キャスト

「第十七回 声優アワード」主演声優賞&助演声優賞・種﨑敦美インタビュー 「これからも血が通っているキャラクターを演じたい」

2023年3月11日、2022年度に最も活躍した声優を讃える「第十七回声優アワード」の受賞者が発表されました。本稿では、主演声優賞、助演声優賞を受賞した種﨑敦美さんのオフィシャルインタビューをお届けします。


「第十七回 声優アワード」主演声優賞&助演声優賞・種﨑敦美さん


——第十七回声優アワード「主演声優賞」「助演声優賞」受賞おめでとうございます。受賞を知ったときのお気持ちを教えてください。
種﨑 最初に「主演声優賞」「助演声優賞」のダブル受賞と聞いたときに、ダブルなんて仕組みあるん……?と驚きました。お仕事が全然なかったときに、私を信じて選んでくださった方々にいちばんご報告したいですし、できることがうれしいです。そして、ダブル受賞自体が「初めてのこと」ならば、そこも合わせてとても光栄なことだと思っています。
——2022年はどんな一年でしたか。
種﨑 ありがたいことに、昨年は人生でいちばん忙しくさせていただきました。仕事の幅が広がって今まで経験したことがないようなお仕事にたくさん挑むことができたなと思います。目の前の仕事をひとつずつ一生懸命こなしていくことで精一杯でしたが、バラエティー番組のナレーションやCMなど、声優のお仕事ってこういうこともあるんだと知りましたし、たくさんの方が私のことを知ってくださったことで、そういう新しい機会にめぐり合えたことはありがたいなと思っています。
——2022年は種﨑さんの主演作「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」が全100話を経て、完結を迎えました。こちらの作品には、どんな思いがありますか。
種﨑 「ダイの大冒険」に関わってから2年以上、役を任せていただいたその日から、ダイくんのことを考えない日は1日もありませんでした。話数を重ねるたび、ダイくんがものすごい速さで成長をしていくので、追いかけるのに必死で。自分の技術が追いついてないと感じることも何度もありました。本当に私でよかったのか、私じゃないほうがダイくんは幸せだったんじゃないかと何度も頭をよぎりました。悩みすぎて、ポップ役の豊永(利行)さんをはじめ、いろいろな方々に助けていただきながらの日々でした。そんななかでひときわ忘れられないのが、ある尊敬すべき先輩から「大丈夫、一人じゃないよ。キャラクターがついてるよ」と言っていただいたことです。そのことばを聞いた瞬間、背中を見せていたダイくんが「やっと気づいた?」って振り向いて笑ってくれた感覚があったんですよね。そこからは悩むのも成長するのもダイくんといっしょ。「ダイの大冒険」はこの先も一生忘れない大切な作品になりました。
——2年間の収録で印象に残っていることは?
種﨑 この作品はオーディションの時からちょっと独特で、テープオーディションの段階から応募条件?的な要素として「『ダイの大冒険』が大好きであること」がありました。役に合っていることはもちろんのはずですが、それ以上に大事な条件があることを最初は不思議に思っていたんです。でも、テープオーディションの次の、スタジオオーディションで、その意味がわかりました。メインスタッフの皆さまは30年前の「ダイの大冒険(1991年版)」や原作マンガがお好きで、30年分の愛情をこの作品に注ぎ込もうとしていたんです。30年前の自分に恥じないものを作りたい、30年間この作品を愛してきた視聴者の皆さまに受け入れてもらえる作品、そして新たにこの作品を知る子供たちにもちゃんと「伝わる」ものをつくりたいと思っていらしたんですね。このスタッフの皆さまの愛に自分も応えなければと思って、走り続けてきた2年間でした。収録が終わったときに、監督(唐澤和也シリーズディレクター)が「僕のやるべきことはまっとうできました」と胸を張っておっしゃっていて、すごくかっこよかったです。私も最終話の放送が終わったあとに、30年前のアニメや原作マンガを楽しまれていた世代の方々から「お疲れさま」「ありがとう」とたくさんのメッセージをいただくことができました。本当にうれしかったです。


「第十七回 声優アワード」主演声優賞&助演声優賞・種﨑敦美さん


——アーニャ役を務められた「SPY×FAMILY」も話題になりました。
種﨑 最初ヨルさんの役でオーディションを受けることになっていたんです。でも、私は原作を読んでいたので、「アーニャ役を受けさせてもらえませんか?」とお願いをして、オーディションに臨みました。アーニャ役に決まったときは、勇気を出してよかったなと思ったのですが、いざ収録となると、あの魅力的な役を私にできるのだろうかと不安になってしまいました。アーニャは印象的なセリフがいろいろあるんですけど、狙いすぎるとスベってしまう……(笑)。原作の遠藤達哉先生は緻密な計算をして描いていらっしゃるので、演じる側としては考えすぎずにやるのがいいんだろうなと。収録現場ではロイド役の江口拓也さんやヨル役の早見沙織さん、ベッキー役の加藤英美里さんやダミアン役の藤原夏海さんと自然な掛け合いをすることで、楽しく収録することができました。コロナ禍の収録でしたが、キャストの掛け合いを優先してスケジュールを組んでくださった音響スタッフの方々に感謝しています。
——「ジョジョの奇妙な冒険 ストーンオーシャン」ではエンポリオ・アルニーニョという不思議な少年の役を務められています。
種﨑 「ジョジョ」の現場は特殊、独特でしたね。音響監督いわく、この現場に小声の演技はない。たとえ説明のセリフであろうと、汗と唾を飛ばしながら、全力でしゃべる。今作ならではなことが満載で、キャスト陣は毎話ものすごい熱量で収録に臨んでいて、本当に楽しい現場でした。物理的にも精神的にもすべてを出し切るしかない「ジョジョ」の現場に行くと自然と悩みも吹き飛んでしまって、疲れた体が心地よくて、声優という仕事をもっと続けていきたいと、改めて実感した作品でした
——種﨑さんが声優をめざしたきっかけを、あらためてお聞かせください。
種﨑 小学校に上がる前からドラマや絵本が好きで、大人になったら「お芝居をする人」になりたいと漠然と思っていました。そして「美少女戦士セーラームーン」の第45話「セーラー戦士死す! 悲壮なる最終戦」を見たんです。これを観た時にTVの、物語の中に入りたいと思って「声優になりたい」と思いました。それを心に決めて数年後、国語の授業で、みんなの前でお芝居をする機会があって。授業の最後に誰のお芝居がいちばん好きだったかをクラス投票したんですね。そうしたら、ほぼ全員がクラスでいちばん人気者だった子に手をあげたんですけど、投票後に先生が「私はね、種﨑さんのお芝居が好きだったの、とってもすてきだった」って。ほかにも、教科書を音読したときに「種﨑さんが読むとスッと耳に入ってくるね、不思議」とほめてくださる先生もいて。そういう経験が積み重なっていったからか、あのなりたいと思った瞬間から「声優」以外の選択肢は自分の中にはありませんでした。
——声優として活動していくうえで今後やってみたいことはありますか。
種﨑 いろいろなことをやらせていただくなかで気づいたことなんですが、私はやっぱりコメディが好きなんです。ギャグを一生やりたいなと思っているので、ギャグ作品がもっと増えたらいいのにと思っています。
——最後に、目標をお聞かせください。
種﨑 これからも血が通っているキャラクターを演じたい。アニメだけど、目の前にいるような体温が伝わるようなキャラクターを演じられる役者をめざしていきたいと思います。


「第十七回 声優アワード」主演声優賞&助演声優賞・種﨑敦美さん


【撮影:田上富実子/取材・文:志田英邦】

■第十七回声優アワード 受賞者及び受賞作品
主演声優賞&MVS 江口拓也
主演声優賞&助演声優賞 種﨑敦美
主演声優賞 安済知佳
助演声優賞 池田秀一
助演声優賞 置鮎龍太郎
新人声優賞 梅田修一朗
新人声優賞 直田姫奈
新人声優賞 永瀬アンナ
新人声優賞 日向未南
新人声優賞 若山詩音
歌唱賞 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
外国映画・ドラマ賞 貫地谷しほり
外国映画・ドラマ賞 森川智之
シナジー賞 呪術廻戦
富山敬賞 諏訪部順一
高橋和枝賞 川村万梨阿
キッズ・ファミリー賞 大谷育江
キッズ・ファミリー賞 松本梨香
インフルエンサー賞 花江夏樹
功労賞 秋元千賀子
功労賞 屋良有作
特別賞 やくならマグカップも 

リンク:「声優アワード」公式サイト
     「声優アワード」公式Twitter・@seiyuawards

この記事をシェアする!

MAGAZINES

雑誌
ニュータイプ 2024年6月号
月刊ニュータイプ
2024年6月号
2024年05月10日 発売
詳細はこちら

TWITTER

ニュータイプ編集部/WebNewtype
  • HOME /
  • レポート /
  • キャスト /
  • 「第十七回 声優アワード」主演声優賞&助演声優賞・種﨑敦美インタビュー 「これからも血が通っているキャラクターを演じたい」 /