新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

「蜘蛛ですが、なにか?」リレーインタビュー シュン役・堀江瞬「シュンはこの先、別人のように覚悟を決めていきます」

2021年03月06日 00:00配信
シュンを演じる堀江瞬さん
シュンを演じる堀江瞬さん(C)馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会


第9話で衝撃的な展開を迎えたTVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」。放送を盛り上げるリレー連載、第12回は再びシュン役の堀江瞬さんにお話を伺いました。ユーゴーとの戦闘とユリウスの悲劇を経たシュンは、何を思い、どう変わっていくのか。これまでの軌跡と今後の注目ポイントを語っていただきました。

シュン
シュン(C)馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会


――第9話でついにシュンが勇者の称号を得ることになりました。まずはここまでの歩みを振り返っていただければと思いますが、前半戦の感想はいかがですか。

堀江 やはり印象に残っているのは、第3話をきっかけにユーゴーとの対立が明確になっていったところです。地竜との戦いは、最初はユーゴーと共闘するイメージで演じていたので、ユーゴーが暴走し、その後、敵意を向けられるようになったのはとても歯がゆかったです。

この二人は、もう少し何かが違っていれば歯車が噛み合う関係性だったと思うんです。それこそ第8話で前世を回想する場面がありましたよね? そのシーンを見たときに、「友達だったのに! 一緒にサッカーした仲なのに!」と悔しくなりました。

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」より
TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」より(C)馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会


――第3話以降、英雄扱いされるシュンにユーゴーは嫉妬心を募らせていきました。

堀江 演じているときは完全にシュンの目線なので、あまりユーゴーの気持ちに影響されないようにしているんですが、客観的に見るとわりとユーゴーに共感できるところがあって……。あの嫉妬心って、実は僕もよくわかるんです。特に、この仕事をしていると。

――そうなんですか。

堀江 例えば、オーディションに落ちたときって、僕は本当に悔しい気持ちになるんです。それこそ、嫉妬が高じてしまうこともあるので(笑)、ユーゴーがシュンに対して苛立つ気持ちもよくわかるんです。決してシュンは自分のことをひけらかすわけではないんですが、「持たざる人間」からすると、あの余裕そのものが見ていて苦しい。相手にされていないのも、なおさらつらいんです。

もちろん悪いのはユーゴーだと思うんです。でも、シュンももう少しうまい立ち振る舞いができたんじゃないかな、と。綺麗事かもしれませんが、シュンがユーゴーの気持ちを汲み取っていれば、ユーゴーももっと歩み寄ってくれたんじゃないか。そんなことを考えてしまいます。結果、最悪のルートを進んで行くことになりましたから。

――まさに第7話ではユーゴーがシュンの命を狙う展開となりました。

堀江 シュンがユーゴーに対して、「……お前は、異常だ」と言い切るシーンは、それを突きつけなくてはいけないシュンもつらかったと思います。結局、わかり合えないことがここで明確にわかってしまうわけです。戦闘でぶつかり合ったこと以上に、このとき交わした言葉が二人の完全な決別を象徴している気がしました。お前はもうそっちサイドなんだな、わかったとシュンもどこか納得しているようで。お互いにもう戻れないところまできたと突きつけられた感覚です。

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」より
TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」より(C)馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会


――このときのアフレコはいかがでしたか。

堀江 アフレコ自体は楽しかったです。僕も石川(界人)さんも叫び続けて、まさに魂と魂のぶつかり合いのようでした。物語としては本当に苦しかったです。

――その後、ユーゴーはフィリメスにスキルを剥奪されます。

堀江 スキルを得るには努力が必要ですし、並大抵の努力ではあそこまで強くなれないはずなので、それをすべて奪われてしまうのは少しかわいそうでした。今までの努力が無になるわけですから。僕はユーゴーの気持ちもわかるのでそう思ってしまいますが、スキルを奪われた彼を見て視聴者の方がどんな感想をお持ちになったのか気になります。

――そして第9話のラスト、勇者の称号を得たことでシュンは兄ユリウスの死を知ることになります。

堀江 すごい構成だと思いました。ユリウス兄様の死が直接的に描写されているわけではいのに、こんなに切実に、喪失感をもってその死が突きつけられるのかと。馬場翁先生のセンスに驚かされました。ユリウス兄様を心から慕うシュンにとって、その喪失感は計り知れないものだったと思います。

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」より
TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」より(C)馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会


――シュンの叫びからもその悲しみが伝わってきました。

堀江 ユリウスへの想いを込めて、心から叫んだ記憶があります。この「ウソだ、ウソだ……」という一連のセリフは、オーディションのセリフにもあったんです。ただ、本番では思い切り叫んだり、声を押し殺すように叫んだりと、いろいろなパターンを録らせていただいて。結果、思い切り叫んだものが採用されました。シュンの気持ちがそれぐらい真に迫っていたことが伝わっていたら嬉しいです。

――さて、ここからのシュンですが、どのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

堀江 ユリウス兄様の死が大きなターニングポイントになって、この先、別人のように覚悟を決めていきます。すっかり戦う顔になっていきますし、浮ついた感じもなく地に足をつけるようになるので、僕自身も声の出し方が変わったような気がしますし、実際、別人のように演じています。今度は勇者として成長していくシュンを楽しみにしていただきたいです。

――前回のインタビューで、序盤は「頼りなさ、弱さ」を意識されたとおっしゃっていましたが、ここからは勇者然とした姿が見られるわけですね。

堀江 はい。最初のほうは優しさと強さのバランスが「8対2」ぐらいでしたが、ここからは逆転していきます。僕自身も今後、シュンがどうなっていくのか楽しみです。

――その辺りで、板垣伸監督や音響監督からディレクションはありましたか。

堀江 こちらが準備したものでOKをいただくことがほとんどで、大きな修正などはありませんでした。最初の頃にあった「もうちょっと弱い感じにしてください」というディレクションはすっかりなくなって、むしろ「もうちょっと圧を強めに」といったディレクションをたまにいただきます。監督たちの中でも、シュンは強くたくましくなっているんだなと感じました。

――ここまでで特に印象に残っているエピソードを教えていただけますか。

堀江 第8話の回想シーンは、シュンたちの立ち位置や関係性を考える上でとても重要な話数でした。夏目健吾(ユーゴー)は意外といいヤツそうに見えるなとか、漆原美麗(フェイ)はわかりやすくいじめっ子だったんだなとか。山田俊輔(シュン)も、根岸彰子のことを「リホ子」(リアルホラー子)と呼んで京也にたしなめられるシーンがあって、転生前は軽口を叩いたり、悪ふざけをするような本当に普通の男の子だったのだなとわかりましたし、みんなのことをより深く知ることができました。

――気になるキャラクターについても教えていただけますか。

堀江 カティアがどうなっていくのかが気になります。女性の体で生きることになれば、いろいろ葛藤もあるでしょうし、心の面ではどうバランスを取っているんだろうと。普段はお嬢様として生きているのに、シュンたちの前では以前と同じような喋り方をするというのはギャップがあってかわいいなと思います。今はシュンとは親友同士、よきパートナーという感じですが、この関係もどうなっていくのか楽しみです。

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」より
TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」より(C)馬場翁・輝竜司/KADOKAWA/蜘蛛ですが、なにか?製作委員会


――では、第10話以降の見どころを教えていただけますか。

堀江 第10話からは、ユーゴーの問題だけではなく、人間サイド全体の関係性がより複雑になり、ストーリーがめまぐるしく動いていきます。新キャラクターが登場して大人たちの思惑も入り交じってきますし、ユーゴーと決別したときのようなハラハラする展開もありますので、覚悟を決めてご覧になってください。どんどん面白くなっていきます!

【取材・文:岩倉大輔】

■TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」
放送 AT-X 毎週金曜 21:30~ ※リピート放送有り
TOKYO MX 毎週金曜 22:30~
テレビ愛知 毎週金曜 27:05~
KBS京都 毎週金曜 24:00~
サンテレビ 毎週金曜 24:00~
BS11 毎週金曜 23:00~

配信 ひかりTV 毎週金曜22:00~
   dTVチャンネル 毎週火曜22:30~
   ABEMA 毎週水曜22:00
   そのほかのサイトでも1月15日より毎週金曜22:00以降順次配信

スタッフ:原作…馬場 翁『蜘蛛ですが、なにか?』(カドカワBOOKS刊)/原作イラスト…輝竜 司/監督…板垣 伸/シリーズ構成…馬場 翁、百瀬祐一郎/キャラクターデザイン…田中紀衣/モンスターデザイン…鈴木政彦、ヒラタリョウ、木村博美/チーフアニメーター…吉田智裕/美術監督/美術設定…長岡慎治/色彩設計…日比智恵子/撮影監督…今泉秀樹/編集…櫻井 崇/CGディレクター…山口一夫/CGアニメーション制作…exsa(制作協力ENGI)/音楽…片山修志/音響監督…今泉雄一、板垣 伸/助監督…上田慎一郎/アニメーション制作…ミルパンセ/製作:蜘蛛ですが、なにか?製作委員会

キャスト:「私」…悠木碧/シュン…堀江瞬/カティア…東山奈央/ユーゴー…石川界人/スー…小倉唯/フェイ…喜多村英梨/フィリメス…奥野香耶/ユーリ…田中あいみ/ユリウス…榎木淳弥

リンク: TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」公式サイト
    公式Twitter・@kumoko_anime