新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

最終兵器のシークレット・オリジン~「ザ・リーサルウェポンズ」ロングインタビュー【前編】

2020年03月16日 18:29配信

最終兵器のシークレット・オリジン~「ザ・リーサルウェポンズ」ロングインタビュー
最終兵器のシークレット・オリジン~「ザ・リーサルウェポンズ」ロングインタビュー

2019年初頭、彗星のごとく現われたザ・リーサルウェポンズ。上坂すみれやももいろクローバーZへの楽曲提供でも知られるアイキッドと、彼が発明したアメリカ生まれのサイボーグ“サイボーグジョー”が放つ衝撃エンターテイメントは、YouTubeを中心に大きな話題を呼び、今年春には初の全国ツアーも控えている。そんな彼らのシークレットオリジンに迫るロングインタビューを、前後編でお届けしよう。

ザ・リーサルウェポンズ「80年代アクションスター」MV
ザ・リーサルウェポンズ「80年代アクションスター」MV

――いきなり大前提から聞いてしまうんですけど、そもそもジョーの〝改造人間ギミック(設定)〟って、ライブや取材などではどのくらい徹底してるものなんですか?

ジョー オー、ボクハあんどろいどダヨ!

アイキッド サイボーグね(笑)。でもまあ、そこんところの設定は、わりと守ってたり守ってなかったりで……。つまり聖飢魔IIかカブキロックスかでいえば、カブキロックス寄りの立ち位置になります。

――めちゃくちゃユルい!(笑) じゃあ、2人のヴィジュアルが、どういう経緯で完成していったのかうかがっていいですか?

アイキッド やっぱり80年代アメリカのアイコンといえば、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」だと思うんですよ。だから赤いジャケットは必須だなと思って、そこにシルヴェスター・スタローンの「コブラ」のイメージを掛け合わせて、ティアドロップ型サングラスを買ってきたんです。赤いハチマキは、「カン・フューリー」が少し流行ってたから(笑)。で、ハチマキとそろえるように同じ色のレザーグローブを買いました。

――「カン・フューリー」も、80年代アクション映画にオマージュを捧げた作品でしたね。

アイキッド そんな感じで赤でそろえたんだけど、ちょっと野暮ったかったのでGパンの膝下を切ってもらいました。あと、あの映画は何だっけ? バディものでさ……。

ジョー 80年代ノ? 「Bill & Ted」?

アイキッド そうそう、「ビルとテッドの大冒険」だ! あの映画もそうだったけど、そこも靴はハイカットがいいんじゃないかなと。それでサイボーグジョーが完成して、その相方の自分のほうはどうするか? 最初、白いツナギを買ったんですよ(笑)。

――ジョーがマーティ風味の格好だから、アイキッドさんはドクだったわけですね。

アイキッド ただ、それだとあまりにも「バック・トゥ・ザ・フューチャー」色が強すぎる感じだったので、これはよくないなと黄色いツナギにして、私物のアメフトのメットを被って、今のアイキッドになりました。赤と白、青と黄色だったらタツノコプロの正義カラーだし、どっちが目立ちすぎるわけでもなく、なるべく平均値をとれるようなバランスを狙ったつもりです。

――最初から顔を出すつもりはなかった?

アイキッド 絶対に出さない! そもそもジョーと出会うまでは、ずっと裏方でやってましたから、あんまり目立ってやろうみたいな感覚がないんです。そりゃ食ってかなきゃいけないんで、名前自体は売りたいですけどね(笑)。

――なるほど。そういえば、当初はアイキドーと名乗ってましたよね?

アイキッド 友達に突っ込まれたんですよ、「どう考えてもアイキドーというよりアイキッドだろ」って(笑)。でも確かに、それはそれで「(The)Karate Kid」っぽくていいかなと。名作「ベスト・キッド」の原題ですね。それで改名しました。

――カタカナでアイキドーだから、最初はどちらも日本が大好きな外国の方なのかなと思ったんですよ。

アイキッド それ、いまだに勘違いされます(笑)。昔、メキシコにケンドーっていうプロレスラーがいたじゃないですか。それっぽくていいかなと。実際、80年代にありがちだった、アメリカ人から見た日本観は意識してましたね。だからニンジャヘッズ……「ニンジャスレイヤー」のファンの人たちに興味をもってもらえたのは、とても光栄でした。

ジョー タマニあめりか人ハ、あいきっどジャナクテ「AIきっど」ッテ呼ンデルヨネ。ドッチモめかダト思ッテル。

アイキッド 人工知能のAIね。実際、そこも狙ってるのよ。まあ、いろんな意味が入ってるネーミングなんですけど、「Karate Kid」の合気道バージョンというのがいちばん大きい。僕がミヤギで、ジョーがダニエルさん(笑)。

ジョー オー、センセイ!

――だから、ジョーはアイキッドさんのことを「先生」って呼ぶわけですね。そもそもどうしてジョーはサイボーグになったんですか? 「サイボーグ009」の島村ジョーから来てるわけではないんですよね?

アイキッド あんまり関係ないです! むしろ本当にサイボーグジョーで大丈夫なのか、最後まで悩んでたくらい。絶対に検索で「009」と被るぞと。それと最初、彼自身は「サギノミジョー」って名前を希望してたんです。当時、中野区の鷺宮に住んでたから(一同笑)。

ジョー Because 宍戸じょー大好キ! さぎのみじょー、宍戸じょー、似テルト思ッタ。あめりか人ノ感覚ダトネ。

アイキッド でも彼の住所がバレたら、同時に僕の住所もバレちゃうじゃないですか(笑)。「都立家政のブックマート」なんて曲をつくってるくらいだから、今さらといえば今さらなんですけど。

ジョー マ、忘レテ(笑)。

――取材前、都立家政の商店街をいっしょに歩いていたら、いろんな人からジョー、ジョーと声をかけられていて、ほとんど中野区の寅さんって感じでしたよ(笑)。ちなみにジョーは、どうして日本に住もうと思ったんですか?

ジョー 黒澤明、黒沢清、鈴木清順、サニー千葉……じゃぱにーず映画ガスキダッタ。ソレダケ。

――それだけ!?

ジョー はいすくーるノトキ、あまぞんデじゃぱにーず映画イッパイ買ッテ見マシタ。言語ハ難シカッタケド、雰囲気ガ好キダッタ。最初は2005年ダッタカナ? 札幌ニ来テ、じゃぱんガ大好キニナッテ、早クココニ戻ッテキタイト思ッタ。大阪ニモ留学シテタヨ。ダケド、中野ニ住ムコトニナッタノハ偶然。

アイキッド 最初は英語の先生だったんだよな。

ジョー ソウ。デモソレハTrickされた。とりっく……エット、日本語ダト何?

アイキッド ダマされた、かな。

ジョー ソウダ、ダマサレタ! 東京ノ仕事、ぷりーず! デモ熊谷デ教エルコトニナッタ。ココ、東京カ? ぐーぐるまっぷデ調ベタラ埼玉ジャナイカ! 少シ働イタラ東京ニ行ケルト言ワレタケド、ソレハ話ガ違ウ。ダッテ熊谷ハ日本デイチバン地獄ジャナイ?

アイキッド 怒られるよ!(一同笑)

ジョー 天気ヨ、天気!

アイキッド あぁ、ほとんど群馬県だからね。夏は40度くらいいきますから。

――アイキッドさんの出身地だけに、「きみはマザーファッカー」のMV内でも群馬の気温はイジられてましたね(笑)。

ジョー 私ニハ大和魂ガナイカラ、トテモ怒ッタヨ。I want tokyo! 東京ジャナイナラ辞メル! ソシタラ、中野ヲ紹介シテクレタンダヨネ。デモ最初、長野カト思ッテ、マタ怒ッチャッタ(笑)。

アイキッド 結局、そこは中途退社しちゃったんだよな。中途退社Fire!

ジョー Yeah! デ、鷺宮ニ引ッ越シテキテ近所ヲ散歩シテタラ、道ニ迷ッテ都立家政マデ来チャッテ、ソノトキニじゃぱにーずッポクナイ店ヲ見ツケタ。ソレガ都立家政ノぶっくまーと! ないすDVD、ないすCDガアッテ、ソコノくれいじー・ふぁいやー・おれんじ髪ノ毛ノ店長トじゃぱにーずぱんく音楽ノ話デ盛リ上ガッタヨ。ソノアト、まいはうすマデノ道案内シテモラッテ、SNSデ友達ニナッタ!

――そのブックマートの店長が、アイキッドさんとジョーを引き合わせたわけですね。

アイキッド そうですね。もう何年も前の話になるんですけど、テレビ埼玉の深夜枠で3分くらいのショートアニメをつくってたことがあったんです。で、せっかくつくったんだからDVDにして、アメリカとかでも売りたいなと。そのときにジョーを紹介してもらって、英語への翻訳を依頼して……もう覚えてないでしょ?(笑)

ジョー チャント覚エテルヨー。初メテ会ッタトキノセンセイハ、髪ノ毛ガ長カッタヨネ。コノ人、絶対ニめたるガ好キ!ト思ッタ。

アイキッド あのころは仙人みたいな生活してたから(笑)。ちなみに近所で飲んでるときにメタルの曲が流れてきて、「あっ、ANTHEMだ」ってつぶやいたら、隣に座ってた金髪の兄ちゃんが「メタル、好きなんですか!?」って話しかけてきて、それがブックマートの店長だったんです。彼とは、そのとき以来の飲み仲間なんですよ。で、いつものようにいっしょに飲んでたら、「僕の店の曲とPVをつくってくれ!」と頼まれて、泥酔してたんで安易に引き受けちゃった(笑)。

――先日発売されたミニアルバム「E.P.」に、新録版が収録されている「都立家政のブックマート」ですね。初出は、2016年の春でした。

アイキッド あのころは、こんなことになるなんて考えてもみなかったし、ただただ友達の手助けをしただけだったんですけどね。ただ、自分でボーカルまでやるのは絶対ヤだったので、ジョーにお願いすることにしたんです。

――ただ、「都立家政のブックマート」のPVは、ネットでも話題になりましたよね。アイキッドさんとしても、それなりの手ごたえがあったんじゃないですか?

アイキッド それはありましたね。特にPV撮影時のジョーのパフォーマンスは、けっこう衝撃的でした。日本人なら絶対にしないような動きが、どんどん出てくる(笑)。2分ちょっとのPVなのに、10分くらいの撮れ高があったんです。

ジョー アノ日ハ楽シカッタ! ダカラ、please again! マタヤロウネッテ。

アイキッド そのあと、数か月に渡って「アノ続キヲヤロウヨ!」って、勝手につくったストーリーを送りつけてきたり(笑)。

ジョー オー、アレ覚エテタ?

アイキッド 忘れるわけないでしょ! なんか、荒廃したアポカリティックな世界を舞台に、2人の刑事がどうのこうのっていう台本。たぶん、まだPCに残ってると思う(笑)。

ジョー ソッカ~。アノトキハばんどジャナイト駄目トハ思ッテナクテ、デモイッショニナニカヲヤリタカッタンダヨ。

ザ・リーサルウェポンズ「E.P.」は絶賛発売中
ザ・リーサルウェポンズ「E.P.」は絶賛発売中

【取材・文:ガイガン山崎】

ザ・リーサルウェポンズ「80年代アクションスター」MV

■ザ・リーサルウェポンズ「E.P.」

発売中 税別1500円

リンク:公式Twitter・@TLW80s

    @CyborgJoe2

    @aikikiyohisa