新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「七つの大罪 神々の逆鱗」梶裕貴×髙木裕平対談(後編)「今後は辛い展開も多いけど、その裏にある愛を感じてほしい」

2019年12月25日 21:00配信

'19年10月から放送されているTVアニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」。〈七つの大罪〉と〈十戒〉との戦いを中心に描かれる今回のシーズンも、いよいよこの来年1月からの第2クールで佳境へと突入します。そこでWebNewtypeではメリオダス役の梶裕貴さんとゴウセル役の髙木裕平さんへのインタビューを2回に分けて公開。後編では互いの演技や第2クールに向けての心構えをお届けします。

七つの大罪 神々の逆鱗」梶裕貴×髙木裕平対談(後編)
七つの大罪 神々の逆鱗」梶裕貴×髙木裕平対談(後編)
(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 神々の逆鱗」製作委員会・テレビ東京

――第1クールで印象に残っているシーンやエピソードを教えてください。

梶 鈴木央先生がオリジナルでネームを描き下ろしてくださったというものもありますが、個人的には、やはりメリオダスとエリザベスのこれまでを振り返った第10話「それが僕らの生きる道」です。あそこまで淡々と、それでいて感情を滲ませながら真実を語るメリオダスはこれまでなかったですし。「記憶がすべて戻るとエリザベスは3日で死ぬ」という衝撃的な事実を把握しながらも、それを覚悟したうえで戦ってきたメリオダス。にもかかわらず最悪の方向に流れが進んでしまったことを考えると、演じていて本当に辛かったです。絶望でした。同時に、〈七つの大罪〉のメンバーがその事実を知って胸を痛める表情を見て「やっぱり仲間なんだな」とも感じましたね。

梶裕貴さんが演じるメリオダス
梶裕貴さんが演じるメリオダス
(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 神々の逆鱗」製作委員会・テレビ東京

――髙木さんは?

髙木 今回はいろんなゴウセルを演じさせていただいて……今までのゴウセル、僕を通してしゃべっている魔術士ゴウセル、生まれたばかりのゴウセル、心を取り戻して少し成長したゴウセル。この4パターンを1クールという短い時間で切り替え、成長していかなきゃいけなかったのが印象深いです。ゴウセルの成長スピードにてんてこ舞いになりながら、熱意をもって演じさせていただきました。僕、ナージャと魔術士ゴウセル、どちらも好きなんですよ。「どちらかを選べ」と言われても選べないくらい。

梶 選ばなくて大丈夫だよ(笑)。

髙木 魔術士ゴウセルは深い愛をもって接してくれて、ナージャからは人を愛することを教わって。家族に対するものと恋人に対するもの、一気に2つの愛を覚えられたのはとてもうれしいことです。これからは仲間に対する愛情が深くなっていくと思うので、自分のなかで演技を磨いていきたいです。

髙木裕平さんが演じるゴウセル
髙木裕平さんが演じるゴウセル
(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 神々の逆鱗」製作委員会・テレビ東京

――梶さんは髙木さんの演技をどう見られていますか?

梶 ゴウセルって、原作を読んでもどういう声か想像しづらいキャラクターじゃないですか。最初は性別もわからない……というか、むしろ性別という概念を超越している気もしますし。でも、この現場で髙木君に初めて会って「よくこの声と芝居の持ち主を見つけ出したな」と感じたんです。誤解をおそれず言うと、どこか“表面的なお芝居”というか。

――詳しくお聞かせください。

梶 僕はお芝居をするとなると、いかに感情を表現できるかに大きなウェイトを置いてしまいがちなんですけど、これまでのゴウセルは、極端に言えばそれを省く必要がある。一方で外側はきれいに作らなきゃいけない。それを絶妙な加減でやっていたんだなと、今の心を取り戻したゴウセルの演技を聞いて逆説的に感じました。ゴウセルが人間に近づいているのを、髙木君を通しても感じられている気がします。

髙木 ありがとうございます、滅茶苦茶うれしいです。今の部分だけ切り取ってもって帰りたいくらいです(笑)。

梶 (笑)。ゴウセルが心を取り戻す回は残念ながら現場にいなかったので生では聴けませんでしたけど、どういう方向で演技するかのテストの場には立ち会えたんです。やっぱり苦戦していた感じではあったよね?

髙木 魔術士ゴウセルが僕を通してしゃべるところですね。

梶 あの段階だと(魔術士ゴウセル役の)藤原啓治さんがどういう演技をするかわからなかったのもあって。

髙木 だからあの場では「啓治さんが来てから考えよう」となりましたけど……でも、やっぱり魔術士ゴウセルの、穏やかで、何を考えているかわからないけど中身はすごくあるゴウセルを表現するうえで僕は余計な演技をしようとしすぎちゃってましたね。

――逆に髙木さんから見て、メリオダスの演技で印象的なことは?

髙木 アサルトモードのメリオダスとゼルドリスの演じ分けです。すごく大変じゃないですか?

梶 最初は「聞く人によっては違いがわからないと言われちゃうかな」と思っていたところもありましたけど……演じる方としては、意外と一回どうすればいいかわかると大丈夫で。そもそも喉の使い方が違うので、絶対に同じにはならないんですよね。

髙木 演技の系統が違ったらまだやりやすいと思うんですけど、どちらも低めのトーンで。でもメリオダスのほうが低いなかでも幅が広かったり本当に細かい調整をされていて、「うわ~~~、これぞプロや!」と目からウロコがボタボタボタと。

梶 いやいや(笑)。

髙木 2人の会話もいっしょに録っているじゃないですか。そこも目をつぶっていても「今はメリオダス」「今はゼルドリス」とわかるくらい演じ分けが素敵です。

梶 うれしいなあ。

――最後に第2クールを楽しむために抑えておきたいポイントを教えてください。

梶 これまでと変わらず、メリオダスのエリザベスに対する思いです。彼にとってはそれがすべてで、絶望的な状況を打開するために彼がどんな方法を取るか、そこにドラマがあると思います。「楽しみにご覧ください」とは言いづらいつらいエピソードが続きますけど、その裏には必ず“愛”があるというのが鈴木央先生の作品らしさだと思うので、しっかりとそのあたりを感じていただけるとうれしいです。それと、ゼルドリスもどんどん感情豊かになっていくので、そこもお楽しみに、という感じですかね。

髙木 ここからキャラクターの関係がかなり複雑になっていくので、このタイミングでいちから整理したり、前のシーズンを見たりするのもいいかもしれません。というのも僕がちょうどひとつ前のシーズンを最近見直して「こんなことあったな」と感じておもしろかったんです。

梶 何気ないシーンでも「こういう意味があったのか」とか感じることが多いよね。

髙木 最近明らかになった過去を知ったからこそ「だから始めのころはこうだったんだ」とわかるとか。今後の伏線も見つかるかもしれませんし。

――年末年始で休みの人も多いでしょうし、ちょうどいいですね。

梶 (笑)。ぜひ!

梶裕貴さんが演じるメリオダス
梶裕貴さんが演じるメリオダス
(C)鈴木央・講談社/「七つの大罪 神々の逆鱗」製作委員会・テレビ東京

【取材・文:はるのおと】

■TVアニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」

放送  :テレビ東京系列…毎週水曜17:55~

     BSテレ東…毎週水曜24:59~

配信  :dTV、dアニメストア…毎週水曜22:00~ ほか

スタッフ:スタッフ:原作…鈴木 央(講談社「週刊少年マガジン」連載)/監督…西澤晋/シリーズ構成…池田臨太郎/アニメーションキャラクター設定…西野理惠/サブアニメーションキャラクター設定…あおきまほ/アニメーション制作…スタジオディーン/製作…「七つの大罪 神々の逆鱗」製作委員会

キャスト:メリオダス…梶裕貴/エリザベス…雨宮天/ホーク…久野美咲/ディアンヌ…悠木碧/バン…鈴木達央/キング…福山潤/ゴウセル…髙木裕平/マーリン…坂本真綾/エスカノール…杉田智和/ギルサンダー…宮野真守/ハウザー…木村良平/グリアモール…櫻井孝宏/ヘンドリクセン…内田夕夜/ドレファス…小西克幸/魔術士ゴウセル…藤原啓治/チャンドラー…藤真秀/キューザック…中田譲治/リュドシエル…石田彰/サリエル…堀江瞬/タルミエル…鶴岡聡

リンク:TVアニメ「七つの大罪 神々の逆鱗」 公式サイト

    公式Twitter・@7_taizai