キャスト

【後編】原作20周年記念「『らき☆すた』オーケストラコンサート~20周年だよ、全員再集合!~」開催特別対談 柊つかさ役・福原香織×柊かがみ役・加藤英美里

写真左より、加藤英美里さん(柊かがみ役)、柊かがみさん、柊つかささん、福原香織さん(柊つかさ役)


2007年4月~9月に放送されたTVアニメ「らき☆すた」。ベタからシュール、パロディまで多彩なコメディが散りばめられた学園モノで、“日常系アニメ”というジャンルを定着させた金字塔でもある。そんな「らき☆すた」が、原作漫画の連載20周年を記念した音楽イベントを開催。TVアニメの主題歌、劇伴、キャラソンが、なんとオーケストラ編成で演奏されるというから驚きだ。そこで今回は、「らき☆すた」でメインキャラクターを演じた福原香織さん(柊つかさ役)と加藤英美里さん(柊かがみ役)の双子姉妹コンビに登場していただき、収録時の心境やファンの熱狂などについて、オンエアから17年の時を経て振り返ってもらった。インタビュー後編では、収録以外の思い出や、原作20周年イベントへの想いを伺った。


©美水かがみ/らっきー☆ぱらだいす


――アドリブの多さも含め、「らき☆すた」はかなり特殊な作品だったんですね。
加藤 そうですね。スタッフさんたちと演者側がここまで本気でぶつかり合いながら作り上げていった作品は、私はほかに知りません。たしかに求められることも多くて大変だったんですけど、ひとつの青春みたいな感じで、すごく楽しかったです。
福原 間違いなく経験値は爆上がりしましたね。今でも困ったことがあると「あの時あれだけ頑張れたんだから」って思うと、フッと気持ちがラクになるんです(笑)。
加藤 私たちにとっては間違いなくターニングポイントになりましたね。

――おふたりとも声優歴はほぼ同じで、ユニットも結成するなど親しい間柄ですが、感覚的には「戦友」のような存在ですか?
福原 「戦友」と思ったことはないかなあ。私たちはけっこう緩いので(笑)。
加藤 そうそう。ただ、ひとりだったら辛いと感じることでも、一緒なら頑張れるっていうところはあるので、その相棒がかおりんで良かったなとは思います。
福原 分かる。私にとっても英美里は、いてくれるだけでありがたい存在ですね。

――平野綾さんと遠藤綾さんが加わったときの雰囲気も同じですか?
福原 同じだよね?
加藤 うん。しょうもないことばっかり話してます。仕事の話はほとんどしたことないですね。
福原 たまに聞くような、「俳優さんたちが芝居について一晩中熱く語り合う」みたいなことは1ミリもないです(笑)。

――イメージ通りで安心しました。じつは裏でバチバチに演技論を戦わせていたらどうしようと(笑)。
加藤 今だから言えるけどじつは……みたいな?
福原 いや怖い怖い(笑)。この4人ではありえないですね。

――オンエア後、作品が世間に受け入れられているなと感じたのはいつごろでしたか?
福原 私は「もってけ!セーラーふく」のCDがリリースされたタイミングです。
加藤 私も同じ。アレだよね?
福原 そう、あれあれ。当時、ファンの方々が「みんなでCDを買って作品を盛り上げよう」みたいな動きがあって、それを噂で知ったんです。「いったい何があるんだろう?」って不思議に思い、CDの発売日に英美里とふたりでこっそり秋葉原に行ったんですよ。そしたらファンの方々が広場に集まっていて、そこでCDのジャケットを並べたりしつつオフ会をしていたんです。
加藤 その様子をUDXの上から見守りつつ、「ヤバいヤバい!!」ってはしゃいでました(笑)。
福原 そしたらオリコンの週間チャートで初登場2位になったんですよ。これはすごいことになっているぞって、その時に初めて実感しました。
加藤 当時はSNSもまだほとんどなかったので、ファンの盛り上がりや評価って、リアルタイムではなかなか届いていなかったんですよね。だからこそリアルで「らき☆すた」のファンの方々を見たり、チャートの順位などが発表されて、ようやく事の大きさが分かってきた感じですね。とは言え、当時はとにかく目の前のことをこなすのに必死だったので、あんまり周囲の反応を楽しむ余裕はなかったんですけど。
福原 アフレコにレコーディング、取材、撮影と、当時はかなりバタバタしてましたね。

――それで言うと、本編アフレコ以外の稼働でいちばん思い出に残っていることはなんですか?
加藤 「『らき☆すた』のブランチ&公式参拝in鷲宮」(2007年12月開催)です。聖地の鷲宮神社で開催したんですけど、想像していたよりも遥かにたくさんの人が集まってくれたんです。
福原 3000人以上のファンの方々が集まって、たしかYahoo!のトップニュースになった気がします。
加藤 作品単体のイベントでここまで人が集まったのは初めての経験だったので、その熱気にビックリしつつも、やっぱり嬉しかったです。

――福原さんが印象深い出来事は?
福原 何だろう? つかさのキャラソンの「寝・逃・げでリセット!」のレコーディングかなあ。リテイクもあまりなく、とても順調に録れて、自分的にも「つかさらしい歌ができたな」って手応えを感じたんですよ。今でも聴き続けてくださるファンの方がいるので、「あの時の私、グッジョブ!」って思ってます。

――ちなみに当時の「月刊ニュータイプ」に、レコーディング直後の福原さんのコメントが残っています。
福原 本当ですか? 私、なんて言ってます?

――読みます。「レコーディングは夜遅かったんですけど、軽い睡魔がつかさのホワホワ感に繋がって逆によかったです」と。
加藤 眠かったんだ。
福原 そっか、だから可愛く歌えたのかあ(笑)。
加藤 納得しちゃった(笑)。

――2月4日には原作20周年を記念した音楽イベントが開催されます。「らき☆すた」の音楽がオーケストラによって演奏されるようですね。
加藤 どんな音楽になるのかまったく想像がつきませんけど、楽しみしかないです。原作やオンエア当時からのファンの方だけでなく、これが初めての「らき☆すた」イベントという方もいらっしゃると思うので、これを機にまた作品世界にどっぷりと浸っていただけたら嬉しいです。
福原 私は学生時代吹奏楽部だったので、オーケストラのサウンドは好きなんですけど、それでもやっぱり「らき☆すた」の音楽がオーケストラによる演奏でどうなるのか、いい意味で想像できません(笑)。でもきっと遊びココロに溢れた音楽になるんじゃないのかなと期待しています。

――福原さんはイベントに出演されますよね。
福原 そうなんです。でも現時点では何をすればいいのか、なにも聞かされていません。まさか、いきなりマイクを渡されて「「もってけ!セーラーふく」を歌え!」とか言われないですよね?(笑)。

――オーケストラコンサートですから、それはないと思います。
福原 良かったです。スタッフさんから過去に色々無茶ぶりされてきたので、つい(笑)。

――さらに続く3月の「SOS☆感謝祭」では、ステージイベントやトークイベントも開催される予定で、ここでは久しぶりに4人が揃うことになりそうです。
加藤 この4人が揃うなんて、かなりの奇跡ですよね。
福原 間違いないです。英美里、一眼レフ持ってきたほうがいいよ。
加藤 絶対持っていく。次はいつになるか分からないから、いっぱい写真撮ろうね。ほんと、今からドキドキワクワクしてます。
福原 会うのは久しぶりだけど、でも揃っちゃえば雰囲気はあの時のままだと思うので、私たちの緩〜い空気感をファンの皆さんにも久々に味わっていただきたいなと思います。とにかくめっちゃレアだから、皆さん来てくださいね!

――TVアニメの放送から17年が経ち、立て続けにイベントが開催されるなど、ここへ来てまた盛り上がりを見せていますね。
福原 ただ、私自身は「久々のイベント」とは思わなかったです。と言うのも、じつは私は聖地の鷲宮がある久喜市の親善大使を務めさせてもらっていて、毎年1、2回は足を運んで地道に活動しているんですよ。それこそ毎年やっている「柊姉妹の誕生日イベント」は、すごいアットホームな雰囲気なんですけど、全国から数百人ものファンが来てくださるんです。

――「らき☆すた」は聖地巡礼の走りでもある作品ですからね。
福原 イベントを主催されている地元の商工会の方々も、集まってくれるファンの方々も、どちらもとっても温かくて。私自身、せっかく生まれた聖地の火は絶やしたくないなと思っているので、今回のイベントの話を聞いたときは嬉しかったです。みんなで地道にやってきた甲斐があったなって。
加藤 そうですよね。私もちょこっとだけイベントにお邪魔したこともあるんですけど、かおりんや地元の商工会の皆さん、ファンの方々がずっと支え続けてくださった結果が、こういう大きなイベントに繋がったと思いますし、そこには本当に感謝しかないです。今でもSNSや痛車などでかがみたちを見かけることがありますし、これってすごいことだなって思います。

――ちなみに2027年にはTVアニメも20周年を迎えます。最後に、20周年でやりたい夢などはありますか?
福原 言うだけならタダなので言っちゃうと、4人揃って「もってけ!セーラーふく」を歌いたいです(笑)。
加藤 たしかに武道館イベント(「らき☆すたin武道館 あなたのためだから」)の時も(遠藤)綾さんがいなかったし、4人で歌ったことってないかも。歌ってみたい!
福原 だよね。年齢とか服装とか、全部無視して言ってますけど(笑)。英美里はなにかある?
加藤 私は新規でミニドラマを収録したい。原作だとかがみたちは年齢が上がって大学生とかになっているじゃないですか。高校生のときとはまた少し違う雰囲気があると思うので、個人的にはすごく演じてみたいですね。
福原 私もやりたい! 2027年はTVアニメ放送開始から20年になるので、こちらもぜひ大々的な周年記念プロジェクトを立ち上げて欲しいです。「夢」なので、好き勝手に言っちゃいました(笑)。

――夢が叶うといいですね。


前編の写真と比べてみてね!


【文・構成:岡本大介】

■原作20周年記念「『らき☆すた』オーケストラコンサート 〜20周年だよ、全員再集合!〜」
☆日時:'24年2月4日(日)
1st   開場13:00 開演13:45(終演15:45ごろ予定)
2nd  開場16:30 開演17:15(終演19:15ごろ予定)

☆場所:久喜総合文化会館 大ホール
(〒346-0022 埼玉県久喜市下早見140番地)

☆出演
管弦楽:らっきー☆すたーオーケストラ a.k.a Heartbeat Symphony 
混声合唱団=Nova Anima from ChoieL
司会:今野宏美(小神あきら 役)、白石 稔(白石みのる役)
ゲスト:福原香織(柊つかさ 役)、神前 暁(作曲家)
※出演者は変更になる場合もあります

☆会場チケット情報
◆VIPチケット(特典+前方席優先)18,000円(税込)
◆特典付プレミアムチケット 12,400円(税込)
◆通常チケット 8,800円(税込)

【現在一般発売中!】
受付URL:https://w.pia.jp/t/luckystar-concert/
※詳細は受付サイトにてご確認ください。

☆配信チケット情報
▼特典グッズ付き配信チケット:8,000円(税込)
▼通常配信チケット:4,400円(税込)
※別途手数料がかかります。

◇配信チケット販売
2024年1月12日(金)~2024年2月11日(日)21:00

◇アーカイブ視聴期間
2024年2月4日(日)各公演終了後~2月11日(日)23:59
※公演終了後、アーカイブ視聴開始までに処理でお時間をいただく場合がございます。

□「ニコニコ生放送」で視聴する場合
受付ページ→https://dwango-ticket.jp/project/Yxl1ks6TMC

□「PIA LIVE STREAM」で視聴する場合
受付ページ→https://w.pia.jp/t/luckystar-concert-film/

<チケット特典情報>
【1st(昼の部)特典】オリジナルトートバッグ
【2nd(夜の部)特典】オリジナルTシャツ(ブラックver)
※特典グッズ付き配信チケットは数に限りがございます。予定枚数に達した時点で受付を終了する場合がございます。

▼その他会場限定販売グッズや、キャンペーンの詳細は公式HP、または公式Xをご確認下さい。

リンク:「らき☆すた」オフィシャルサイト
    公式X(Twitter)・@AnimeLuckystar

この記事をシェアする!

MAGAZINES

雑誌
ニュータイプ 2024年6月号
月刊ニュータイプ
2024年6月号
2024年05月10日 発売
詳細はこちら

TWITTER

ニュータイプ編集部/WebNewtype
  • HOME /
  • レポート /
  • キャスト /
  • 【後編】原作20周年記念「『らき☆すた』オーケストラコンサート~20周年だよ、全員再集合!~」開催特別対談 柊つかさ役・福原香織×柊かがみ役・加藤英美里 /