賞をいただくというのは、いろんな方から期待していただけているということを改めて感じる瞬間でもあるので、ここは本当にがんばりどころだなって思います。

――これから演じてみたいキャラクターはありますか?

本泉 演じたいキャラクターはたくさんあるんですけど、今は気遣い屋さんであったりとか、よく人を見ていたりとか、根が優しい子が多いので……ヤンデレとか?(笑)。また違う考え方をもった子と言ったらいいんでしょうか。台本をいただいて、キャラを理解していく過程で「どうしてこう思うようになったのか?」とか考えていくのが、すごく楽しい部分でもあるんですね。同じことばでもキャラによって意味が違ったりするので、そのアプローチを考えるのも楽しそうだなと思います。まだそういった子には出会っていないのですが、また違う引き出しを開けたときにどうなるのか、楽しみですね。

――アフレコ以外で挑戦してみたいお仕事はありますか?

本泉 今まで何度かライブに出させていただく機会があったんですけど、私は緊張しぃなので、いつも舞台袖であがっちゃうんですね。「こうしなきゃ、ああしなきゃ」といろいろ考えてしまって。でも、いざ舞台に出て、お客さんが笑顔でペンライトを振ってくださったりとか、応援してくださったりしているのを感じると、頭で考えていたことが自然とどこかに行ってしまって、私も内側から自然と笑顔になれるんです。声優のお仕事はキャラの代弁をする……キャラのセリフを借りてその子の思いや気持ちを代わりに伝えるものなのかなと私は思っているので、より作品を盛り上げていけるように、ライブやイベントでは本泉本人として出たとしても、作品やキャラの魅力が伝わるようなパフォーマンスができるようにしたいなと思っています。まだまだ経験が浅いので、これから勉強することも多いと思うんですけど、ちょっとでも作品の力になれたらなと思います。

――最後に、ファンへのメッセージをお願いします。

本泉 今まで応援してくださっている方々も、これから出会う方々も、皆さんが応援してくださっている声は私にも届いているので、本当にありがとうございます。あらためて、こんなにすばらしい賞をいただけることで身の引き締まる思いでいっぱいです。これからもがんばります!

●ほんいずみ・りな/2月4日生まれ。福島県出身。81プロデュース所属。主な出演作に「HUGっと!プリキュア」(薬師寺さあや/キュアアンジュ)、「お見合い相手は教え子、強気な、問題児。」(斉川菜乃)ほか

撮影=田上富實子 取材・文=仲上佳克

■第13回「声優アワード」受賞者、受賞作品(敬称略)

●主演男優賞:内田雄馬

●主演女優賞:三瓶由布子

●助演男優賞:古谷徹、三宅健太

●助演女優賞:芹澤優、東山奈央

●新人男優賞:天﨑滉平、石井マーク、落合福嗣、仲村宗悟

●新人女優賞:石見舞菜香、楠木ともり、林鼓子、本泉莉奈、本渡楓

●歌唱賞:ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-

●パーソナリティ賞:諏訪部順一

●功労賞:緒方賢一、京田尚子

●シナジー賞:ポプテピピック

●富山敬賞:山口勝平

●高橋和枝賞:かないみか

●キッズファミリー賞:TARAKO

●特別賞:ちびまる子ちゃん

●外国映画・ドラマ賞:森川智之、甲斐田裕子

●ゲーム賞:東山奈央

●インフルエンサー賞:南條愛乃

●MVS(Most Valuable Seiyu):神谷浩史

※今回は、特別功労賞に代えて、本年度ご逝去された声優を顕彰しました。

リンク:「声優アワード」公式サイト