新作&おすすめアニメのすべてがわかる!「月刊ニュータイプ」公式サイト

rssボタン

Wake Up, Girls!3rdツアーがスタート!舞浜公演で舞台化も発表

2016年07月18日 16:49配信
Wake Up, Girls!3rdツアーがスタート!舞浜公演で舞台化も発表

Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」千葉公演より

Wake Up, Girls!の3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」の千葉公演が7月17日(日)に舞浜アンフィシアターで行われました。

Wake Up, Girls!は吉岡茉祐さん・永野愛理さん・田中美海さん・青山吉能さん・山下七海さん・奥野香耶さん・高木美佑さんの7人による声優ユニット。2013年のデビュー以来、数々のステージをこなしてきた彼女たちにとって3度目のライブツアーの口火を切る公演を見届けようと、会場はワグナー(=Wake Up, Girls!ファン)の熱気に満ちていました。

開演を待つ会場のスクリーンに、ジャージにサングラス姿の青山さんと田中さんがライブ中の諸注意をコミカルに喚起する「お約束たいそう2016」が流され、客席の笑いを誘うと、吉岡さんが書き下ろした「シンデレラ」を目指す物語が紡がれた影ナレーションを奥野さんと披露され、いよいよライブ本編がスタート!

ツアーの船出をイメージしたかのような映像が流れたあと、7人が登場。「Beyond the Bottom」「少女交響曲」、そして「素顔でKISS ME」と3曲立て続けに投下され、会場は大きな盛り上がりを見せました。なお、吉岡さんはツアーに合わせて髪を切って気合を入れてきたとのことで、メンバーのただならぬ気合いも感じられました。

今回のライブツアーでは、会場ごとに「プリンセス」を決め、ちょっぴりゴージャスな衣装にステッキを携えた姿でステージに立つ「プリンセス制度」を採用。この日は高木さんがプリンセスを担当し、ステッキを回しながら「HIGAWARI PRINCESS」を披露しました。自分が参戦するライブでは誰がプリンセスになるのか、各都市のワグナーにとって新たな楽しみが増えました。

続いては永野さんが振付を担当したという新曲2曲を披露。「私たちらしくない(笑)、しっとりとした曲」という「タイトロープ ラナウェイ」を永野さん・高木さん・田中さんの3人で切なく、そして「少年を召喚する曲です」という思わせぶりな説明で場を笑いに包んだ「outlander rhapsody」を吉岡さん・山下さん・奥野さん・青山さんの4人が切れのあるダンスとともに披露しました。

高木さんのソロ曲「WOO YEAH!」「It's amazing show time」では、会場がオレンジ一色に染まり、スクリーンにはこれまでのライブの名シーン(高木さんバージョン)が流されました。

中盤では一転、Wake Up, Girls!のライバルグループ・I-1clubの衣装に身を包んだ7人が登場。「止まらない未来」と「運命の女神」と新曲2曲を続けて披露しました。さらに、公演ごとに変わるというI-1clubのナンバーから、今回は「リトル・チャレンジャー」を吉岡さん・田中さん・山下さん・高木さんが熱唱しました。

そして、仙台の街並みと彼女たちの活動を追った写真をバックに「言の葉 青葉」をしっとりと、「16歳のアガペー」をキュートに披露しました。

いよいよライブもクライマックス。キャラクターソングCDが9月28日(水)に発売されること、同じく9月にトレーディングカードが発売されることが発表されたあとは、メンバーからメッセージが。

高木さんは「プリンセス美佑、いかがでしたか?」と照れ臭そうに笑いながら挨拶、吉岡さんは「今回のライブでは、私たちの名前が刻まれたマイクを用意していただいたんです」とスタッフへの感謝の気持ちを述べました。

「始まりの曲であり、大事な大事な曲」である「タチアガレ!」を披露し、ステージをあとにした7人に向けて、すぐさまアンコールを促す「Wake Up, Girls!」コールが。再び登場したWake Up, Girls!は「7 Girls War」を歌唱しました。

そして、ここでWake Up, Girls!の舞台化の特報が発表され、ワグナーからは大歓声が。メンバーのほとんどは舞台は初経験ながらもやる気は十分。新たな挑戦に向け、「極上スマイル」を満面の笑顔で披露し、ステージは幕を閉じました。【取材・文=ダンディ佐伯】

“Wake Up, Girls! 3rd Tour「あっちこっち行くけどごめんね!」”

2016.07.17@舞浜アンフィシアター

<セットリスト>

M1.Beyond the Bottom

M2.少女交響曲

M3.素顔でKISS ME

M4.HIGAWARI PRINCESS

M5.タイトロープ ラナウェイ

M6.outlander rhapsody

M7.WOO YEAH!

M8.It's amazing show time

M9.止まらない未来

M10.運命の女神

M11.リトル・チャレンジャー

M12.言の葉 青葉

M13.16歳のアガペー

M14.タチアガレ!

●アンコール

M15.7 Girls War

M16.極上スマイル

■Wake Up, Girls! 3rd LIVE TOUR「あっちこっち行くけどごめんね!」

チケット:各6800円

会場  :

○7月17日(日)千葉・舞浜アンフィシアター

 昼の部…開場14:00 開演15:00

 夜の部…開場18:00 開演19:00

○7月24日(日)?阪・松下IMPホール

 昼の部…開場13:00 開演14:00

 夜の部…開場17:00 開演18:00

○7月31日(日)新潟・新潟LOTS

 昼の部…開場13:00 開演13:30

 夜の部…開場16:30 開演17:00

○8月7日(日)仙台・仙台サンプラザホール

 昼の部…開場12:00 開演13:00

 夜の部…開場16:00 開演17:00

○8月14日(日)沖縄・ミュージックタウン音市場

 昼の部…開場12:15 開演13:00

 夜の部…開場16:00 開演16:45

○8月20日(土)福岡・DRUM LOGOS

 昼の部…開場13:30 開演14:00

 夜の部…開場17:00 開演17:30

○8月28日(日)東京・Zepp DiverCity

 昼の部…開場14:00 開演15:00

 夜の部…開場18:00 開演19:00

リンク:「WUG!ポータル」サイト