アーティスト

TVアニメ「Helck」OPテーマ&エディル役担当・七海ひろきインタビュー 「足を止めても、もう一度歩き出そうと思える〝魂〟があることが大事、そう教えてくれる曲」

声優として幅広い作品での活躍が注目されるなか、自身も出演するTVアニメ「Helck」の主題歌を担い、ひとつの夢を叶えたという七海ひろきさん。その内に秘めた〝熱〟をあらわにするパワフルなロックチューン「It’s My Soul」について、そして、幼いころからのアニメーションの世界へのあこがれのままに、自らインタビュアーとなって挑む、月刊ニュータイプにて連載中の「ナナミのキョウミ」にかける思いを伺いました。


「It’s My Soul」ジャケット写真_初回限定盤


「It’s My Soul」ジャケット写真_通常盤


――ご自身が出演されるTVアニメ「Helck」の主題歌を担われることになってのお気持ちはいかがでしたか?
七海 「Helck」は、原作から大好きな作品だったんです。オーディションを受けられたこと、そしてエディルという役をいただけただけでもうれしかったのに、まさか主題歌のお話まで! 最初に聞いたときはすごく驚きましたし、またひとつ、夢が叶った喜びがありました。アニメの主題歌は、何年経っても、その作品のことを思い出す鍵となる大切なものなので、その責任を感じながら制作に臨みました。

――「It’s My Soul」という楽曲をどのように受けとめられましたか?
七海 曲名やサビの強さはもちろん、まず荘厳な前奏が流れてきた瞬間「これは『Helck』の主題歌でしかない!」と興奮しました(笑)。どうしてこんなに作品とピッタリな曲がつくれるんだろうと思っていたら、作詞、作曲を手掛けられている本田正樹さんが「Helck」の大ファンだと伺って納得です。本田さんとは、レコーディングのときに作品についても語り合い、いろいろなアドバイスをいただいています。「Helck」の世界観や物語を考えながら歌ったのですが、特に「Break it 蹴り上げろ」で始まるサビの部分は、さまざまな面のある「Helck」の中でもシリアスな〝戦い〟の部分が表現されていると思い、力が入りました。

――「Helck」の主題歌としてはもちろん、あらゆる逆境を乗り越えていく人の力ともなる曲だと思います。七海さん自身の歩んでこられた道のりや思いから、共鳴をもって歌われた部分もありますか?
七海 私自身、決して器用ではないので、ほんの小さなことだったり、また、必死に立ち向かわなければならないものだったりと、いろいろな試練に道をふさがれます。でも、どんなに足を止めても、もう一度歩き出そうと思える〝魂〟があるかどうかがすごく大事なんだということをあらためて感じさせてくれる曲でした。命ある限り、何か新しく見えてくるものがあると信じて進んでいきたいです。


TVアニメ「Helck」キービジュアル
©七尾ナナキ・小学館/Helck 製作委員会


――MVでは、そんな七海さんの本気のまなざしがサバイバルゲームを舞台に光ります。
七海 実は、最初はここまで振り切ったMVイメ―ジではなかったんです。あくまで歌っているシーンをメインに、時折ゲームのような戦いのシーンが差し込まれる想定でした。そしてその戦いのシーンもあくまで他の役者さんが演じる……というもので。でも、私はてっきり戦いのシーンも自分が出演するものだと思い込んでいたんです。だから撮影当日に「私、サバイバルをしたいです!」と立候補したときは、スタッフさんたちはすごくびっくりしていて(笑)。「え!? 七海さんがサバイバルをやるんですか?」と驚かれつつ、それならと戦いのシーンをメインにした構成に変えてくださって。ここまで大掛かりな映像をつくっていただけるとは想像もしませんでした。私の「やりたい」に、120%で返してくださるスタッフさん、出演者さんたちの思いに150%で応えるべく、撮影には、役者として1本の映画を撮影する意識で向き合いました。火薬を撃つシーンは、リハなし一発本番で「決めなきゃ!」という気合いも入っているので、注目していただけたらうれしいです。

――ちなみに、最近、ご自身が楽曲中に出てくるような「天使と悪魔」と向き合った出来事はありますか?
七海 最近、食べることが楽しいんです。以前は「ま、食べられればいいか」くらいにしか興味がなかったのですが、せっかく食べるなら、そのときすごく欲しているものや、ちょっと高級なもので〝心〟も満たしたほうがいいなあと思うようになりました。そして、そこにあらわれるのが天使と悪魔です。目の前にあるクッキーを全部食べるか、我慢して3枚にしておくべきか……。ただ、この曲の世界観では、天使も悪魔も結局のところ「食べなよ」と誘惑してきそうなので、なすすべもないです(笑)。

――先ほど、あまり食に興味がなかったというお話もありましたが、ご自身が作詞を手掛けられている「アルデンテ」は、パスタのゆで上がり状態のことですね。
七海 はい。アルデンテのような「ちょうどいい歯ごたえがある」関係性を描きたいなとおもいました。これまで作詞してきた曲は、キャラクターの一人称目線の心情を描いた歌詞が多かったので、もっと日常的な描写を取り入れた、生活に結びついた幸せな時間を歌詞にして、聴いた方がほっこり温かい気持ちになれるようなラブソングがつくりたいなと思ったんです。そして、いろんな映画を見ながら題材を考えるなかで、最終的にたどり着いたのが、自分と一番縁遠いともいえる「料理」でした(笑)。一度書いたものを0からやり直したり、かなり難航した分、思い入れのある曲になりました。

――今作に先行してデジタルシングル「林檎の花」「FATE」の2曲もリリースされており、9月に開催されるライブツアー「One-man LIVE773"DAYLIGHT"」への期待も高まります。
七海 コロナ禍にあって、いろんなことが心から楽しめずにいたと思うので、そんな状況からの「夜明け」をみんなでいっしょに迎えようという気持ちを込めてツアータイトルをつけました。わりとのんびりしたタイプですし、なかなかそうは見えにくいのですが、私の中にも燃えている部分があるので、ロック調の「林檎の花」や「It’s My Soul」にのせ、前のめりに〝魂の叫び〟を歌っていけたらと思っています。そのために、今は「1日1『It’s My Soul』」という感じで歌いながら、からだを慣らしているところです(笑)。声優としても、どれだけ日常的に、自分の声や響きを意識するかが大切だと思っているんですよ。「塵も積もれば……」を信じて、期待してもらえたらうれしいです。


「ナナミのキョウミ」ニュータイプ本誌にて絶賛連載中!


――声優デビューして4年目を迎えられる中、この業界における新たな挑戦として、アニメーションの制作に携わる方たちに自らインタビューを敢行する連載「ナナミのキョウミ」を、Newtype本誌にて始められました。手応えはいかがですか?
七海 中高生の頃は、よく「今期はどのアニメを見ようかな〜」とNewtypeさんを読んでチェックしていたので、連載が決まったときはすごく光栄に思いました。そんな私を知っている友人や宝塚の下級生たちから「よかったね」と言われたのもうれしかったです。お話を伺う方のことをあらためて勉強させていただいたり、より深く「自分が聞きたいこと」を考えられると思い、自分がインタビュアーになると決めましたが、実際にやらせていただいて、そんなふうに1人の人に興味を持つことは、私にとってすごく実りあるものだったと感じています。自分だけのルーツやこだわりをもって、表現したいことに真摯に向き合うみなさんのお話は、本当にメモしたくなることばの連続です! それを私自身の糧にもしていきたいですし、同時に、読者のみなさんの〝キョウミ〟が何か一つ広がるきっかけにもなれたらいいなと思っています。

●プロフィール
ななみ・ひろき/アンドステア所属。宝塚歌劇団退団後、声優・俳優・アーティストとして活躍。「Helck」ではエディル役を務める。

【取材・文:キツカワトモ】

■七海ひろき「It’s My Soul」
発売中
発売元:キングレコード
価格:初回限定版 2970円(税込)/通常版 1540円(税込)

■TVアニメ「Helck」
放送:日本テレビ 毎週火曜 25:29~
   BS日テレ 毎週水曜 24:00~
   AT-X 毎週水曜 23:30~

スタッフ:原作…七尾ナナキ(小学館「マンガワン」連載)/原作協力…小林翔/監督…佐藤竜雄/シナリオ…根元歳三、広田光毅/アニメーションキャラクターデザイン…出野喜則/美術設定…滝口勝久(スタジオちゅーりっぷ)/美術監督…岩瀬栄治(スタジオちゅーりっぷ)/美術監督補佐…鈴木大介(スタジオちゅーりっぷ)/色彩設定…長谷川美穂(緋和)/撮影監督…志村豪(T2studio)/編集…兼重涼子/音響監督…高松信司/音響制作…三木プロダクション(チームカワドン)/音楽
…平野義久/アニメーション制作…サテライト

キャスト:ヘルク…小西克幸/ヴァミリオ…小松未可子/アズドラ…松岡禎丞/ホン…石田彰/アスタ…青木志貴/イスタ…白石晴香/ケンロス…吉野裕行/ヒュラ…前田玲奈/ドルーシ…中島卓也/ロココ…徳井青空/ピウイ…井澤詩織/クレス…小野元春/アリシア…近藤玲奈/ラファエド…宮内敦士/ミカロス…平川大輔/シャルアミ…花守ゆみり/エディル…七海ひろき/ゼルジオン…森嶋秀太/ハラオル…丹羽哲士/イーリス…愛美/魔女…ゆかな/ナレーション…池田秀一

■ライブツアー「HIROKI NANAMI One-man LIVE773“DAYLIGHT”」
公演日時・会場
【茨城】2023年9月9日(土)
会場:取手市民会館
①開場:13:00/開演:13:30
②開場:16:00/開演:16:30

【大阪】2023年9月16日(土)
会場:NHK大阪ホール
①開場:15:00/開演:15:30
②開場:18:00/開演:18:30

【東京】2023年9月21日(木)
会場:かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
開場:18:00/開演:18:30
全席指定:9900円(税込)
※枚数制限:お1人様1公演につき4枚まで
※未就学児童入場不可

先行販売:ローチケプレリク2次:7月10日(月)~7月17日(月)23:59
一般発売:8月5日(土)10:00~

■月刊ニュータイプ連載「ナナミのキョウミ」
現在発売中8月号にて掲載

リンク:七海ひろきOfficial Site​
    七海ひろき公式Twitter・@hirokinanami773
    七海ひろきSTAFF公式Twitter・@hiroki773staff
    TVアニメ「Helck」公式サイト
    TVアニメ「Helck」公式Twitter・@Helck_anime

この記事をシェアする!

MAGAZINES

雑誌
ニュータイプ 2024年6月号
月刊ニュータイプ
2024年6月号
2024年05月10日 発売
詳細はこちら

TWITTER

ニュータイプ編集部/WebNewtype
  • HOME /
  • レポート /
  • アーティスト /
  • TVアニメ「Helck」OPテーマ&エディル役担当・七海ひろきインタビュー 「足を止めても、もう一度歩き出そうと思える〝魂〟があることが大事、そう教えてくれる曲」 /